« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006年1月28日 (土)

今日もパンを焼いてみました

明日は専門学校の仕事で朝9時から18時半まで、ぶっ通しの講義。今日は講義の予習をして、同時進行でパン作り。先日作ったのは、いまいちふくらみが少なかったので、リベンジで今回もフランスパン生地にしてみました。今回もHBを利用。今日はフランスパンのコースで2次発酵が終るまでやって、焼きに入る前(1.5斤で5時間20分なので4時間ほどで)に生地を取り出してしまいました。

200601281442000 なので2次発酵も終っているので、すでに生地はかなり膨らんでいて、綺麗に形成することを考えると1次発酵後に形を作って、2次発酵させたほうがやっぱり綺麗にいくとは思いますが、形より味と簡単さを選択した私。

大きさもまちまちで、ちょっとイビツ。

中に柔らかくゆでたジャガイモを入れて、マヨネーズを注入してみました。パン屋で好きでよく買うパンが出来ました。名前はジャガマヨパンとでもしておきましょうか。

でも今回はふくらみもモチモチ感もバッチリでした。

次回はロールパン生地に挑戦してみまーす。

人気blogランキングに参加しています←Plese!! Cleck here.

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年1月27日 (金)

愛するカールスバードのブルーオニオン

今日、会社帰りに上野駅の構内で(渋っ)でドイツフェアをやっていて、ドイツフェアなのに、チェコのカールスバードの陶器が売られていた。

いつもプラハに行ってフリータイムがあると、このカールスバードのブルーオニオンシリーズをお土産用(自分用と家族用)に大量に買ってきていたので、こんなところで出会えるなんてと、昨日から前を通るときに物色しつつ、買おうか買うまいかを考えながら通りすぎていた。

でも、今日やっぱり買わずに後悔したくないと思い、買ってしまった。

200601271910000 ブルーオニオンシリーズといえば、普通ドイツのマイセンのブルーオニオンが一番よく知られている。でも実は、カールスバードのブルーオニオンも世界3大ブルーオニオンの一つに入っている。詳しく言うとカールスバードの発祥は保養地で有名なカルロヴィバリで、ドイツ語読みなどするうちに、カルロヴィバリがカールスバードになったと言われているそうである。私がいつもプラハで買う、カールスバードのブルーオニオンはボヘミアのČeský porcelán Dubí (Czech porcelain Dubí) という会社で作っているものである。

何でも、マイセンが”ブルーオニオン”の商標登録を取ったので、それ以後、製造した会社は”ブルーオニオン”という名前をつけることは出来ないが、マイセンの商標登録よりも前からブルーオニオンを作っていた会社は今でもブルーオニオンという名前を使ってもいいらしい。そのような会社は世界に50社近くあるらしい。ちなみに、私の夢は世界を歩いて、マイセン以外のブルーオニオンをこつこつ集めること。

マイセン製はもちろんいいが、とても高い。マイセンにある現地工場の売店でも通常、ティーカップ&ソーサー1客が1万円くらい。(それでも日本より安いと思う。)そんな感じで手も出ない。

200601271938000 ←このカールスバードはとても安い。こないだは、プラハの専門店で小型のティーポット2つと中皿5枚とマグカップ2つで1万円ちょっとだった。

今回、上野駅でこのマルチカップ(写真上)が1つ1500円で売られていた。おそらくチェコで買ったら、半額くらいかなと思いつつも、まぁここは日本。手間代を考えたらしかたないという感じで買ったが、他のお店に比べれば全然安いので、良しとしよう。

でも、なにより上野駅で出会えたことがうれしかった私だった。

人気blogランキングに参加しています←Plese!! Cleck here.

| | コメント (4) | トラックバック (1)

思い違い肌

先日、高島屋の中に入っているエスティーローダーに行きました。いつも使っている化粧水が切れてしまったから。

エスティローダーのナイトリペアやイデアリスト、ニュートリシャスなども使っていたんですが、実は日本のエスティーローダーでカウンセリングを受けて買ったことがなかったんです。

200601181732000 当分海外に行きそうにないので、今回買いに行ってみたのですが、いつも買っていたトニックウォーターの化粧水は日本では扱っていないものらしく、無かったんです。でも同じシリーズのものがあったので、買おうと思ったんですが、お店の人のアドバイスで、水分チェックをしてもらったんです。

いつも海外の空港の化粧品売り場で、お店の人に“あなたは混合肌だから”と言われて、そのトニックウォーターの化粧水を使っていたので、間違いなく混合肌用だと思っていたんですが、水分チェッカーをあてて、頬、額、アゴの3ヶ所の水分チェックをしたら、すべての数値が乾燥肌の値だったんです。

というわけで↑これを買いました。トニックウォーターほどのすっきり感はないけれでも、潤うという感じがあります。

今まで混合肌用だけを追い求めてきたのは、何だったんだろうという感じ。

たまには水分チェック、やってもらわないとダメですね。

人気blogランキングに参加しています←Plese!! Cleck here.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月25日 (水)

