« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

2005年11月30日 (水)

大人の香り

今日は香水のお話。

今まで、香水には興味を持ってきました。恋愛しているときには、一生懸命つけるんですが(ある種のマーキング行動だと思いますが....)、それ以外はねー。それにウッカリつけ忘れも多いものです。

ませガキだった高校生の私が初めてつけた香水はシャネルの”No  19”でした。母のミニボトルをこっそりキープ。彼とのデートの時は、一人前に耳たぶの裏側にそっとつけたものです。

香水には濃度によって、一般的に4つの呼ばれ方があります。

パルファム 濃度15~20%で、持続時間5~7時間

オー デ パルファム 濃度10~15%で、持続時間は5時間

オー デ トワレ 濃度5~10%で、持続時間は3~4時間

オー デ コロン 濃度3~5%で、持続時間も1~2時間

個人的にはパルファムを自分の指先にとって、少しつけるのが好きですが、予算などの関係からいつもオーデパルファムかオーデトワレあたりを買うことが多いです。

200511300654001 今の私のお気に入りは3つ。私はムスクな香りが好きなので、やや大人な感じです。右から紹介します。(☆は大人な香り度)

ジルサンダーの”No4”(☆☆☆)

カルバンクラインの”ETERNITY MOMENT”(☆☆)

アナスイの”DREAMS”(☆)

ジルサンダーはオー デ パルファム。日本で試供品を試して、気に入ったのに、日本でなかなか見つからず、ウィーンのケルントナー通りの香水専門店でやっと出会いました。

”ETENITY MOMENT”もオー デ パルファム。以前から好きだった”ETANITY”のニューバージョンということでアメリカで発売されてすぐに、ニューヨークJFK空港での乗り継ぎの時に買いました。

アナスイはオーデトワレ。アナスイの”DREAMS”はフィレンツェの空港免税店で、お客さんに通訳してあげたところ、店のスタッフが私に試供品であるコレをくれました。彼女が”私がいいのを選んであげるわ。”と言って選んでくれたのですが、とてもいい香りを選んでくれたんです。自分で選ばずにこんなにいいものに出会えたのは初めてだったので、旅の思い出とともに、私の今ではお気に入りです。

200511302101000 ここからは、番外編ですが、以前ブログでも、フラゴナールのショップのことを書きましたが、パリにも、グラースの隣町のエズ村にもお店はあり、最近では日本でも表参道あたりにあるようですが、フラゴナールは香水の製造元なんです。店舗のほうにはセンスのよい雑貨もあって、雑貨に目を奪われがちですが、本当の売りは香水。ここの香水はフランスの香水の本場である南仏のグラースという美しい街で作られたものです。

フラゴナールでは、有名ブランドの香水の製作も手がけているので、実は元をたどればここにたどり着くのかもしれません。

これは”Arielle”という名前。15mlのもので、一番濃度の高いパルファムです。ムスク系の香りでなのに、とってもフレッシュな生花のような香りが印象的です。グラースの工場(パリのお店も価格は同じだと思う)2000~3000円ぐらいで買えます。南仏に訪れた際には是非フラゴナールの工場に訪れていただきたいです。ちなみにグラースには、他にもわりに大きな他社工場があと2軒あり、次はそちらにも寄ってみたいと思っています。

ほんのり香るから素敵に感じるものです。つけすぎにはご注意ください。

人気blogランキングに参加しています←Plese!! Cleck here.

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年11月27日 (日)

女の美とステイタスにこだわる男

先日、ある程度古くからの友人と会いました。彼はイケメン、ステイタスも妻子も持つ男。

ある程度古くから知っているのに、彼のことに正直、若い頃には興味を持っていなかった。それは彼が遊び人だったから。でもここ数年、大人の雰囲気も持ち合わせた彼については少しの興味を持って耳を傾けてきたつもり。それに異性の友人も今となってはだいぶ減ったから。

彼は女性にはいまだに興味津々の人なので、よく周りの女性を観察している。あの子はこんな一流会社に勤めているのに、すごい美人だとか、あの子と付き合ったのはK大学(一流大学)に通っていて、某一流企業に勤めていたからという感じで、必ずこういう話が出て来る。

さらにその彼女の親は、一流企業の役員だとか、某省庁の官僚だとか、そういうことにまで及ぶ。私の親のことも予備調査として聞かれたこともある。

私は今、こんな風に生きるタイプだし、この先もフリーランスで仕事したいと思っている。「寄らば大樹の陰」みたいなのは親子揃って嫌いなタイプ。お金なんて、自分が楽しく暮らせる程度あれば十分というタイプだ。

だから、正直、イケメンだけど彼にがっかりしたし、そんな話を『陳腐だ。』と思った。だってその話の中身には、その人のパーソナリティや知的な面や、やさしさが感じられないんだもの。それに自分にステイタスもあるんだから、他人に求めなくても、別にいいじゃんと思った。

女は美人で、ステイタスがあればそれだけでいいのかって感じだった。なにが言いたくて、何も持ってない私に会って話すのだろうと不思議に思ってしまった。(まぁ、知り合いだからか.....)

