« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006年3月28日 (火)

新宿御苑の桜

新宿御苑の桜

今日もモブログ投稿です。今日は直帰だったので、桜が見たくなって、ぶらり新宿御苑に来てみました。
まだ5分咲き程度ですが、やっぱり桜を見ると春が来たなって実感できますね。 新宿御苑に来るのは10年以上ぶりです。大学生だった私は彼氏とその当時よく来たのでした。

新宿門から千駄ケ谷門までゆっくりと歩くとなんとなく癒された私でした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年3月27日 (月)

桜開花!

今日はモブログ投稿です。
写真は“忠臣蔵”の四十七士のお墓があることで有名な泉岳寺の桜です。今日撮影しました。今日はとても暖かくて気分がとてもいいです。
それにしても今年は開花が早いですね。東京は今週桜が見頃のようですね。
以前、国内のツアーに出ていた頃にはいやというほど、桜の名所にいきました。高遠のコヒガンザクラ、三春の滝ザクラ、久遠寺のシダレザクラ、上田城や高田城のソメイヨシノなどなど。
でも一番好きなのは靖国神社と千鳥が淵のソメイヨシノでしょうか。わたしにとっては、ここだけは桜の為だけにでも足を運びたくなる場所です。
今年も見に行きたいな。200603271149000.jpg

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年3月21日 (火)

カヴァテルッチでとり挽肉とナスのアーリオ・オーリオ

200603202222000 今日のブランチはカヴェテルッチという貝殻パスタを使ったアーリオ・オーリオ。

以前南イタリアで買ったカヴァテルッチの味が忘れられずにいた私。輸入品を多く扱うスーパーで探していましたが、オレッキエッテという耳たぶパスタはあるものの、カヴァテルッチはどうしても見つからない....。

なので、いっそのこと作ってしまえということで、昨日の晩にせっせと作りました。

200603202304000 これはショートパスタなので、パスタメーカーも必要ないので、誰でも(時間さえあれば...)作れるパスタです。

作り方(1人分)は

強力粉orデュラルセモリナ粉100g、塩 小さじ1、ヴァージンエキストラオイル 大さじ1、卵1個

という感じでタリアテッレ(きしめん風のパスタ)と同じ分量で作りました。

材料を混ぜて、粉のだまがなくなるまで、15分から20分こねます。その後、最低1時間ぐらいは寝かせてから、いよいよ形成。直径8ミリくらいの細長い棒状にして、ナイフなどで1cm弱に切っていきます。それを丸めて、平らにし、2本の人差指をくっつけ真ん中から手前に引き寄せるようにして、勢いよく指を離すと、クルっとパスタが巻き上がります。

最初は難しくて、うまく行きませんでしたが、だんだんと慣れてくるとうまくいきます。そのせいか、今日はやや人差指がしびれ気味です。

200603211010000 カバテルッチには本当はトマトなどソースをあえる方が、より味がなじみやすく合うと思いますが、今回、ホールトマトの缶詰を買い忘れたので、ありあわせでアーリオ・オーリオを作りました。

食べるときにはパルミジャーノ・レッジャーノのすりたてとエキストラヴァージンオイルをかけて食べましょう。モチモチ感がたまらないカヴァテルッチが出来ました。

モルト・ブォーノ!

今回一緒に食べたパンは素朴な味わいがいいカンパーニュ。日本橋コレドの地下にある”メゾンカイザー”というパン屋で買いました。粉の味がしてとてもおいしいです。最近はフランス直伝の味が楽しめるパン屋が増えましたね。うれしいかぎり。(個人的には”PAUL”もすごくオススメです。)

それにしても、作るのにも時間がかかって、食べるのにもモチモチしててコシがあるので時間がかかる。まさにスローフードだと今回さらに実感。イタリアのマンマはすごいと思ったわけです。こんな料理を食べていたら息子たちもマンモーネ(すごく簡単に言うとママっ子)にもなるわけだ。

ではよい休日を!!

人気blogランキングに参加しています

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年3月20日 (月)

コバラがすいたら...