ホームベーカリーを利用してパン作り初挑戦

ここのところ、ニュージョブを開始しまして、ブログの更新が少し空いてしまいました。ごめんなさい。そこで、ちょこっと近況報告。

今度の仕事も旅行関係なんですが、、、主な仕事はツアーのドキュメントを添乗員に届け、説明をする仕事。大方外に出ていて、12時から17時までの勤務。なんとなく、社内では中途半端な立場で、社員でもないし、一応身分は派遣スタッフだし。(添乗の会社の社長からの紹介でもらった仕事。フタを開けたら、社長のところからの派遣扱いになっていた。)今まで営業の人がしていた仕事をやることになったので、社内でこんな風な形態で働いてる人はおらず、ちょっと微妙な感じの立場。まあ、これも経験、業界を深く知る上でもいいのかな?今後の添乗に役にたちそうだし。前向き、前向き。

そんな感じで持っていくドキュメントがないときには、休みー。というわけで、今日は休み。疲れているから、寝て過ごすことも考えたが、やっぱり、こういう日には活動的に動かないともったいないということで、朝10時にスーパーへパンの材料を買いに行った。人間、時間があまり有り過ぎると意外と何もしないもので、寸暇を惜しんでするのがいいんですよね。てなわけで、予定では午前中はパン作り、午後は今週末の講義の予習と今の仕事のドキュメントの読みこなしという感じで、過ごそうと考えていましたが、予定は大幅にずれ、先ほどパンがすべて焼きあがった次第....。

私の敬愛する先輩ブロガーのこたつうさぎ200601251411000 さんが昨日のブログで公開していたパンがものすごくおいしそうだったんです。

←私のはいまいちイビツで比べ物になりませんが、初挑戦なので良しとしましょう。

これまた、こたつうさぎさんのブログをまねして、中身はツナマヨ。

MKのホームベーカリー(以後HB)の作り方に載っていたフランスパンの生地の分量でやってみました。

1次発酵までHBでやって、生地を休めるベンチタイム、2次発酵、焼きは、自分でやってみたんですが、1次発酵ですでにモッチリした状態に出来上がっているので、かなり楽なんですね。噂には聞いていましたが便利だわ、HB。

以前、家族が確か(だいぶ前のことなので忘れましたが)ゴルフの景品か何かでHBをもらい、はじめは喜んで食パンを焼いていたんですが、すっかりその味に飽きてしまってから、ずっとお蔵入り。でも、これはたまに作ってみるのもいいかもって思ってしまいました。

ちなみに1.5斤の分量でツナマヨパンが14個焼けました。強力粉(400g程度)とドライイーストを購入しましたが、経済的だわ。

明日からの朝食も楽しくなりそう。

人気blogランキングに参加しています←Plese!! Cleck here.

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年1月21日 (土)

今日は大雪です

200601211644000今日は大雪です。今現在も止みそうにない勢いで降っています。

海外から見てくれている友人もいるので、今日は今年1番の降りでなので、大雪の模様を載せてみました。

今日、明日はセンター試験なので、受験生の人は大変だったのではないでしょうか。

私の高校3年生の時にも、2月1日の受験初日に、その年の1番の大雪の日に遭遇し、受験会場に着いたのが12時近くになってしまったことを覚えています。

京浜東北線しか通っていない地元の駅で足止めに遭い、友人とともに困って高校に連絡したら、隣のクラスの先生が4駆で来てくれて、埼京線の駅まで送ってくれて、受験校側も30分おきに随時試験を実施したので何とか間に合ったんです。その短大は遅れてきた受験生たちに、マクドナルドのチーズバーガーを配ってくれたんです。でもなんだかおかしいですけどね。チーズバーガー、大量に買ったんだろうなー。駅前のマックも大変だっただろうと、その後もそのマックの前を通ると思ったものです。

大雪が降るとその日のことを思い出します。ちなみに、その短大にはちゃんと友人と揃って合格しましたよ。

このくらいの雪でも雪下ろしが大変だと思うぐらいなので、日本海側で大雪に見舞われている方々の大変さを身にしみて感じます。

人気blogランキングに参加しています←Plese!! Cleck here.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月20日 (金)

ダイニングボンズのハンバーグ

テキストの編集がだいぶ進んだうめめだかです。家にこもりっきりで、楽しみといえば食べることだけという感じで過ごしてますので、少しお付き合いください。

私がチョイスした全国のうまいもの 第3弾

この盛岡にあるダイニングボンズの前沢牛ハンバーグを食べるのは初めてでしたが、肉汁があふれ出ると言う感じでとってもおいしかったです。

200601181611000 あらかじめ、岩塩で味がついているというので、特に何もかけないで食べましたが、肉のうまみで物足りないという感じがなかったです。

2個で1500円程。1個が750円。ちょっと高めですが外食をすることを考えれば、安いかも。こんな風に肉汁があふれ出すハンバーグ作れないもの。

あー、また食べたい!!

200601201428000 出来上がりの写真を撮り忘れたので。←こんな感じです。

人気blogランキングに参加しています←Plese!! Cleck here.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年1月19日 (木)

不室屋の”おすまし”

昨日の続きで高島屋の”味百選”で、私がチョイスした全国のうまいもの第2弾。

加賀麩の不室屋をご存知ですか?