あくまでも私的にだけど、いままで生きてきた人間分析の結果、大体こういうのはコンプレックスが原因になっているケースが多い。実家に対してコンプレックスがあるのかなとか思ってしまった。

もっとパーソナリティが大事なんじゃないのかな?

という私もそんな話を聞いて、なんとなく自信喪失したんだけど....。

当分、彼には会わないだろう。もっともっと自分の好きな仕事と生き方が出来て自信が持てるまで、もしくは彼をイケメンと感じなくなるまで。(そんなこと言ってる私も陳腐だけど....。)

彼と会って、すっかり、がっくり(ぐったりも)した私は、そのあと、私の生き方をいいと言って褒めてくれた友人に会いたくなって、電話していた。

人気blogランキングに参加していた←Plese!! Cleck here.

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005年11月25日 (金)

圧力鍋を買いました

200511251849000 今日は専門学校の講座が12月にあるので、その打合せのためにいつものバイトはお休みしたので、割りにゆっくり過ごすことが出来ました。

先日、近所のイトーヨーカ堂で予約していた圧力鍋を帰りに取り行きました。

お値段は2980円。直径18センチ、3Lの容量です。ガラス蓋付。

やや物々しい説明書きが不安を誘うが、手順を間違えずに使えばOKでしょう。さらに蓋の説明書きシールは外さないで使用とのことです。

実家にある年代ものの圧力鍋は巨大でねじ巻き式の蓋で、その分ストッパーがついていたので、この鍋のシンプルさに感心とともに不安も感じるけど、今のは大体こんな形状のシンプルなものが一般的なので普通だと心に問いかける私。そんなことをしつつ、まだ使用していない私。明日から使います。

ちなみに、気になる調理時間は、肉じゃが(ジャガイモ4個使用)の場合、4分の加熱に5分の蒸らしでOKだそうです。

何よりも調理時間の短縮がいいですね。それに肉や魚も短時間ですごく柔らかくなるようですよ。

人気blogランキングに参加しています←Plese!! Cleck here.

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2005年11月23日 (水)

要らないものは捨てたい

今日は休日でした。昨日までは『チャーリーとチョコレート工場』を見に行って、神保町を散策でもしようと考えていたのに、結局ずっと家にいた。

でも今日は大掃除した。お風呂、トイレ、流し台、戸棚などなかなかゆっくり出来ないところを中心に。さらに冬物と夏物を入れ替えた。(今更ながら...)1日中動いていたので、疲れた。

部屋がすっきりすると本当に気持ちいい。なんだか部屋が片付かないとゆっくり本を読む気もしない。

今日の掃除でいらないものを捨てた。いつもより、結構捨てた。

雑誌、古くなった下着、着古したTシャツ、古くなった紅茶や調味料、いらない書類などなど。でも、要らないものはまだまだある。あーフリーマーケットでもしたい。

私の母は、私の物を何でも捨てた。教科書、靴、洋服などなど。それも大方勝手に私に了解を得ることもなく。一つ前の学年の教科書は押入れに入れておくと必ず捨てられていた。見返そうと思ったときにはないのがほとんどだった。靴もあまり履かないで、下駄箱に入れてあるものは捨てられていた。書類を勝手に捨てることでよく父と揉めていたっけ。

そんな私は物を捨てられないタイプになった。それに人も捨てられない。どちらかというと、捨てるつもりが、(考えてるうちに)自分が捨てられるタイプだ。

そんなことはどうでもいいが....。うまく要らないものを捨てられる(手放せる)方法があったら教えてもらいたい。

捨てるとこんなにすっきりするのに、母のように大胆に捨てられない。

人気blogランキングに参加しています←Plese!! Cleck here.

