« 思い違い肌 | トップページ | 今日もパンを焼いてみました »

2006年1月27日 (金)

愛するカールスバードのブルーオニオン

今日、会社帰りに上野駅の構内で(渋っ)でドイツフェアをやっていて、ドイツフェアなのに、チェコのカールスバードの陶器が売られていた。

いつもプラハに行ってフリータイムがあると、このカールスバードのブルーオニオンシリーズをお土産用(自分用と家族用)に大量に買ってきていたので、こんなところで出会えるなんてと、昨日から前を通るときに物色しつつ、買おうか買うまいかを考えながら通りすぎていた。

でも、今日やっぱり買わずに後悔したくないと思い、買ってしまった。

200601271910000 ブルーオニオンシリーズといえば、普通ドイツのマイセンのブルーオニオンが一番よく知られている。でも実は、カールスバードのブルーオニオンも世界3大ブルーオニオンの一つに入っている。詳しく言うとカールスバードの発祥は保養地で有名なカルロヴィバリで、ドイツ語読みなどするうちに、カルロヴィバリがカールスバードになったと言われているそうである。私がいつもプラハで買う、カールスバードのブルーオニオンはボヘミアのČeský porcelán Dubí (Czech porcelain Dubí) という会社で作っているものである。

何でも、マイセンが”ブルーオニオン”の商標登録を取ったので、それ以後、製造した会社は”ブルーオニオン”という名前をつけることは出来ないが、マイセンの商標登録よりも前からブルーオニオンを作っていた会社は今でもブルーオニオンという名前を使ってもいいらしい。そのような会社は世界に50社近くあるらしい。ちなみに、私の夢は世界を歩いて、マイセン以外のブルーオニオンをこつこつ集めること。

マイセン製はもちろんいいが、とても高い。マイセンにある現地工場の売店でも通常、ティーカップ&ソーサー1客が1万円くらい。(それでも日本より安いと思う。)そんな感じで手も出ない。

200601271938000 ←このカールスバードはとても安い。こないだは、プラハの専門店で小型のティーポット2つと中皿5枚とマグカップ2つで1万円ちょっとだった。

今回、上野駅でこのマルチカップ(写真上)が1つ1500円で売られていた。おそらくチェコで買ったら、半額くらいかなと思いつつも、まぁここは日本。手間代を考えたらしかたないという感じで買ったが、他のお店に比べれば全然安いので、良しとしよう。

でも、なにより上野駅で出会えたことがうれしかった私だった。

人気blogランキングに参加しています←Plese!! Cleck here.

|

« 思い違い肌 | トップページ | 今日もパンを焼いてみました »

コメント

何だかわくわくして、読んじゃいました。
今の私の周りには、残念ながら、美しいもの、素晴らしい音楽や絵画等を愛でる人が多くない…むしろ殆ど居ない。
最近、ちょっとずつ増えてきたか。。。いや、まだ少ない。少な過ぎる!
だから、今回のテーマはわくわくしてしまいました。
感性豊かな世界に周りを巻き込もう!おぉ~っ!(意気込みだけ…^^;)

今日、カードが届きました。わざわざありがとう。
今回は大量に送り、戻って来たのは…(涙)
でも、その分だけでも内容が濃く、温かい気持ちになりました。
うめめだかさんの近況はブログでわかるけど、たまにはメールでも下さい。
新しいお仕事頑張ってね。

投稿: しばぶね | 2006年1月31日 (火) 16時12分

しばふねさん
しばふねさんは、あなただったんですね。気づいていませんでしたよ。
カード無事に届いたようでよかったです。メールも便利ですが、カードや手紙ってもらうと嬉しいものですよね。特に海を越えてくると尚更です。私もしばふねさんももらってそう思ったので、お返事をカードにした次第です。
また、改めてメールしますね。

投稿: うめめだか | 2006年2月 2日 (木) 21時56分

うめめだかさん、はじめまして。
1昨年あたりから、カールスバードのブルーオニオンにひかれて少しずつ買い足しています。
このブログを見つけてとってもうれしかったです(;ω;)
日本の半額くらいでチェコにあるという言葉で、トラベル情報見ています。チェコ語も英語も苦手でも、いけたらいいなぁチェコ。
うめめだかさんに憧れます。

投稿: もかこ | 2011年1月 6日 (木) 11時37分

もかこさん

お返事が遅くなってすみません。
チェコのブルーオニオン、安くて、でも絵付けは綺麗で、お勧めです。本場は英語でカースバード、チェコ語ではカルロビバリという大変有名な保養地があるんですが、そこで生産されているようです。私はいつもプラハの直営店で購入していましたが、カルロビバリまで足を延ばせばもっとたくさんの種類と工房にもいけるかもしれません。私は残念ながらカルロビバリにはいってないのです。

もし、素敵なブルーオニオンに出会えたら教えてくださいね。

投稿: うめめだか | 2011年1月 9日 (日) 22時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122323/8366802

この記事へのトラックバック一覧です: 愛するカールスバードのブルーオニオン:

» Cialis. [Drug called cialis.]
Levitra cialis viagra comparison. Cialis lawyer columbus. Cialis. [続きを読む]

受信: 2007年3月30日 (金) 15時02分

« 思い違い肌 | トップページ | 今日もパンを焼いてみました »