200601181735000 古都金沢にあるというこのお店。私は行ったことがないんですが、ここの最中のような麩の中に具が入っている「宝の麩」という”おすまし”を飲んでから、もうトリコ。他のお店のも試しましたが、ここのが一番私に合うようで、お気に入りです。贈答品としてもらっても、嬉しい品物だと思います。

←上の二つが“おすまし”で、下のオレンジのがお味噌汁。

袋から取り出し、だしの粉をいれ、具を入れます。そして熱湯をかけると.....

200601182132000

まずは浮きます。そして中から具が飛び出すのでした。これの場合は、ほうれん草 とかわいい花の形をしたお麩がとびだしました。最中のような麩が割れて初めて、中身がわかるので、どきどきです。

でもそれが楽しみ。 200601182133000

人気blogランキングに参加しています←Plese!! Cleck here.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年1月18日 (水)

冨久屋のイタリアンロール

つっ、ついに手に入れました沼津の冨久屋の『イタリアンロール』

家から程近い高島屋で“味百選”という催事をやっていて、いつもこの催事は各地のなかなか手に入らないものが、一気に手に入るのでほんと楽しみなんです。

200601181619000  今回の目玉はなんと言っても、冨久屋のロールケーキ!!

ずっと食べたかったんですが、通信販売もしていないし、なかなか沼津に行く機会もなく、テレビに出るたびに指をくわえてみているしかなかったんですが、ついにとうとう、我が家に。(涙)

午後2時から整理券配布で3時から販売開始なので、母と二人、2時50分に並び(30番目くらいでした)買いました。各日150個限りの販売。意外にそれほど並ばずに買えたので良かった、良かった。ローカル高島屋の強みとでもいうのでしょうか。

早速食べてみましたが、甘さ控えめで、とてもしっとりしていて、いくらでも食べられそうなやさしい味なんです。まわりを包んでいるスポンジとは異なる食感のシュー皮も丁寧なつくりで、おいしさを引き立てています。こんな丁寧な仕事なのに1本1430円(税込)は安いと思いませんか?お薦めであることは間違いありません。

他にも各地のおいしいものをたくさん仕入れました。毎日楽しい食卓になりそう。また明日から、各地のお薦めのおいしいものをブログ連載させていただきますね。

200601181631000 とはいえ、在宅で専門学校のテキストを編集中の身の私。たまには息抜きしなきゃと出かけましたが、息抜きばかりで20ページ編集するところ5ページしか終っていない。今夜は深夜まで頑張ります。(これまた涙)

おいしいものを食べて頑張るぞー。

人気blogランキングに参加中←Plese!! Cleck here.

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年1月16日 (月)

バナナブレッド?

200601161846000先日のブログでMAPさんのレシピをもとに”簡単☆りんごケーキ”を作りましたが、今回そのレシピをそのまま使い、リンゴではなくバナナを入れて作ってみました。

なぜなら、明日の朝食のパンがなかったからー。

初めは、バナナブレッドのレシピをインターネットで探したのですが、重曹を使うものや、ハンドミキサーを使うものが多かったので、一番簡単な作り方でおいしかったMAPさんのをもとに作らせてもらいました。

早速、味見しましたが、おいしかったですよ。

夜は先日ブログに書いたとおり、ウェイトを落とすため、7時までに夜ご飯を食べることにしたので、急ぎで1人鍋を用意。題して”おひとりさま鍋”。

2,3年前に行った韓国で買ったビビンバ用(おそらく)の鍋が活躍です。重かったけど持って来た甲斐がありました。

200601161851000 ”はなまるマーケット”でやっていた、野菜高騰の影響を受けない野菜を使った鍋。

中身は鶏肉、ごぼうのささがき、緑豆モヤシ、カイワレ大根、マロニーちゃん。鍋にしては変わった具材を入れますが、とってもヘルシー。さらに安い。ゴマダレで食べたら、おいしかったです。

鍋物はヘルシーでダイエットには、いいですね。

人気blogランキングに参加しています←Plese!! Cleck here.

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年1月15日 (日)

透け感のあるブラウス

ここのところ、在宅でテキストの編集をしているうめめだかです。仕事が全然はかどっていないので、ストレスが溜まっているせいか、たまに外に出るとショップホリックの血が騒ぐように買物をしてしたくなってしまう今日この頃。

先日、飲み会の待ち合わせまでに時間があったので立ち寄った”TOMORROW LAND”がセール中で、透け感のあるブラウスがあったので、試着もせずに、即買いしてしまいました。

200601151237000セールだったので半額になっていて、5250円。それもシルク100%。

服を定価で買うのがヤになりますね。店員さんは重ね着の1枚としてコレの茶色をこの時期でも着ていましたが、私としては夏に白のパンツなどにあわせて、着る予定。以前から欲しかったミリタリーティスト感も肩やポケットに感じられたし、袖口がロールアップ出来るのも気に入ってしまいました。

透け感が、この写真からもわかるでしょうか?

あー、早く夏よ来い!