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年11月21日 (月)

おこづかい帳始めました

最近、出費が多いのに欲しいものが多くて困ってしまう私ですが、先日おこづかい帳を買いました。(こんな風にいうと少女趣味な感じに聞こえますね。)本屋の家計簿コーナーで買ったのですが、本当の名前は『ちいさな家計簿日記』↓という手のひらサイズの家計簿です。

blog_2005 価格は525円。

日にちは記入式で、1ページにつき1日分(1冊につき半年分の容量)。上段はミニ日記帳として使用。下段は収支とカードの支出を書くようになっていて、本日の合計を集計できるようになっている。最下段に現金残と口座残の項目がある。

これでもパソコンの家計簿ソフトのようなものでちゃんと毎月の予算と実際の収支を出している私。

でもレシートをもらえなかったりすると、うっかり入力を忘れてしまう買物も多いし、あとどれくらい予算があるのか、パソコンを見ないとわからないというのも難点だった。

でも、これなら小さくて、どこにでも持ち運べるし、その日のうちに忘れずに記入できるから、スグレもの。

もっと早く、海外の添乗に出ているときに、使いたかった。そうすれば散財も防げたかも。

というわけでこれからは、パソコンとこの手帳の併用でやっていこうと思います。

blog_2005 でもさすがに、誰かに見られると恥ずかしいので英字新聞を利用して、タイトルが見えないようにカバーにしてみました。←

こうすると家計簿には見えないでしょ。

上段の日記帳の部分に、秘め事を書くほどウカツではないので、日記帳の部分には買物に関わる忘れてしまいがちなことを、私は書いてます。

例えば、”予約したCDが発売になる日”とか、”クリーニングが出来上がる日”とか、”圧力鍋を予約した日”とかそんなウッカリ忘れてしまいそうなことを書いています。

私の中で久々のヒット商品です。ご興味のある方は書店で見てくださいね。

 人気blogランキングに参加しています                       ↑Plese!! Cleck here.

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005年11月20日 (日)

ボジョレー・ヌーヴォー到着

200511201507000  ボジョレー・ヌヴォーがやっと我が家に到着しました。先日予約した(11月3日のブログ参照)ボジョレーを今日、取りに行って来ました。

タイユヴァンの赤(写真中央)のものは開始早々に完売したとお店の人は言っていましたよ。飲む前に赤も20分ほど冷やしてから飲むといいとのことでした。ボジョレーというと一般的に軽めの印象がありますが、今年のタイユヴァンの赤のものはしっかりとした感じのやや渋みがある感じだそうです。写真左は白のもの。写真右は別のところで買いましたが、ジミー大西がエチケット(ラベル)の絵を描いたというものだそうです。

さらに今年はボジョレー、ボジョレーと触れ回っていたせいか、親戚から3本セットが贈られてきました。↓おば様ありがとう。

200511201243000  今日の夕食は中華を食べに行くんですが、その後家で早速開けてみようと思います。

楽しみ!!

こんなにワイン好き風なことを書くと、川島なおみのような女なのではと思われるかもしれないというのが私の危惧です。

基本的にイタリアワイン党なので、フランスワインは詳しくありません。ボジョレーについては、ワイン好きだからというより流行りもの好きだから、という感じでしょうか....。

人気blogランキングに参加しています←Plese!! Cleck here.

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2005年11月19日 (土)

働く人のストレス解消法

日経新聞の日曜版のNIKKEIプラス1で、1面に何でもランキングという記事がある。いつも、気になるネタを扱っているのだが、今日のテーマは”働く人のストレス解消法”。

記事には、15位まで掲載されているが男女総合を5位まで紹介すると↓

1位 百貨店などで買物をする

2位 お酒を飲む

3位 カラオケで歌う

4位 旅行に出かける

5位 眠る  

ちなみに女性だけに限ると↓

1位 百貨店などで買物をする

2位 家族や友人に会って話を聞いてもらう

3位 カラオケで歌う

4位 お酒を飲む

5位 旅行に出かける

だそうです。私はカラオケ以外は全部あてはまってる。まさにわたしーっという感じ。特に私の場合は、旅行に行って、さらに買物をすることが一番のストレス解消法。

ストレスに比例して、出費も増える。買物したり、友達に会って、飲みにいったり、、、。最近出費の多いのを見直さなきゃと思っていた矢先だったので、”原因はストレスか。”と思ってしまった。

そういえば、私の大好きなドラマ”Sex and the city”のキャリーもショップホリックだったけ。キャリーと同じだと思うとそれもかわいく思える。イケナイ。イケナイ。

突然、話は変わるが....