移動時間にモブログ投稿。今日は1本早い電車に乗れたので、12時出勤の私は乗り換え駅にあるSOUP STOCK TOKYOに寄って、チリコンカルネというスープとグリッシーニで小腹をみたす。なかなかピリッとしてて、いろいろ豆も入っていていい味。
クラムチャウダーとかボルシチは家でも作れると思うせいか、ここではいつもかわったものを注文する傾向にある。
最近12時出勤でアポなどの関係でお昼が食べられず夜になって、ドカ喰いしてしまうので、これはまずいと思った私。

というのも、昨日友人の二次会に参加した。その友人とは、考えてみれば小学校から高校まで、さらに部活も同じだったんだと気付き、かなり貴重な昔からの友人かもしれないと思ったのでした。
昨日はいわゆる、友人の”人生の一番のとき”ってやつを見て、ほんとに美しくって、自分もぶくぶく太ってられないと思ったのでした。
さらに、大手通信系の旦那さんの勝ち組系の同僚がかなり盛り上がっていたのですが、後輩とおもわれる女の子たちの若くて可愛いこと。
いろいろな面で刺激を受けてきた私でした。
夏までに体くらいはスリムにできるだろうか?200603201127000.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月16日 (木)

初のピエール・マルコリーニ

200603142220000 ベルギーのブリュッセルに行ったときに、現地のガイドさんが最近の一押しだと言っていた新進気鋭のショコラティエが経営する”PIERRE MARCOLNI( ピエール・マルコリーニ)”。ツアー中は結構忙しくて、ブリュッセルのお店に行けず、時間のあったブリュージュには支店がなくて、買えずにいました。でも、それが日本で手に入るとは....。ウレシイ。

ベルギーにはたくさんのチョコレートの有名店がありますが、個人的にはGaller(ガレー)が一番好きな私ですが、このピエール・マルコリーニもなかなかいいです。ガレーはシンプルなトリュフ的なものがオススメですが、ピエールマルコリーニは写真のようないろいろなプラリネを使った創作チョコがなかなかオススメのような気がします。もちろんシンプルなのも、おいしいのですが.....。

勝手な見解かも知れませんが、変わりダネの創作チョコって結構食べたときに、中にはあれーって言うことってありませんか?「この見掛け倒しー」とか言いたくなったり....。

200603142219000そういうのが、ピエールマルコリーニにはないと言うことです。かわった形をしていても、食べるとおいしい。ハズシのなさがいいですね。

それにしても、パッケージも何もかも、素敵です。

ホワイトデーのお返しでいただいたのですが、エビでタイを釣ったという感じです。

さらに、チョコレートとともに入っていたブローシャーのピエール・マルコリーニの写真のイケメンなこと....話題性も抜群なのがわかります。

200603142219001

人気blogランキングに参加しています

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年3月14日 (火)

最近アマゾンで買ったもの

200603131935000 2,3週間前に届いたDVD”ニュー・シネマ・パラダイス ツインパック <10,000セット限定生産> ”。

映画を何回も見た私ですが、DVDを保存版としてほしいと思い買ってしまいました。このツインパックには「SUPER HI-BIT EDITION」+「完全オリジナル版 SPECIAL EDITION」が入っています。どのような違いかと言うと、完全オリジナル版というのはいわゆるノーカット版。はじめに日本で公開されたのは、カット版の方で、はっきり言ってカット版の方が、素敵な映画になっています。

完全版も謎解きもののような感じでみるにはいいかもしれません。なんと言っても、エンリコ・モリコーネのサウンドが素晴らしいです。

あとは小説”東京タワー”の中に出てきたグレアム・グリーンの”情事の終り”もマーケットプレイスで購入しました。

200603131926000 さらに、昨日届いたのが、夏木マリの”戦争は終わった”というCDと山本麗子の”「粉だし」で極上シンプル”。

全然違うタイプのですが、どちらも好きなタイプの女性です。

夏木マリの最近リリースしたこのアルバムはなかなかジャズィーでもあるし、シャンソンのような感じでもあるし、いいです。夏木マリのアルバムを初めて買ったのはもう8年ぐらい前”九月のマリー”というものです。なんと言ってもこのアルバムは素晴らしかった。これはいまでもMP3に入れて毎日聴いているほど。なかなか、大人の女性な感じでいいです。