それにしても、コレを着る夏までに、少しウェイトも落としたいのですが、少しでも痩せて見せたいと思うと、丸襟のものよりも、シャツスタイルのほうが少し痩せて見えると思うんです。鏡でみるとハト胸系の私は歴然なんですよねー。

その前にウェイトを本気で落としたい。手始めに夜7時以降には一切食べないというのも、実行したいと思いつつ、夕食はいつも8時半か9時頃。今日からスタート、頑張ります。

ちなみに、話は変わりますが、今日は”輪舞曲(ロンド)”がTBS系で夜9時からスタートします。ジウ姫の演技が楽しみだなー。

ジウ姫は特別の化粧品を使うことなく、撮影のときも普通の化粧品を使っていると聞いたけど、素肌が綺麗なんだろうなー。ジウ姫の透明感のある感じって素敵ですね。

Don't miss it !

人気blogランキングに参加しています←Plese!! Cleck here.

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年1月14日 (土)

30代の合コン考

昨日の二日酔いで午後3時になって、やっと復活した私。

何度もリバースして、家族からはいい歳してそんなに飲むなとヒンシュクを買いました。

昨日は飲み会だったんですが、いわゆる合コンのようなものなのですが(私は全員のことを知っているので特にウマミはないのですが)、この歳になると、女性の友人に合コンだと言って誘うと”引かれる”ので、なるべく”新年会”とか、”普通の飲み”だというような言い方をして誘うようにしています。だから、私たちの会話には一言も合コンという文字は出てこないままに飲み会は行われる。

特に嫌がられるのは合コンだから、4:4で人数を合わせないとイケナイとか言うと、そんなに気張った合コンなのかと、消極的になる30代女性は多い。

だからなるべく男と女の比率は5:3辺りか、もしくは5:4にするように心がけている。でもそれでは、男性が不満を持つのではと思うのではないでしょうか?

なのでなるべく、盛り上げ役で合コンに呼ばれるだけでもうれしい独身のチョイオヤジと若者を取り混ぜて、メンバリングするのがポイントです。

年齢層が広めなので、30代女性も年上、年下の男性と話ができて、会話が豊富で盛り上がる会になるのでした。

そんな飲み会を繰り広げる私ですが、若いときから何度となく合コンを企画しましたが、自分にウマミがあったことはほとんどありません。だから合コンで知り合ったとかいうカップルを見ると、どうやったらそんな出会いになるのだろうと感心するのでした。

たまにはいいですね。男女の飲み会。

人気blogランキングに参加しています←Plese!! Cleck here.

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年1月12日 (木)

小早川伸木の恋

今日からドラマ『小早川伸木の恋』が始まりました。

名医である小早川伸木が主人公で演じるのは唐沢寿明。医師として、夫として面倒なことに取り巻かれながら生きていて、絶えず心を悩まされる出来事に遭遇している。

第1話では医局での権威的な先輩・同僚医師たちとの問題や絶えず心配で夫の行動が気になって仕方のない妻に煩わされ、自分をカモノハシだと表現する小早川伸木。

妻妙子役は片瀬那奈が演じる。この妻は強烈。夫の行動が気になって仕方ない。記念日の前日、医師である夫が急患でかけることさえも許せない状態。忙しい夫が自分を愛していないと思いつめる。妻は何かの事件があってこうなったらしいが、それは今回放送分では、よくわからない。それにしても、あんな素敵な医者の夫があって、何の文句がある?と思わずテレビを見ていて聞きたくなった私でした。

そんななか、小早川伸木は盆栽教室で出会った作田カナ(紺野まひるが演じる)にだんだんと惹かれて行く。その彼女に”あなたは孤独な動物園の管理人”と言われて、はっと気づかされて、涙をながす小早川伸木。彼女の言葉に少しずつ癒され、コレは恋なのかもしれないと少し気づき始めた様子。

やっぱり、唐沢寿明はいいですね。『愛という名のもとに』(古っ)以来、いいなーと思ってしまいました。さぞや山口智子は幸せだろうと....。

それに谷原章介も、いかにもモテ医者的な役をやってますが、やっぱりかっこいいですね。コレにも参った。

いやいや、どーでいい話を書きましたが、ちょっと気になるドラマです。

人気blogランキングに参加しています←Plese!! Cleck here.

| | コメント (4) | トラックバック (2)

2006年1月11日 (水)

面白いほどよくわかるギリシャ神話

先日、『面白いほどよくわかるギリシャ神話』という本を買いました。

先日も私がギリシャ神話好きであるということは、ブログに書いていますが、なかなかわかりやすく書いてある本が少ないというのがありました。でもこの本はチャート入りで書いてあって、ホントにとってもわかりやすいです。

話はカオス(混沌)から大地の女神ガイヤ(“ガイヤの夜明け”という名前はここから来ていると思いますが...)が誕生するところから始まります。

読み始めて早々に、私の好きな話が出てきます。ガイヤはその息子であるウラノスと結ばれ(神々の世界のことなのでそういうのもありなんです。)ティタンと呼ばれる子どもたちを産む。その後、ガイアは1つ目の巨人や50の頭と100本の腕をもつ怪物など「恐るべき子どもたち」と呼ばれる3人の怪物も産んだ。夫でもあるウラノスは驚き、子どもである怪物たちを縛り上げ、ガイアのお腹に戻し、地底に閉じ込めてしまった。