今、CATVで『死ぬまでにしたい10のこと』という映画を見ている。先ほど、余命3ヶ月と宣告された主人公の彼女が死ぬまでにしたい10の項目を書いたところ。

はじめの方の項目は家族に対してできることを書いていくが、後半の項目は自分のためにしたいことに移行していく”夫以外の男と恋に落ちる”というのと”男を夢中にさせる”という項目が書かれる。

もちろん、映画の中の話だけど、これって、女の性〈さが〉だなーって思ってしまった。

自分だったら何を書くだろう。ちょっとここには書けない....。

後悔しないように、生きたいですね。

人気blogランキングに参加しています←Plese!! Cleck here.

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2005年11月17日 (木)

ボジョレー解禁

本日11月17日はボジョレー・ヌーボー解禁日ですね。先日(11月3日)のブログに書いたとおり、私はすでに3本予約をしました。でも今日はなんだか疲れていたので、どこにも立ち寄る気もせず、週末にでもあらためて、車で取りに行こうと思ってます。

それにしても、ウィークディに仕事を始めて、残業もないのに、なんだかぐったりです。疲れるけど、やっぱり添乗が天職なのかもなって、最近良く思います。

どの仕事にも一長一短あるわけなので、とりあえずは今の仕事を楽しむしかないのかも知れませんね。何事も楽しまないとね。

明日はやっと金曜日。友人とはなび(これまた友人が経営する)に飲みに行きます。

何事も楽しまないと!!

人気blogランキングに参加しています←Plese!! Cleck here.

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005年11月15日 (火)

GAPのカシミアセーター

昨日はこともあろうに私の歓迎会だった。アルバイトの私のためにキャリアの役付きの方々含む、20名程(全員男性)で行われた。皆さん、とても善良で折り目正しい人が多いので、全体的にアルバイトにさえも、こうするのが慣わしになっているようだ。今日は朝から皆さんにお礼を言って廻った。えらく疲れる展開だった。正直、こんなことなら、そっとしておいてくれたほうが...という感じもした。大雑把で、ずぼらなままで仕事したら、まずいなと思った私だった。こう思わせるのが向こうの作戦!?

話は変わるけど、私はカシミア好き。

200511152246001ストールはクロ、茶、ベージュという感じで色を変えてそろえ、セーターについては去年、セオリーの1月のバーゲンでベージュのを買って以来、ハマっている。今日は寒かったし、冬が近づいてるなーと実感。無性にセーターが欲しくなった。

最近、カシミアがすごく安くなった。一昨年より去年、去年より今年という感じで年々、目に見えて安くなっている。ユニクロでも無印などでも安価で販売している。

今日は帰りに高島屋のGAPに寄って、セーターをみていた。はじめは25%オフのメリノウールのものを買おうと思っていたが、他も見ているとカシミアのセーターを発見。

なんと税込み9800円。私はグレーの前ボタン付きのものを購入した。

安い!セオリーの半額だ。

ちなみにGAPのメール会員になると(多分そのお陰だと思う)、割引券が送られてきます。

11月中は15000円以上購入すると25%オフ。来月は10000円以上買うと20%オフ。友達分もついている。そういう私は今日、持って行くのを忘れた。(肝心なときに、大体いつも、こういうものは忘れる私。)とりおきもできると言われたけれど、明日行くのも面倒なので結局定価で買ってしまった。

カシミアは素肌に着られるのがうれしい。

GAPも無印もいいデザインはすぐに売れてしまうので、買いたい方はお早めに!

人気blogランキングに参加しています←Plese!! Cleck here.

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005年11月13日 (日)

OG会だった

今日は昼から広尾の香港ガーデンでOG会だった。OG会に出るのは6年ぶりくらいだろうかと同期と話していた。それぞれに結婚、出産などがあって、日々の生活に忙しくて、参加しなかったが、今回30周年ということで、私たち17期は出席した。

前にも書いたと思うけど、私は大学時代、体育会のサイクリング部に所属していた。年に1回、11月にOG会は開催される。

私は女子大の被服学科に通っていた。あの大学に行って、プラスになったことといえば、この部活に入って、同期の友人や先輩、後輩と知り合ったことと合コンでウケが良かったことぐらいだろうか。

それ以外は、”良妻賢母”をモットーとする学校の中で特に見出されるものはなかったし、当時の自分はそういう校風の学校の雰囲気もそこに属する人々も窮屈に感じるだけだった。それに勉強したことでプラスになったことはあまり見当たらない。

