« 初のピエール・マルコリーニ | トップページ | カヴァテルッチでとり挽肉とナスのアーリオ・オーリオ »

2006年3月20日 (月)

コバラがすいたら...

移動時間にモブログ投稿。今日は1本早い電車に乗れたので、12時出勤の私は乗り換え駅にあるSOUP STOCK TOKYOに寄って、チリコンカルネというスープとグリッシーニで小腹をみたす。なかなかピリッとしてて、いろいろ豆も入っていていい味。
クラムチャウダーとかボルシチは家でも作れると思うせいか、ここではいつもかわったものを注文する傾向にある。
最近12時出勤でアポなどの関係でお昼が食べられず夜になって、ドカ喰いしてしまうので、これはまずいと思った私。

というのも、昨日友人の二次会に参加した。その友人とは、考えてみれば小学校から高校まで、さらに部活も同じだったんだと気付き、かなり貴重な昔からの友人かもしれないと思ったのでした。
昨日はいわゆる、友人の”人生の一番のとき”ってやつを見て、ほんとに美しくって、自分もぶくぶく太ってられないと思ったのでした。
さらに、大手通信系の旦那さんの勝ち組系の同僚がかなり盛り上がっていたのですが、後輩とおもわれる女の子たちの若くて可愛いこと。
いろいろな面で刺激を受けてきた私でした。
夏までに体くらいはスリムにできるだろうか?200603201127000.jpg

|

« 初のピエール・マルコリーニ | トップページ | カヴァテルッチでとり挽肉とナスのアーリオ・オーリオ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コバラがすいたら...:

« 初のピエール・マルコリーニ | トップページ | カヴァテルッチでとり挽肉とナスのアーリオ・オーリオ »