「恐るべき子どもたち」といってもお腹を痛めたかけがえのない子どもたち。ガイアは夫のウラノスを許せなかったので、罰を与えることを決めた。鋭い鋸のような刃ををした鎌を手に子どもであるティタンたちの前で協力者を募り、ウラノスに罰を与えたものはこの世界の王になれると約束した。そして兄弟の中で一番末っ子のクロノスがその役を引き受けた。

何も知らないウラノスはガイヤを抱擁しようと地上におりてきて、覆いかぶさろうとしたその瞬間、息子のクロノスに男根をその鎌で刈り取られてしまった。

やがて、長い年月が経過して海面に浮かび漂い続けた肉塊から、白い泡が沸いて出てくると、その泡の中にえもいわれぬ美しい女の子が現れた。その女の子は漂いながら、泡の中で成長した。彼女の名をアフロディテという。ギリシャ神話の中で絶世の美女とされ、愛と美の女神としてよく知られている。東へ東へと漂流してたどり着いたのがキプロス島。彼女の足が触れた地面は歩くごとに新緑の若芽が芽吹き始め、美しい草花が咲き乱れた。

そんなエピソードが描かれているのが、これまた私の大好きな絵画であるボッティチェリ『ヴィーナスの誕生』(イタリア・フィレンツェのウフィッツィ美術館所蔵)↓である。

中央が泡から生まれ、西風の息吹により吹き送られキプロス島にたどり着いたアフロディテ。季節の女神があまりにも魅惑的で刺激が強すぎる裸体を覆うべく、不死の衣をまとわせようとしている。ギリシャ神話の女神アフロディテはローマ神話では女神ウェヌス(ヴィーナス)になる。

venus_500

思い出していただけました?私はギリシャ神話を読んでいるとすごーくワクワクして、子どもの時に戻って、絵本を読んでいるような気分になります。なぜなんでしょう?もしや前世と関係あるのでは?と思ってしまったりして....。テレビの見すぎかもしれません。

人気blogランキングに参加しています←Plese!! Cleck here.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月10日 (火)

豆腐花(トールーファ)

初の携帯からのモブログ投稿です。

今日は大学時代ゼミが同じで一緒に卒論を書いた友人Aちゃんと青山のベルコモンズ6階の豆腐料理を食べられる『梅の花』でランチ。
いつもどおり、ローファットで、おいしかったのですが、しゃべりすぎであまりじっくり味わう暇がなかったです。

そのあと、青山通り沿いの『糖朝』で“豆腐花(トールーファ)”をいただきました。豆腐花はコンビニスイーツとして(コンビニのものは豆乳花と書いてトールーファと読むらしいが)、食べたことがあったんですが、ここのは本当に豆腐の味がして、混じり気がない感じ。コンビニのとは一味違う。

他にも汲み出し豆腐のような”木桶入り豆腐花(4~5人用)”というあったかい豆腐花もあるようですが、私はマンゴーが添えてあるのを今回食べました。マンゴーの甘さと酸味が絶妙にマッチ。おいしかったです。
なんでも、本場香港にあって、日本でオープンしたときには行列ができていたとか。

マンゴープリンもむちくちゃおいしそうでした。次回はマンゴープリンをを食べる予定。

それにしても、今日は豆腐づくしでした。どれもおいしかったですけどね。

200601101459000.jpg

人気blogランキングに参加しています←Plese!! Cleck here.

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006年1月 9日 (月)

スパニッシュオムレツ

200601091100000 今日の朝食は”スパニッシュオムレツ(トルティーヤ)”です。

実は2,3年前、放送大学のスペイン語講座を取っていた私。今はイタリア語のレッスンをしているので、スペイン語は似ていて、ややこしくなってしまったので、今はイタリア語だけにしましたが、その頃はNHKのスペイン語講座を見ていたので、このトルティーヤの作り方はそこでやっていました。

作り方:

1.ニンニクをスライスし、たっぷりのオリーブオイルの中に入れ、火を通す。

2.ジャガイモ2個と(たまねぎ1/2個)を薄めに切って、1のフライパンへ入れ、火を通す。

3.卵4個に牛乳80cc程度とコショウ・塩をよく混ぜ、2のフライパンへ。片面に火が通ったら、フライパンに大きめの皿を被せ、ひっくり返し、火の通っていない反対側を下にし、フライパンに戻し、火が通るまで弱火で熱を加える。

ポイントは、ニンニク、(たまねぎ)、じゃがいもに火を通すときに、フライパンにオリーブオイルをたっぷり入れること。まるでフライドポテトを作るのではないかというくらい、ナミナミと。

こんな、シンプルなレシピですが、ニンニクがいい味を醸し出し、朝食にはぴったりのおいしい1品になりました。朝食だから、無臭ニンニクがベターですけどね。ちなみに、たまねぎをカッコ表示にしたのは、写真の↑私の作ったオムレツには入っていないからです。(個人的には入れないほうがおいしい気がします。)

お試しを!