そんな中でサイクリング部は、あの大学の中では異色で、泥臭いイメージだった。でも私にとっては、旅をすることの楽しさ、友情など、十分に好奇心を満たしてくれるものばかりだった。

でも大学生という時間は本当によかったと思う。あの頃、知り合った人たちは今でも私の人生に彩りを与えてくれている。部活のみんなには悪かったけど、部活をさぼって参加していたサークルの友人も今では大切な存在になっている。

帰りに同期と話したことで、印象に残っていることは、それぞれに子育て中だったり、私のように自由な身だったりと環境は異なるものの、それぞれに”不完全燃焼感がある”と感じていること。それは立場が異なる私でも感じることで、誰もが”もっと自分は何かできるのでは....”と感じているということだった。

境遇は違うけど同じことを考えているんだなって思ってしまった。

今はそれぞれに生きている立ち位置が違うから、昔とはちょっと違ってしまったと感じたりするけど、本質はそれぞれに変わってないのかもなって感じた。

今回、同期で積み立てをすることにした。1年に1万円ずつ、今回から。そうそうみんなで集まれないと思うから、当面は毎年ずっと積み立てすることになるだろう。いつか同期たちと海外旅行にでも行きたいなと思う。

人気blogランキングに参加しています←Plese!! Cleck here.

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年11月12日 (土)

フライデーナイト

金曜の夜(すでに土曜になったけど)。仕事が終るとなんとなく浮かれた気分になりたくなる日。

急遽友人を誘い、食事へ。お互い久々に焼肉が食べたいーということになり、汐留に焼肉を食べにいった。久々の焼肉はおいしかったー。

焼肉屋に行こうと言って、意気投合してくれそうな人っているようで、いないかも!という話になった。全く賛同しなそうな相手を普通は誘わないと思うし、確かにそうそういないかもと思った。だから最近焼肉食べてなかったんだと思った。

あなたなら焼肉に誰を誘う?

そのあと、銀座の近辺を歩いて帰った。今日の夜風は最高に気持ちよかった。11月の風ってこんなに気持ちよかったかなって思った。それにしてもニンニク食べすぎだわ、私。

人気blogランキングに参加しています←Plese!! Cleck here.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年11月10日 (木)

ボディケアは大事

最近、昔は感じなかった変化を感じる。特に足がむくむようになった。飛行機に乗る機会が多かったから、飛行機の中ではむくみっぱなしの機会が多く、それも少なからず影響を与えていたのかもしれない。

今日などは、いつもジャストフィットのロングブーツのファスナーがまだ朝にも関わらず、いつものように閉まらなかった。

こないだリンパドルナージュというマッサージに行ったときにも”むくんでますね”と言われた。むくみも取らないと、どんどん足が太くなるとマッサージをしてくれた人が言っていた。

200511101928000それと、手をかけた分、効果はあるので家でもマッサージは心がけたほうがいいとも言っていた。

前からそれは自分自身でも、大切だと思っていたので、ボディケア用品には関心を持っていた。でもなかなか時間がなくて...という言い訳のもとにお座なりになってしまうことが多かった。

クラランスは以前からボディケア商品を出しているが、少し前に流行ったので知っている人も多いと思うけど、私はここ1年くらい、↑この”Anti-Eau”アン・ティオー(左)と”Relax”リラックス(右)を風呂上りに使っている。一見するとどちらも同じに見えますが、(個人的には使い心地も匂いもほぼ同じに感じますが...)商品の説明によると若干仕様が違うようです。私は免税店の割引クーポンがあるときにシドニーでまとめ買いしました。以前は全日空の機内販売で4500円くらいで売っていました。他のヨーロッパの空港免税店などで見ると為替相場によって違いますが、大体それと同じくらいか、ちょっと安いかなというくらいの値段で売られていました。

アンティ・オーは足のむくみを取るために足をマッサージしながら使い、終ったら冷水をかける。(これが結構きついんです。)リラックスの方は私の場合、お腹と二の腕にを中心にこれを使ってよーくマッサージしています。

林真理子の小説に良く使われる表現として、”お金と時間をかけているとわかる肌”というような表現で40代の女性の美しい肌というのが表現されるように、やっぱり、お金と時間をかけないとダメなんですね。

人気blogランキングに参加しています←Plese!! Cleck here.

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年11月 9日 (水)

今更ながら....