お料理の本はほとんど買ったことのない私。もらったものと姉の置いていったものと唯一自分で買ったのは基本料理が載っているベターホーム出版局のもの2冊ぐらい。

何人か料理研究家で好きな人はいる。栗原はるみ、有元葉子、そして山本麗子。ライフスタイルまでマネしたくなるというのがわかる人たち。

個人的にCATVの番組を見ていて山本麗子の長野の北御牧村での暮らしぶりや中華を中心に彼女の作る様々な料理が好きだったし、自分の中でも「粉だし」ブームだったので、この本を買いました。なかを見ると、(値段が高いだけあって)なかなかいい!!作りたい物がたくさん載っているんです。これで当分料理が楽しめそうです。

今日は仕事が休みで、この後友人が遊びに来るので、また手打ちパスタを作ってみようと思ってます。今日はカルボナーラにしようっと。

人気blogランキングに参加しています←Plese!! Cleck here.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月13日 (月)

和風 シメジと挽き肉のアーリオ・オーリオ

auctions_2006 昨日のランチは自家製手打ちパスタで作った”アーリオ・オーリオ”。

アーリオ・オーリオ(aglio olio)とはイタリア語でaglioがニンニク、 olioがオイルということなので、ニンニクとオリーブオイルは必須アイテム。詳しいことはわかりませんが、だからアーリオ・オーリオというといろんなバリエーションがあるんですね。

私は今回、和風のアーリオ・オーリオにしてみました。昨日の餃子の挽き肉が余っていたので....。ニンニクを炒めた後に挽き肉とシメジを入れて、お酒と醤油と鷹の爪(細かく輪切り)を入れて、ささっと作ったパスタです。

手打ちの生パスタの茹で時間は約2分程度で十分。今回は強力粉100%で作りましたが、薄力粉とブレンドしたり、デュラムセモリナ粉というパスタ用の粉を使ってみたり今後したいと思います。強力粉が多ければ多いほど、コシがある麺が作れるようです。

今回の手打ちパスタの材料は強力粉200g、エキストラヴァージンオイル小さじ2杯、塩小さじ2杯、卵(Mサイズ)2個で作りました。それにしても、予想以上に卵の黄色さがよく出ているのでビックリしました。今度はほうれん草とか混ぜて作ってみようっと。それにラザニアも。という感じでいろいろ発想が膨らむ私でした。 

人気blogランキングに参加しています←Plese!! Cleck here.

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年3月12日 (日)

手打ちパスタできました!

先日買ったパスタマシーンを使って、手打ちパスタに初挑戦。

昨日のブログにある通り、昨日の夕方仕込みをして1晩寝かせました。そして、いよいよ...。

auctions_2006 まず、寝かした生地を3等分し、麺棒で延ばします。

auctions_2006 私の購入したパスタメーカーは9段階調節付きなんですが、まずは一番広いので延ばします。

auctions_2006 そして、さらにつまみを変えて、さらに薄く、それを繰り返して、その後刃を替えて、いよいよきります。

auctions_2006

auctions_2006 そして、こんな感じで出来ました。

auctions_2006

後ほど、きのこと挽き肉のアーリオオーリオを作る予定です。

初挑戦でしたが、なかなかうまく出来ました。何より愉しいし。

MAPさんから昨日コメントをいただきましたが、1晩寝かせて作るパスタは時間をたっぷりかけていて、まさにスローフードですね。

人気blogランキングに参加しています←Plese!! Cleck here.

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年3月11日 (土)

粉ものづくし

200603111137000今日の私は少し遅めの朝のブランチから粉づくし。

昨日“はなまる~”でオリーブオイルの特集をしていた。家で使う主なオイルはオリーブオイルとグレープシードオイルと決めている私にはなかなか興味深い特集だった。その中でイタリア人シェフのサルバトーレ・クオモ氏が紹介していたペペロンチーノ。

ポイントは茹で上がったパスタをニンニク、唐辛子を熱したオリーブオイルに入れる前に、茹で汁をその熱しているオリーブオイルにからめて、エマルション(乳化液状)にしてから、パスタをあえるということ。そうすると、茹で汁とオイルが分離せずによく味がなじむ。

ペペロンチーノは家でやると、なんとなくうまくいかないし、シンプルすぎてどうかと思っていたけれど、なかなかうまく出来ました。これは休みの日のブランチににいいかもと思ったのでした。

200603111800000 200603111922000 200603111941000

その後、今日の私はいつものようにバターロールを焼き、いよいよパスタメーカーを使うべくパスタ生地の仕込み(1晩寝かします)。

その後、夕食は餃子。

粉づくし...。

明日はいよいよ手打ちパスタです。うまくいくかな?お楽しみ。

人気blogランキングに参加しています←Plese!! Cleck here.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年3月 9日 (木)