人気blogランキングに参加しています←Plese!! Cleck here.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月 8日 (日)

ドーナッツプラントのドーナッツ

昨日、白金台に行ったついでに”DOUGHNUT PLANT(ドーナッツプラント)”に寄って、ドーナッツを購入しました。

”ドーナッツプラント”が日本に上陸してから少し経ちますが、私は今回初めて買って、食べたんです。

実は私にとって”ドーナッツプラント”はニューヨークに行ったら絶対行くと決めていた店だったので、正直、私がニューヨークに行くよりも、ドーナッツプラントが日本に上陸するほうが早かったのは、不覚という感じもあります。

初めて、”ドーナッツプラント”を知ったのはもう3,4年前にCATVでやっていた”マーサ・スチュワート・リビング”の番組の中で紹介されたのがきっかけ。ニューヨークで小さなお店からスタートしたというドーナッツプラント。今の経営者の祖父が持っていたという秘蔵レシピを復刻させて作ったというドーナッツ。絶対に、ニューヨークに行ったら食べるぞと決めていた。その後、ニューヨークの空港で乗換をすることはあっても、ニューヨークの街に行くことがなかったので、忘れかけていたが、”ドーナッツプラント”がオープンしたと聞いたときから、ずっと行きたかった。

200601071825000 今回購入したのは、左からストロベリーとヴェローナチョコレートで各320円。

ドーナッツというとミスタードーナッツを連想するが、”ドーナッツプラント”のドーナッツはあれとはタイプが違う。(もちろん、私はミスドも好きだけど。)

もっと生地がモチモチしてて、粘りがある感じ。揚げてあるのかもしれないけど、もっとローファットな感じ。見かけは甘そうで、ゴテゴテにやや見えるがそれほど「甘ーっ」という感じはない。

ヴェローナチョコレートはとっても気に入ってしまいました。おいしかった。ちょっと、高めだけど、たまに食べたくなる味かもと思ってしまいました。

ドーナッツ以外には、ベーグルもあって、ベーグルは各200円。これまたモチモチしてそうで、おいしそうでした。次回はこれを買ってみようっと。

もう、すでに東京近辺に10店舗近くあるようです

人気blogランキングに参加しています←Plese!! Cleck here.

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006年1月 7日 (土)

セオリーのカシミアセーター

また、買ってしまった。ショップホリックかも。

今日は朝から近くの高島屋へ。9時55分に到着し、開店するのを待った。私が思うに、ほとんどの人がセオリーめがけて、突進していった気がする。なのに私は去年の特設会場でやっていると思い込み、そちらに行ってしまい、到着したときにはすでに第1陣がパンツを何枚もキープしているところだった。ショック。

200601071833000 今回は通常の売り場だったせいか、品数が薄かった気がする。

本当は黒のカシミアセーターの丸襟を買いたかったが、すでになかった。去年はカシミアセーターが山積みにされていたのに、がっかり。

Vネックだし悩みんだけれど、もう勢いに負けて、買ってしまった。

30%オフで17,640円(税込)。4000円の商品券があったので、買ったけど、そうでなかったら買ったかは微妙。

でも、着まわしがききそうなので、後悔はしないかも。

そのあと、以前ツアーでご一緒したお客様と白金台でランチ。前から行ってみたかったプラチナストリートにある”L'ECAILLER(レカイエ)”に行って、2800円のランチ(3種類ある中の真ん中の値段)を食べました。前菜+パスタ+メイン+デザート+コーヒーまたは紅茶の展開で、そのうちのパスタとメインとデザートが3種類からチョイス出来るようになっていて、どれもおいしかった。チョイスできるというのは、ワクワク感があっていい。ワインはソーヴィニオンブランをチョイスしたが、とてもおいしかった。帰ってからレシートを見てみると、この店のプロデュースはワイン販売をしている”ENOTECA”だった。白ワインがすごくおいしかったのも、これで納得。

”ENOTECA”は高島屋にも入っていて、去年はボジョレーも予約したし、よく使っているところなので、とても親近感が沸く。

お店の雰囲気も土曜日だけど混んでいなくて、とてもいい感じ。サービスも良かった。また、行きたいなと思ってしまったレストランでした。お薦めです。

人気blogランキングに参加しています←Plese!! Cleck here.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年1月 6日 (金)

グッバイ、レーニン!

s_l05 今日は家の中にずっといて、映画三昧。

3本ほど映画を見ましたが、その中で『グッバイ、レーニン!』(←HPを開くと音が出ますのでご注意ください)について書きたいと思います。

この映画を初めて見たのは、昨年の初めの頃にたしか、全日空の機内で。公開されたのは2003年らしいです。

ちょうど、そのとき東欧のツアーでベルリンにも行くことになっている旅程だったので、大変興味を持って見た覚えがあります。

舞台は1989年10月の東ベルリン。東西冷戦の象徴といえる“ベルリンの壁”が西ベルリンのまわりに築かれていた頃。しかし、その1ヵ月後に壁は崩壊した。

主人公アレックスはベルリンの壁の崩壊の前、さかんに行われていた学生デモに参加していた。アレックスの母は父が西側に亡命してからは、教師として社会主義教育を熱心に行い、勲章をもらったこともある人だった。

