« 予約した?ボジョレー・ヌーヴォー | トップページ | 読み始めた”プラハの春” »

2005年11月 5日 (土)

レオナルド・ダ・ヴィンチ展

200511050055000 今日は会社帰りに六本木ヒルズの森美術館で行われている”レオナルド・ダ・ヴィンチ展”に行って来ました。ビル・ゲイツが所蔵しているダ・ヴィンチのアイデアが書かれた”レスター手稿”のオリジナルが今回の目玉。もともとレスター伯という人が所蔵していたことで、この名がついたと”ダ・ヴィンチ・コード”には書かれていた。

まえまえから、興味があったレオナルド・ダ・ヴィンチ。イタリアのフィレンツェ近くのヴィンチ村で生まれた。だから名前はヴィンチ村のレオナルド。

公証人の父とその使用人だった母との間に私生児として生まれ、愛情には恵まれなかったという。芸術・科学においては天才だった。しかし、同性愛や行動が異端的などの疑惑により、当時の教皇から嫌われ、イタリアを去る前の人生は不遇だった。未完成の作品は多いが、ベストセラー”ダ・ヴィンチ・コード”での謎解きにも使われているミラノのサンタマリア・デッレ・グラツィエ教会の食堂の壁に描かれたテンペラ画の”最後の晩餐”は大変有名。

その後、晩年のダ・ヴィンチはフランスの国王フランソワ1世に招かれ、ロワール川流域のアンボワーズ城近くのクロ・リュセという館で過ごしたという。フィレンツェの方向を向いて、絵を描いていたという。スフマート技法を使った、今ではフランスの国宝ともいえるルーブル美術館所蔵の”モナリザ”はこの館で仕上げられたという。

ヴィンチ村には行ったことはないけれど、フィレンツェにもローマにもミラノにも何度となくいって、ダ・ヴィンチの絵は見たし、最後に亡くなった地でもあるアンボワーズにも行った。フランソワ1世に招かれた時、ロワール川のほとりのシャンボール城でダ・ヴィンチが構想したとされる二重螺旋階段も見た。だから、ダ・ヴィンチには興味があった。”レスター手稿”はこの公開を終えるといつ日本で見られるか分からないらしい。鏡文字(鏡に映すと正しい向きで読むことが出来る)でイタリア語で描かれているので、正直難しいが、興味深い。ダ・ヴィンチが500年近く前にこの手稿を描いたと思うと古の時にタイムトリップしたような気になる。

偉大なるダ・ヴィンチの作品をまた、この目で見に行くと心に誓った私だった。

人気blogランキングに参加しています←Plese!! Cleck here.只今37位です。

|

« 予約した?ボジョレー・ヌーヴォー | トップページ | 読み始めた”プラハの春” »

コメント

うめめだかさんこんにちは。
あの鏡文字は天才ですよね。(私も試してみました。難しい!それに日本語だと判読するのが簡単。)
ダ・ヴィンチコードを読むと、彼の作品はどれも深い意味があるのでは?と思えてきて仕方ありません。

投稿: マイルカ | 2005年11月 5日 (土) 13時53分

マイルカさん
またイタリアに行きたくなりました。”ダヴィンチ展”で”ダヴィンチコード(ヴィジュアル版)”というのが売られていたんです。(普通の本屋でも売ってるかもしれないけど)
上下巻が1冊になっていて、ストーリーにでてくる建物の写真や記号、絵画なんかがカラーででていて、本を読みながら確認できるの。買おうかと思ったけど5000円弱だったので、(読んでいなければ買ったかもしれないけど)あきらめました。

投稿: うめめだか | 2005年11月 5日 (土) 14時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122323/6901930

この記事へのトラックバック一覧です: レオナルド・ダ・ヴィンチ展:

« 予約した?ボジョレー・ヌーヴォー | トップページ | 読み始めた”プラハの春” »