パスタメーカーを購入

200603090755000 先日、ヤフオクでパスタメーカーを買いました。

近所のちょっと高級なスーパーで生パスタを買ったところ、100g程度で200円だった。結構高いなーと思ったけれど、食べたらとってもおいしかった。

そこで.....これはパンに引き続き、うちでパスタを作るのも面白いかもと思ったのでした。

というわけで、その日早速オークションに参加して、未使用品を1600円で落札しました。

パスタメーターも種類はいろいろありますが、お試しなので中国製ですけど、後悔のない値段なので、いいかなと思っています。まだ作ってませんが、自家製手打ちパスタを作った折にはブログにアップさせていただきますね。

先日から”家の中をスッキリ”計画を実施していて、家の中の物を結構出品しましたが、その合計は1万5000円程度。でも自分が落札して購入した金額は3万円くらいで。スッキリさせるどころか、余計物を買ってしまったという結果が出ました。そんなこんなで、私のオークションウィークも先日終了しました。

でも、私の方も結構いいものを買えて....アニヤハインドマーチのバックや、マックスマーラの定番の黒のコート、かねまつのパンプス2足、ブリティッシュエアウェイズのファーストクラスで配られるアメニティが入っているアニヤハインドマーチのポーチなどなど。まだ届いてないものもありますが、結構いい買物が出来たのではないかと思う私でした。

私のオークションを見たいとメールをくれた方々、ありがとうございました。短い期間だったので、すでにオークションが終っていて、ご案内できなかった方もいらっしゃいます。また、次回(おそらく季節の変わり目に)出品するときにはこちらから、ご連絡しますから、お許しください。

人気blogランキングに参加しています←Plese!! Cleck here.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年3月 7日 (火)

東京タワー

今日も会社帰りに上野駅ターミナル内の本屋に寄って、何かいい本はないかなーと見ていた。

今更ながら、映画にもなった江國香織の『東京タワー』を手にとってみる。他にも周りには、角田光代、唯川恵、林真理子などの女流作家の文庫が並んでいた。単行本が出たときに買おうか考えつつ、図書館で借りればいいやと思っていたが、今回文庫化されたらしく、これはちょうどいいと思って買ってしまった。

最近賞を獲ったりして、メジャーになった30代から40代の女流作家の本もよく読む私であるが、角田光代や唯川恵などよりも、断然江國香織が好きだ。本人のことはよく知らないし、どんな言葉を使っていいのかはわからないが、彼女の小説は物語がさらっとしてるけど、味わいがあって、現実的で好きなのだ。

帰りの電車の中、まさに読み耽るという感じで、集中していて駅で降り損ねそうになった。このままだと2,3時間で読み終わりそうなので、もったいなくなって、一字一字丹念に拾いながら読むようにした。まだ、読み途中、ここ1日、2日は余韻を含めて楽しめそうな気がする。

邦画を映画館に見に行くことはほとんどない私であるが、『東京タワー』は観たいと思いつつ観なかった映画だ。だから黒木瞳と岡田君が出ていたことだけは知っているが、他にどんな俳優が出ていたのかは知らない。でも小説の中の主人公である詩史と透を黒木瞳と岡田君に重ねながら読む。まさに美しい男女が織り成すのがふさわしい話だななどと感心しながら、読んでいる。

映画化される小説は多いが、小説を読んでからだと感動が薄いこともある。でも私は小説を読んでから、映画化されたものを見るほうが好き。どんな風にキャスティングしたり、演じたり、舞台となる場所をどんな風に映し出すのかを想像して読み、実際はどんな風に想像と違ったのかを考えながら映画を観るのが好き。

『冷静と情熱~』もそうして読んだが、キャスティングはケリー・チャンが日本人でなかったけれど、結構自分の想像に近かった。でもストーリーが原作よりもドラマ仕立てで、妙に伏線が張られすぎていた感はあるけれど...。

そんな風に小説と映画を見比べた中で、唯一私のイメージどおりだった映画はフィツジェラルドの原作を映画化した『華麗なるギャッツビー』。主人公ギャッツビー役の若き日のロバート・レッドファードは私のイメージにぴったりだった。さらに毎晩宴が行われた白亜のギャッツビー邸もイメージ通りだった。勝手ながら、こんなにイメージとぴったりだと感じたのはこの映画くらいだと思う。