ある日、アレックスが学生デモに参加し連行されるところを目撃してしまった母は持病であった心臓の発作が起き、倒れてしまった。主治医は昏睡状態で目が覚めない母について、もう一度発作が起きたら、命の保証はないと言う。

母が昏睡状態から目が覚めたとき、すでに世界は変わっていた。ベルリンの壁は崩壊し、西側の資本主義経済が東ドイツ側に持ち込まれ、東西ドイツの統一に伴い、東ドイツ(DDR=ドイツ民主主義共和国)はなくなってしまった。

社会主義を疑わず、社会主義に人生を捧げ、教育者として生きてきた母がこの現実を知ったら、また発作を起こすとアレックスは思い、母には何も変わっていないと思わせるように姉と周囲の人々に協力してもらい、画策する。

例えば、東西ドイツの統一に伴い、資本主義経済が導入されたために、東側の企業は倒産を余儀なくされた。街のスーパーの商品はすべて西側で造られたものに変わっていく。アレックスは母に気づかれないように、東側で造られていた古い空きビンをゴミ箱から拾っては、煮沸し、西側の製品を詰め替えたりして、母に出した。また、偽のニュース番組を友人を巻き込んで自分で製作して、ビデオに撮って、母に見せたりする。その真剣な様子は、かえって滑稽に映る。

でも、現実をいつまでも偽ることは出来ない。初めは母のためだけにしていたアレックスであるが、変わらない東ドイツという仮想を作り出すことによって、自分の理想の世界も投影させていた。

その先の展開は、亡命していた父との再会があったりという感じで、感動してしまう場面も続くのだが、このあと見る人もいるので言わないことにします。

この映画の中には私が、よく知ることが出来なかったその当時のベルリンの姿が忠実に描かれている。例えば、東ドイツマルクと西ドイツマルクの交換の様子や資本主義経済がどんな風に入ってきたか、どんな人々が失業して行ったか。ベルリンに行く予定がある方は必見だと思います。

去年あたりから『オスタルジー』という言葉がヨーロッパの主に旧東側であった地域では流行っていたでんですが、ご存知でしょうか?

オスト=東とノスタルジー≒郷愁をあわせた造語。旧東側で造られていた製品は資本主義経済の製品と違って競争性がなかったために、広告も商品のパッケージも製品自体も素朴で、シンプルなものが多く、そういう製品を復刻させるというムーブメントだった。

もちろん統一により、東側の製品がすべてなくなったのかというと、一部の製品は西側の企業に買収されて、再度販売されたものもある。なぜ、15年以上経った今、そのような言葉が出てきたのか、外国人である私にははっきりとはわからないが、事実として東西の経済格差、旧東側の失業の多さや旧東と西の人とのメンタリティーの違いなど、今現在でも多少なりとも東と西というものが存在しているというのと、統一を望んだが予想出来なかった急激な変化に対して、素朴でのんびりとしていた旧東側での生活への郷愁というものがあるのではないかと勝手ながら分析する。

1961年8月13日一夜にして、東ドイツの中で特別地区である首都ベルリンの英・仏・米の自由主義国が統括する西ベルリンを取り囲む形でソ連によって築かれたという”ベルリンの壁”は1989年11月10日に崩壊した。そのとき、私は16歳。高校生の私はバブルの絶頂の中、バブリー気分な高校時代を送っていて、遠いドイツのベルリンの壁の崩壊さえ、映像を見ただけで、その奥にあるものを知ろうともしなかった。子どもだったなと思ってしまう。

今の私はその頃に比べると大人になったと思う。

人気blogランキングに参加しています←Plese!! Cleck here.

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年1月 5日 (木)

カシミアセーターの検証

次の仕事が決定するまで、しばしお休みの私。

ウィークデイが休みになると、まず買物と久々にあってゆっくり話したい友達たち(で、平日暇な人)と連絡を取って、ちょっとこじゃれたレストランでランチをして過ごすのが、私の幸せ。

只今、街はセール真っ只中。早速、表参道に出かけてみました。

今日はイタリア語のレッスンで時間もあまりないのに、味岡がプロディースする”AG-I”という革製品の招待セールを第一の目的に、”Chez toi(シェトワ)”と”Max & Co.”に寄ってお買物。

いつも即決するくせにコレッて、買って良かったの?と、あとで考えてしまう私だった。

casi

今回、Chez toi(シェトワではカシミアセーターとスカートを買いました。スカート・パンツ類は、ほとんどが約半額の値段だった。やはり1月まで待たないと...。

今回購入したシェトワのカシミアセーターは写真の一番左で、7800円(定価9800円)。真ん中は昨年購入したtheory(セオリー)の14800円(ちょっと値段は曖昧です。もうちょっと高かった気もします。)のもの。一番右は先日ブログにも書いたGAPで購入した9800円のもの。