今更ながら、わたくし『天国の階段』をケーブルテレビで見ています。フジテレビで放映されたときには土曜の午後4時頃という時間でなかなか見ることが出来なかったんですが、今私の契約してるCATVでは夜7時45分から毎日1話のペースで進んでいます。なかなか毎日は見られないけど、それでも大満足。

只今、第3話。いよいよ大人になった主人公たちが登場。チェ・ジウもやっぱり綺麗ですが、もうクォン・サウンがかっこいいのなんの。もうメロメロです。『天国の階段』では角刈りで、それがちょっと...と思っていましたが、これでも許しちゃうって感じです。でもやっぱり今の髪型のほうがいいな。

face-thumb

↑抱きしめられたい....

私がクォン・サウンファンになったのはつい最近。フランスからの帰りの機内で『恋する神父』を見てから。映画の内容は面白くなかったけど、クォン・サウンがほんとにかっこよかった。

d_1024x768 でもこんなことを書いてると自分がオバサン化してしまったような気になる。(たしかにしてるけど)イケナイ、イケナイ。

ほどほどが大切。

ちなみに『恋する神父』のHPで壁紙を手に入れることも出来ます。興味のある方はアクセスしてみてください。

私も↑これを壁紙に使っています。

人気blogランキングに参加しています←只今43位です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年11月 7日 (月)

使わないとサビル!?

今日も定時で終わり、寄り道もせずに一目散に地元に向った。今日は英会話の日だったから。仕事も長期休業だし、英会話は辞めようかとも思ったけど、やっぱりたとえ使わなくても、英語とイタリア語のレッスンだけは続けようと思った。

私の通っている英会話は駅の近くで(駅前留学ではない、個人経営)家から近いので通いやすい。先生はスコットランドの出身。週に1度といっても休みがちになってしまうときも多いが、マンツーマンのレッスンなので、自分のペースで出来るところが気に入っている。

それにしても、ツアコン休業から約1ヶ月しか経っていないのに、なんだかうまく喋れなくなったような気がして、焦燥感を感じてしまった。(そんな急には変わらないか....)

やっぱり、使わないとサビル!?

考えてみると使わないとサビルものって、たくさんあるかも....

人気blogランキングに参加しています←Plese!! Cleck here.只今43位です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年11月 6日 (日)

牡蠣たっぷりボンゴレ・ビアンコ

200511061932000最近土日になると、昼夜ともパスタや中華麺、うどんで済ませてしまうことが多い。

今日はスーパーに行って、加熱用牡蠣を買って、ボンゴレ・ビアンコを作ってみた。

フライパンにオリーブオイルでニンニクのみじん切りを炒め、洗った牡蠣を3,4個はだしをとるために細かく切り、他はそのまま投入。白ワインでワイン蒸しにして、その後、シメジを入れ、味付けは塩、コショウ。今回は少しだけ醤油を入れてみた。

簡単でおいしい、牡蠣好きにはたまらない1品になった。

パスタにはやっぱり、イタリアワインでしょという事で、先日シチリアで買った”ネーロダヴォラ”という赤ワインが残っていたので飲んでみる。なかなかいい感じ。

明日は月曜日。会社だー。でも最近はマインドセットをしたので結構苦痛ではない。どうせ私は今年度の予算消化みたいな感じだしね。いつもお昼をなぜかノンキャリの方が誘ってくれるので、一人寂しいく食事に行くこともなく、結構これはこれでいいのかもと思い始めてる私だった。

人気blogランキングに参加しています←Plese!! Cleck here.只今44位。もうだんだん下がっていくー。ヒュルルー。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005年11月 5日 (土)

読み始めた”プラハの春”

春江一也著の”プラハの春”を今読み始めました。

題名の通り、1968年の中欧のチェコ・スロバキア(現在はそれぞれに独立国家になった。)に起こった革命プラハの春(フリー百科事典『ウィキペディア』を題材とした小説である。

以前から読もうと思っていたけれど、結局今になってしまった。中欧のツアーに行くときは必ずチェコとハンガリー、オーストリア(たまにスロバキアも)はツアーに入っているので、それぞれの国に入るまえに、歴史の話を簡単にでもするようにしている。

私の場合、チェコの歴史を話すときには、主にヤン・フスの時代、宗教革命の話と第二次世界大戦後の(特に)ビロード革命とこのプラハの春の革命、ベルリンの壁の崩壊にともなう自由化についての二つの時代の流れついて、重点を置いて説明するようにしている。

