« お取り寄せの醤油 | トップページ | Travel Belongings Manual バック編 »

2005年7月25日 (月)

はじめての入院

うめめだかは32歳にしてはじめての入院を経験しました。昨日から1泊2日でこないだ偶然にも発見された小さい子宮筋腫を子宮鏡下手術というので取りました。全身麻酔をかけられていたので目が覚めたら終っていて、30分ぐらいだったようです。だからご心配なく。

room入院は乃木坂近くにある某有名病院でしたのですが、さすが差額ベッド代1日32000円、2日で64000円(超高級ホテル並!!)のバストイレ付き、テレビデオ付き(有料で映画放送もあり)のお部屋は快適でした。夜中までテレビ見てました。早く寝なさいって、、、。ちなみにこの価格はこの病院の一番多いタイプの部屋なのでここではスタンダードのようです。

breakfast 看護婦さんも親切で丁寧。食事は夕食と朝食(←)がでましたがどちらも病院食という感じでなくおいしかったです。

何事も経験と言いますが、これも一ついい経験になりました。今度入院することがあったら(あまりいい想像ではないけれど)またここがいいなーなんて思ってしまいましたが、差額ベッド代を考えると長期は無理でしょう。これが現実とひとりごつ。

30を過ぎるといろいろありますね。皆様もお体をご自愛ください。

人気blogランキングへ

|

« お取り寄せの醤油 | トップページ | Travel Belongings Manual バック編 »

コメント

初めまして。
豪華なごはんですね。病院じゃないで物ですよ。高級ホテル。
入院したくなるくらいです。そして
軽くショックです。お粥じゃないんですね。

投稿: しょう | 2005年7月25日 (月) 19時31分

私も予想を打ち破るすばらしさに感動しました。
しょうさんもぜひ保険に十分加入した上でご利用ください。

投稿: うめめだか | 2005年7月30日 (土) 10時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122323/5146377

この記事へのトラックバック一覧です: はじめての入院:

« お取り寄せの醤油 | トップページ | Travel Belongings Manual バック編 »