ここ最近の私はカシミアセーターにハマリ気味。

この唯一持っているカシミアセーター3枚を今回、検証してみました。↑それにしても、似たような無難な色を買いすぎです、私。

今回、購入したシェトワの物については、何回も着ていないので、このあと、どうなるかまだわかりませんが、とりあえず項目ごとに検証します。

『生地の厚み』は、厚みがある方からGAP→セオリー→シェトワの順。

『毛玉について』は、セオリーもGAPもどちらも10回以上着ていますが、セオリーは2,3個という感じでほとんど出来ませんが、GAPは肘のところや横っ腹のところに結構、毛玉が出ています。

『着心地』はどれも、素肌に着られる気持ち良さです。

『デザイン』は、素肌に着るためにカシミアセーターを購入しているので、そのまま着ると、Vネックやクルーネック風のもので胸元が開いてるものはセクシーで(艶女<アデージョ>向き)、ネックレスも映えますが、丸襟に比べるとやや寒め。私的には着易さで考えると丸襟が一番好きです。

実は今回、あまりの安さにシェトワで買ってしまったんですが、本当は今週の土日にセオリーのセールがあるので、本当はそこでカシミアの丸襟(ブラック)をまた色違いで買おうと、照準を合わせていたんですが、セール初日に予定が入り行けなそうなので、シェトワのは安いし、まっいいかと思って決めてしまったんですが、やっぱりそれぞれ並べて検証すると、コストパフォーマンスにかなったつくりになっているものですよねー。

やや安いものは、やはりややクオリティも落ちる。あとは自分で値段とクオリティに関して、どこで折り合いをつけるかということなのかもしれませんね。

うーん、いまだ今週のセオリーのセールに日曜にでも行ってリベンジするか、今年はここらへんで留めておくか、今考え中です。

ちなみにセオリーのセールについて言及すると、30%くらいまでしか引きませんが、通常2万7,8000円のパンツ類も30%オフなので1万円台で購入可能です。一昨年末に買ったばかりの白のパンツが新年開けのこのセールでまんまと30%引きで売られていて、かなりショックだったことを思い出します。だから、セオリー好きの方には、たまらないセールです。日程など、詳しくはHPなどでお調べください。

今年は、もっとカシミアの値が下がることを祈る。

人気blogランキングに参加しています←Plese!! Cleck here.

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006年1月 3日 (火)

福袋公開

良い新年は迎えられましたでしょうか?

私はいつもどおりの形で家で新年を迎えました。年末は『PRIDE』と『K-1』を交互に見て、紅白の結果を見て、『ゆく年くる年』で各地の除夜の鐘と初詣の様子を見て、昼過ぎになって、氏神様に初詣に行って、家でおせちという感じです。

2日になると、ここ最近は近くの高島屋の初売りに出かけることが多かったのですが、ここ2,3年の福袋の中身の使えなぶりがあったので、今年は服の福袋は買わないときめていたので行きませんでした。でも、家族が行ったので、”L'OCCITANE(ロクシタン)”の5,250円の福袋を買ってきてもらいました。

200601022201000

中身は←このような感じ。

右から小さい手提げ2つ。オードトワレ(オレンジ)、練り香水(グリーンティ)、ハンド用美容液、オードトワレ(イソップ)、乳液、ボディ用乳液、石鹸(ジャスミン)。

ロクシタンはフランスのプロヴァンスのメーカー。最近は日本にも店舗が増えて、うちの近くの高島屋に入ったのは去年から。前を通ると、ナチュラルないい香りがして思わず足を止めたくなるお店。石鹸だけでも最低500円はするので、これは結構お得だったのではないかと思います。

あと、実はもう一つ。昨日たまたま立ち寄ったショッピングセンターのタオルの内野がプロデュースする“The Body & Bath Shop”で3,150円の福袋も購入。200601022159000

中身は←このような感じ。右からヘアブラシ、ブランケット、小さい巾着、ハンドタオル1枚、フェイスタオル2枚(ピンク、ホワイト)、バスタオル、(家族にあげたので、写っていませんが)体を洗う用のコットンのタオル、石鹸、入浴剤。

内野のタオルは、使い心地がよくて、いい色合いのものが多いので、好きです。今回はラベンダーや落ち着いたピンクの色のものがちょうど、欲しかったので、結構納得の行く買物でした。

もう4年くらい前になりますが、“TOMORROW LAND”の福袋は当たりでした。でもその翌年からうちの近くの高島屋の店舗では、福袋を実施しなくなったので、買えなくなってしまいましたが、それは本当にいい内容でした。服の福袋で唯一買いたいと思うのはここぐらいです。

皆さんは、福袋を買いに行きましたか?

人気blogランキングに参加しています←Plese!! Cleck here.

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年1月 1日 (日)

新年のご挨拶

あけまして おめでとう ございます。

 昨年中は拙い文章であるにも関わらず、7月から立ち上げました私のブログ”ニュートラル”を読んで頂き、本当にありがとうございました。また、温かいコメントいただきましたこともあわせて、御礼申し上げます。

 本年も、自分らしく、ニュートラルに生きながら、ブログを書いていきたいと思っています。

どうぞ、宜しくお願いいたします。

200512311738000

人気blogランキングに参加しています←Plese!! Cleck here.

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »