« ワクワクすること | トップページ | リベンジ!シフォンケーキ »

2006年4月15日 (土)

私のワインの楽しみ方

先日、マイルカさんに戴いたワインBARBERA D'ALBA(バルべラ・ダルバ)を飲みました。酸化防止剤(亜硫酸塩)を使わないワインっておいしいですねー。最高です。

200604140747000 以前のブログにも書いたとおり、海外に行くと必ずと言っていいほど、ワインを買ってくるのですが、飲み終わってしまうとそれっきりになってしまうですが、それがさびしい感じがして、ワインのラベル(エチケット)を保存しています。

200604140747001 レストランなどでワイン通の人がエチケットを取ってもらうというのを聞いたことがありますが、レストランでそんなに取ってもらうほど、高級なワインを飲まない私は、自宅で飲んだワインのエチケットを自分で剥がしています。

200604140748000 バットに水を張って、飲み終わったワインボトルを1晩つけておくと綺麗に剥がれます。今までの経験上、海外で購入したワインは綺麗に剥がれることが多いのですが、日本でボトリングしているワインに限って、1晩つけても糊が強く剥がれないということが多いです。

なのでエチケットの剥がれ方で、飲み終わった後ですが、これは日本に着てからボトルに詰め替えてるなとか、これは現地で瓶に詰められたのを運んできてるなとか、想像をめぐらせたりします。

200604140746000 そんな私のワインの指南書はもう9,10年くらい前のワインブームで買ったのでだいぶ前のものですが、田崎真也さんの書いたワイン本。フランスワインブックとワールドワインブックの2冊があるのですが、産地ごとに分類されていて、すべて写真つきのガイドになっていて、とっても見やすいです。一時期、何冊かのワインの本を買った私ですが、結局、いつも見るのはこの本です。

私の好きなイタリアワインについてはワールドワインブックのほうに載ってるんですが、各州ごとに格付けD.O.C.G.やD.O.C.のワインは、ほぼ載っているので、日本の自宅で飲むワインはほとんどこの本に載っています。

今飲んでるのも、載ってる載ってる!なんて、本を見ながらの飲むのも愉しいです。

ワールドワインブックには他にもドイツやスペインワインやチリワイン、スイスワインなども載っています。また、フランスワインブックにはフランスワインのエチケットの見方、ワールドワインブックにはイタリアワインのエチケットの見方が載っていて、エチケットの見方がわかると、ワインを購入するときの参考になるし、よりワインに興味が持てて愉しいですね。

若い頃はワインで悪酔いすることが多かったので、やっぱりビールと焼酎でしょという感じでしたが(ビールも焼酎もいまだ好きですが....)、最近、飲み方も変わったせいか、ワインを味わって愉しく飲むことが出来るようになりました。

でも新聞によると、本国フランスでは、若者のワイン離れが始まっているとのこと。毎晩ワインを飲む人というのが確実に減ってるようです。ワイン会社が新興マーケットに力を注ぐのがわかりますね。

では、ワインでも飲んで、楽しい週末を!!

人気blogランキングへ

|

« ワクワクすること | トップページ | リベンジ!シフォンケーキ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122323/9583811

この記事へのトラックバック一覧です: 私のワインの楽しみ方:

« ワクワクすること | トップページ | リベンジ!シフォンケーキ »