だから、チェコで起きた革命について、普通よりはある程度の知識はあるものの、もっと違う角度からも知ってみたいと常々思ってきた。だからこの小説を友人に薦められたときに絶対に読みたいと思っていた。

それに、チェコやハンガリー、旧東ドイツであったドレスデンやマイセン、そしてベルリンに行ったときに、自分の無知さに気づいたから。

世界史にはもともとは興味がなかった私だったが、それでも高校生の時に習ったはず。大昔の歴史のことならまだしも、おそらく私が高校生の時といったら、ベルリンの壁が崩壊してまもなくの頃だったので、テレビで何度となく目にしたのに、その歴史的背景にこの歳になるまで、全く持って興味を持っていなかった自分に対して、プラハに初めて訪れたときに本当に情けないと思った。

プラハは私の大好きな街。コマーシャルで”1000年昔と変わらない景色がある”というようなことを言っていたような気がするが、まさにその通り。夕映えに明かりが灯り始める頃のブルタバ川(モルダウ川)から眺めるプラハ城の景色、プラハ城の対岸に広がる旧市街の街は息をのむ美しさだ。本当に中世の町にでも迷い込んだような気持ちになる。

小説”プラハの春”を読むのが楽しみだ。

凛とした冬の冷気の中、またプラハの夕映えの街を歩いてみたくなった。

人気blogランキングに参加しています←Plese!! Cleck here. 只今38位です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レオナルド・ダ・ヴィンチ展

200511050055000 今日は会社帰りに六本木ヒルズの森美術館で行われている”レオナルド・ダ・ヴィンチ展”に行って来ました。ビル・ゲイツが所蔵しているダ・ヴィンチのアイデアが書かれた”レスター手稿”のオリジナルが今回の目玉。もともとレスター伯という人が所蔵していたことで、この名がついたと”ダ・ヴィンチ・コード”には書かれていた。

まえまえから、興味があったレオナルド・ダ・ヴィンチ。イタリアのフィレンツェ近くのヴィンチ村で生まれた。だから名前はヴィンチ村のレオナルド。

公証人の父とその使用人だった母との間に私生児として生まれ、愛情には恵まれなかったという。芸術・科学においては天才だった。しかし、同性愛や行動が異端的などの疑惑により、当時の教皇から嫌われ、イタリアを去る前の人生は不遇だった。未完成の作品は多いが、ベストセラー”ダ・ヴィンチ・コード”での謎解きにも使われているミラノのサンタマリア・デッレ・グラツィエ教会の食堂の壁に描かれたテンペラ画の”最後の晩餐”は大変有名。

その後、晩年のダ・ヴィンチはフランスの国王フランソワ1世に招かれ、ロワール川流域のアンボワーズ城近くのクロ・リュセという館で過ごしたという。フィレンツェの方向を向いて、絵を描いていたという。スフマート技法を使った、今ではフランスの国宝ともいえるルーブル美術館所蔵の”モナリザ”はこの館で仕上げられたという。

ヴィンチ村には行ったことはないけれど、フィレンツェにもローマにもミラノにも何度となくいって、ダ・ヴィンチの絵は見たし、最後に亡くなった地でもあるアンボワーズにも行った。フランソワ1世に招かれた時、ロワール川のほとりのシャンボール城でダ・ヴィンチが構想したとされる二重螺旋階段も見た。だから、ダ・ヴィンチには興味があった。”レスター手稿”はこの公開を終えるといつ日本で見られるか分からないらしい。鏡文字(鏡に映すと正しい向きで読むことが出来る)でイタリア語で描かれているので、正直難しいが、興味深い。ダ・ヴィンチが500年近く前にこの手稿を描いたと思うと古の時にタイムトリップしたような気になる。

偉大なるダ・ヴィンチの作品をまた、この目で見に行くと心に誓った私だった。

人気blogランキングに参加しています←Plese!! Cleck here.只今37位です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年11月 3日 (木)

予約した?ボジョレー・ヌーヴォー

blog_2005もう11月ですね。11月の第3週の木曜日といえば、ボジョレー・ヌーヴォー の解禁ですね。今年は11月17日。

今回はうちの近くの高島屋に入っている”ENOTECA”で予約をしました。例年、予約をうっかり忘れてしまうんです。でも今年はおせちも頼んだし、お正月に飲みたいと思ってます。