話はちょっとそれてしまったが、小説『東京タワー』を読んだら、DVDを観てみようと思う。この小説に描かれるストーリーにおける倫理観の判断はとりあえずは脇に置いておいて......。でも女性で生まれたからには、男性に愛されるような何かを持ち続けた大人の女性になりたいと思った私でした。

人気blogランキングに参加しています←Plese!! Cleck here.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 4日 (土)

瓶マニア

今日は天気がすごくいいですね。昨日、うちの辺りは突然雪が降ったんですよ。びっくりしました。

最近、Yahooオークションに出品をするようになって、自分にとって必要なものと、不要なものがだんだんと見えてきました。また、これは誰かに手放すこともできないから、捨てるしかないものというのもわかってきました。

というのも、自分もオークションで競り落とす中で、USEDのものも買いましたが、やはり写真では判断がつかないこともあって、届いてみたら予想以上にダメージが大きくて失敗したこともあるので(まだ捨ててないけど、カビ臭かった...。近々捨てようと思っている....。)、やはりUSEDを出すのであれば、ある程度の美品を出すべきだと私は思うので、それ以下のものは必要がなければ、潔く捨てること。これが大事なんですよね。

そんな話をしつつも、自分に収集癖があることを、改めて気づいたりもしました。(そういえば小学校の低学年の頃、記念切手集めてたもんな。)CD、各国で集めた有名な建物の石膏模型など、結構いろいろ集めていたんですよね。

200603040956000 極めつけは瓶。海外で瓶詰めの食材をよく買うのですが、その瓶が捨てられない。以前マーサ・スチュワート(今日あたりからCATVで復活するんです。)が瓶をやはり取っておいていて(集めているのではないと思うけど)自家製のトマトソースを作って瓶を煮沸して、保存していたのをみて、(その後、自分でトマトソースを作ることもありませんが)なんとなく素敵って思ったんですよね。

特に海外で買ったものは、独特の形や蓋のロゴが素敵だったりして、見ているだけでうっとり。これってマニアというのがふさわしいですよね。200603041143000

さらに日本で購入した食材の瓶は、写真のように蓋を紙粘土でデコレーションして、ニスをよーく塗って、調味料の保存の容器として使っています。ニスをしっかり塗ってあるので、ちゃんと洗えます。

塩などは、ザルツブルグの塩とか、沖縄のぬちマースとか、カケロマ島の珊瑚塩などいろいろな種類を集めているし、粉だしもカツオ、こんぶ、干しえびなど作って保存するのにとても重宝しています。

200603041144001   先ほども少し書きましたが、今日辺りからマーサの番組がCATVで復活。すごく嬉しいです。彼女は生活のヒントを教えてくれるんですよね。拝金主義だとか、いろいろなことが言われたりしましたが、彼女はアメリカの生活の紹介とおしゃれに楽しく家事をするコツや生活の中からヒントを得て、起業している人や人気レストランのシェフなどプロの人たちもフィーチャーするし、シリーズで長期的にやっていて、これだけの中身をもった番組はなかったのではないかと思います。

やっと復活、とってもうれしい私でした。DVDに録画して、保存版にしなくちゃ。

人気blogランキングに参加しています←Plese!! Cleck here.

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年3月 3日 (金)

家の中をスッキリ計画

ここのところ、ブログもアップせずに、すみません。

先日、今更ながらヤフオクにハマっていると書きましたが、欲しいものを競り落としてばかりいると、荷物が増えるので、気分一新春に向けて、自分の不要な物をオークションに出すことにしたんです。

まだ、あまりオークションになれていないので、結構それに時間を取られてしまって、なかなかブログもアップできなかった次第です。

なかなか捨てるのって踏ん切りがつかない私なので、もし、大事に使ってくれる人がいたら、(友人だったら譲るところなんですが)たとえ数百円の値段でも買って大事にしてくれる人がいたら嬉しいですよね。その代わり、USEDのものは基本的に安ーい金額で売るようにすることにしました。

当面、”家の中をスッキリ計画”を実施する予定。スッキリして春を迎えるつもりです。

もし、うめめだかのオークションを見たい方がいたら、プロフィールのところのメールアドレスにメールしてください。

人気blogランキングに参加しています←Plese!! Cleck here.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »