« ワーズワースの言葉 | トップページ | 気分一新 »

2006年4月 2日 (日)

紅茶のシフォンケーキ

昨日、シフォンケーキに初挑戦。

読売新聞にシフォンケーキの作り方が載っていたので、無性に食べたくなって、Amazonでハンドミキサーを買って、イトーヨーカ堂で18cmのシフォン型を買って、作ってみました。

200604011435001 ハンドミキサーがなかったら、ちょっとこれは厳しいって思います。ハンドミキサーがなかったら、多分私は作らないと思う。

200604011454000

〈プレーンシフォンケーキのレシピ〉読売新聞 3月24日掲載から

材料 (直径17cm) 卵白(L)3個分 砂糖55g / 卵黄(L)3個分 水40cc 植物油 50cc 薄力粉 65g 砂糖 10g 

① 冷えた卵白をハンドミキサーの低速でほぐしてから、高速に切り替え、角が立つまで泡立てる。砂糖を小さじ山盛り1杯分加え、さらに混ぜる。泡が硬くなっったら再び同じ要領で加え、この作業を5~6回繰り返し、硬くて重みのあるメレンゲを作る。

② 別のボウルに常温の卵黄、植物油、水、薄力粉を入れ、空気が入らないよう、一定方向に泡だて器を回して練る。ハンドミキサーを使う場合はボウルの底と垂直になるように混ぜる。粘りが出てきたら砂糖を加え、溶けるまでさらに練る。

③ ①のメレンゲに②を2~3回に分け加え、へらできれいに混ぜ合わせる。泡をつぶさないよう、底からすくい上げるようにして混ぜる。

④ 熱した160度のオーブンで20~25分焼く。竹串を刺して生地が付着するようならもう少し焼く。(←うちのオーブンの場合、35分程度焼きに時間がかかります。オーブンにより差があるので、必ず竹串で確認しましょう。)

⑤オーブンから取り出したら型を逆さにし、完全に冷めるまで置く。

型から取り出して切り、お好みで生クリームを添えるのもいいでしょう。

200604021108000レシピはプレーンのシフォンケーキでしたが、私の場合は③の段階で小さじ1杯のミルで粉砕した紅茶を入れてみました。

焼き上がりは結構膨らんでいたんですが、冷めたら縮んでしまって、ちょっと残念。おそらくメレンゲの出来があまかったんだと思う。でも食べたらフワフワで、おいしかったですけどね。

←今日になったら、さらに縮んでいるような....。でも甘さ控えめなかなかです。自分で作ってみないとわからないこともあるもので、予想していた以上に材料はシンプルで簡単。それに薄力粉の量もとても少なくて、バターも使わないし、生地は結構ローファットだと思いました。

 

人気blogランキングへ

|

« ワーズワースの言葉 | トップページ | 気分一新 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122323/9391247

この記事へのトラックバック一覧です: 紅茶のシフォンケーキ:

« ワーズワースの言葉 | トップページ | 気分一新 »