ボジョレー・ヌーヴォーは、新酒なので今年のうちに飲んだほうがいいそうですが、お正月まではお許しいただくと言うことで、、、。

”ENOTECA”ではパリの3ツ星レストランの”タイユヴァン”でサーヴィスされるものを扱っているそうです。何件か候補はありましたが、今年はここで予約してみました。今回は珍しく白のものも、取り扱っているようなので、それも予約してみました。合計3本予約しました。

今年の葡萄の出来を占うボジョレー・ヌーヴォー。今年はどんな出来でしょう。

ボジョレー・ヌーヴォーというと、この時期を連想するものとして、日本でも定着して来ましたね。楽しみです。

人気blogランキングに参加しています←Plese!! Cleck here.只今40位です。急激に下がってしまった....。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年11月 2日 (水)

マインドセットと携帯を変える

祝日の前日にビール片手にブログを打つ私。どーなのコレって?昨日、友人に誘われた飲みを断ってしまった。なんだか力が入らず、気分が滅入るときがあって、昨日はそんな日だったから、断ってしまった。今日になって、やや後悔。でも今こうして家でゆっくりしているし、”ダビンチ・コード”も(いまさらながら...)読み終わりそうだし、結構いいじゃんとも思っている私でした。

ここ最近、気分が滅入りがちなのは、こないだ行きつけの美容院にいって、話に夢中になっていたら、髪の毛をモンチッチのように切られてしまって、どこに行くにも躊躇するありさま。

特に長く会っていない友人には絶対会いたくないという心境。(そのため、サークル時代の飲みの誘いにも返事を出せない状況)もう少し伸びてくれればOKなんだけど。

そういう時ってありませんか?

そんなチンチクリンの髪型で滅入りながら、バイトもスタートし、雰囲気にもあまりなじめずという感じでしたが、今日になったら”これはこれでラクでいいんじゃない”と思った私でした。女心は変わりやすい...。それに考えてみれば私の隣の彼は見渡す限りでは、このフロアの100人近い男の中では一番若くて、かっこいい。最近、私の中でヒットのクォン・サウン似。(どーでもいいと思うけど...)”これはツイテルと思わないと!”とマインドセットを変えた私でした。

blog_2005そして、携帯も機種変した。今までFOMAはいまいちのデザインが多くて、機種変する気にもならなかったけど、今回、帰りがけに衝動機種変してしまいました。

2年放置していたドコモポイントが思いのほか貯まっていて、9400円引きだったので、6700円くらいで機種変できました。

今まではP2102を使っていたんですが、N701に変えました。(写真の左→右)

blog_2005 ←なかなかでしょ。

ブルーと悩みましたがこちらにしました。今までだったら、オレンジは絶対買わなかったと思うけど...。先日、ゴヤールのサンルイのオレンジバックを買ってから、今年のさし色はオレンジな気分です。

人気blogランキングに参加していています←Plese!! Cleck here.只今28位です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年11月 1日 (火)

株投資のために頑張ると決めた私

10月31日からお役所で、バイトを始めました。以前もそのお役所の別セクションでバイトをしていたことがあったので、また今回も始めたのですが....。今回はセクションが違うので、雰囲気が全然ちがくて、ビックリ。フロアーに100人ぐらいの人が働いていているけど、女性はバイトも入れて10名程とのこと。男性ばかりの職場でみんな寡黙な感じ。結構キツイです。

とりあえずは2ヶ月契約なので頑張ります。添乗をしていたときには、添乗で働いたお金の平均3分の1は現地での買物に使っていましたが、今回は使う場所もないので(ヤケ酒以外は)、このバイトで稼いだお金は株式投資に使います。

今現在、購入している中国H株と中国株投信は家族との共同購入なので売り買いがなかなか自由に出来ないし、中国H株の損害保険会社は購入時からどんどんと値を下げて、売れるどころではないので、このバイトのお金でリベンジ。今回はこのバイト代を元手に誰にとやかく言われることなく、自分の口座で(すでにカブドットコムと松井証券のネット口座は開設済み)売買をするつもり。

ちょっと、バイトの件で気が沈んでいるけど、株のために頑張るぞ。

やっぱり、私にはフリーランスの仕事が向いてるらしいと実感。ツアコンに戻りたい気もするが、将来を考えると、若いうちに(あんまり若くないか....)ここらで、どうしても貿易の資格も取っておきたい。とりあえず今年から来年かけての目標は資格取得と自分采配で株式投資に挑戦すること。

kabuga ←こんな本も読んでいます。

人気blogランキングに参加しています←Plese!! Cleck here. 只今25位です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »