« ささやかなるご褒美の買い物 | トップページ | 毒抜きの旅 »

2006年11月26日 (日)

停電の夜に

昨日の夜11時頃、停電があったんです。かなり、局地的に...。というか、うちの並びだけ。

窓を開けて通りの向こうの家を見ると普通に電気が点いているんです。うちの並びだけは電燈も消えてしまって、びっくり。

始めは暖房とかつけてるから、うちだけブレーカーが落ちたんだと思って、ブレーカーを確認したら、どれも落ちてなくて、そうこうしてるうちに電気がついて、しばらくして、また消えてという感じで、結局のところ、そのあとは消えたままトータルで約1時間弱だったと思いますが停電。せっかく見ようと思っていた”The OC”の19話を見逃して(結局それは今日の再放送で見れたんですが)、暖房も消えちゃうし、湯沸し器も使えないし、ガスは使えたので、湯たんぽでなんとか暖を取ったという感じでした。

結構、困るものですね。懐中電灯もどこにあるか、結局見つからなくて。

でも、前マーサスチュワートの番組でやっていた緊急用のキャンドルは用意しておいたので、それを点けたので、明かりには困りませんでした。うちだけの停電なので、深刻ではないとわかっていたので、なんとなくそのキャンドルの明かりも新鮮に感じられて、ちょっと素敵な夜を楽しみました。

200611260000000

その緊急用のキャンドルは、マーサの番組では瓶のフタのところにキャンドル立てを作りつけてしまうような感じでしたが、私はそこまではしてませんが、そのかわり安定性のいい太目のキャンドルとマッチを一緒の瓶に入れて、わかりやすいところに置いておくというだけなのですが、今回も大活躍でした。これが出動したのは今回で3回目。

200611252357000 私はそれを2ヶ所においてあります。

←ピンクのキャンドルの方はリビング用。家族が誰かの結婚式の帰りにもらってきたキャンドルです。なんだか、場違いな気もしますが...。

無印で安くキャンドルの袋売りがされているんですが、これが結構重宝するんですよね。今回、このキャンドルのストックをどこかにしまいこんでいたことを思い出して、停電が終ってから探して、これからはわかりやすいように大きい瓶の中に入れておくことにしました。

”備えあれば憂いなし”と言う言葉を改めて、感じた夜でした。

|

« ささやかなるご褒美の買い物 | トップページ | 毒抜きの旅 »

コメント

うめめだかさん、こんばんは。 私、阪神大震災を経験したにもかかわらず、防災意識は日々薄れていました....キャンドルは沢山持っているのですが、停電に使うという発想がなかっただけに、とても感心しました。停電といえば....もう8年くらい前になるかしら?ハノイのヒルトン・オペラに泊まった時、数秒の停電がしょっちゅうだったのがとても印象に残っています。

投稿: マダム ジェイド | 2006年11月26日 (日) 22時11分

マダムジェイドさん
阪神大震災、大変だったでしょうね。多分関東の人より、関西の人の方が、そういう体験を経ているから、ひとまわり大きな人が多いのではと、常日頃から思っていたところでした。
ベトナムは良く停電起きますよね。ハノイのヒルトン・オペラと言ったらハノイで1,2を争ういいホテルですねー。あそこでもそうなら、他はアウトですよ。
私はフエのクラシカルなホテルに泊まったとき停電のあとセーフティーボックスが開いていたのを気づかずに何時間か過ごしてて、部屋に帰ってきたときに扉が開いてたときには、血の気が引いたことを覚えています。それってひどいですよねー。

投稿: うめめだか | 2006年11月27日 (月) 23時26分

"停電のあとセーフティーボックスが開いていたのを気づかずに何時間か過ごしてて、部屋に帰ってきたときに扉が開いてたときには、血の気が引いたことを覚えています。"

なんだか、今晩夢にみそうだわ。。。
最近は学校の夢ばかりみます。追い詰められているから…^^;

投稿: しばぶね | 2006年11月28日 (火) 02時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122323/12830879

この記事へのトラックバック一覧です: 停電の夜に:

« ささやかなるご褒美の買い物 | トップページ | 毒抜きの旅 »