« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月31日 (土)

やみつきなかりんとう

200703311945000_1 今日はひさびさ3日ぶりに出勤しました。

私を見て、”なんだか元気がないですね。”とたまたま土曜出勤していた、おぼっちゃまで気が優しいけど根暗で人に話しかけない、存在感のまったくない35歳の先輩社員 が心配して声を掛けてくれた。いつも私からランチを誘うことしかなかったのに、”来週一度ランチに行きましょう。”(ランチの誘い方も丁寧。)と初めて誘われた。

いつも、彼のことを”35歳の中堅社員のクセに存在感なさすぎー。黙ってりゃいいってもんじゃない!”とバカにしていたので、ちょっと反省。この会社も捨てたもんではないかもと思った。

部長も気を利かせて、お客さんから戴いた”たちばな”の激ウマかりんとうをくれた。ここのは本当においしい。最高のかりんとうだと思う。やみつき。

そんなこんなで、私は今日の休み時間にノースウエストに電話して、8月4日からのハワイのチケットを購入しました。会社を休むとパワハラの言葉を投げつけられそうだし、正規の夏休みは土日入れて5日間なので、今年は行くのやめようかなと思っていたけど、去年も行かなかったし、いざとなったら、正社員辞めて時給制の契約にしてもいいし、さもなければ辞めてやる覚悟でチケット買いました。ちなみに帰りだけは余ってたマイレージでビジネスにアップグレード。

ハワイを思うと頑張れる気がする...。

ちなみに....   かりんとう”たちばな”

中央区銀座8-7-19 ℡03-3571-5661

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年3月30日 (金)

桜開花。

桜開花。
私事ですが、体調を崩し、心を入れ替える決意をするような出来事があったのと心のリハビリみたいなものをかねて、水曜から会社を休んで実家に久々行ってきました。

ちょうどうちの近くには桜並木が多いので桜もたくさん見られたし、甥と姪も遊びにきてたので、『ナイトミュージアム』も見てきました。楽しかった。

土地からパワーを得られるヒーリングスポットみたいなのがあると言いますが、私にとっては実家のある、かつて参勤交代や日光に詣でる人々が通った街道の宿場町はなんとなく落ち着く、私にとってのヒーリングスポットなのかもしれません。

占い師をしていた祖母がいつか私に、歳をとるごとに悩みが多くなるよと言ったことが忘れられませんが、まさに歳をとるごとに悩みが多くなる気がします。

一番自分に大事なものは何なのか、このたびは考えていたとこです。考えはかわるかも知れませんが、いまの仕事のスタイルをいつまでも続けたらいけないと私のなかでアラームがなったのと、そんな時間のないなかで選択することはろくなことがなく、反省することも多く、ちょっと漠然としてるかもしれませんが簡単にいえば品行方正に生活しようと思ったのでした。(ごめんね悪友たち。)

それと体質改善のセミ酒断ちと(平日の家での飲酒だけ)カフェイン抜きも。

最近、疲れたんです。心のゆとりのない生活に。

そして絶対今年もハワイに行くと決めたんです。それによるパワハラでたとえ会社をやめるはめになってもね。(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (3)

2007年3月22日 (木)

海外に行かなくても

海外に行かなくても
少し前のことになりますが映画『パフューム』を柏の葉ららぽーとに見に行ったんですが、ここは駐車代が高いので、なにか買い物をして駐車サービスを延ばすようにするんです。(映画のほうは予想以上にイマイチだったのですが...。)

そこでいつも寄るのが輸入食材をおく“KALDI COFFEE”。オリーブやグレープシードオイルをまとめ買いするんです。

以前、ボローニャのスーパーで買って、おいしかったエキストラバージンと韓国旅行にいくと必ず買う韓国産の胡麻油。

このエキストラバージンは最近イトーヨーカ堂でも売られていて、うれしいような軽いショックなようなものがありました。

韓国産の胡麻油は韓国で普通にスーパーにあるようなものですが、日本のものに比べて匂いがとても強くていいんです。一度比較してみてください。

旅行にいかないと手にはいらなかったものが割に簡単に手にはいるようになったと実感できた出来事でした。

| | コメント (1) | トラックバック (2)

2007年3月18日 (日)

”カサ・ミラ”って素敵

カサ・ミラの置物を10年位前にスペインに行ったときに車窓で見ただけなのに、デパートのエルコルテイングレスで買って、テレビの上に置いて毎日眺めていたけど、こないだのスペインの旅でやっと間近で見て、そして中に入りました。

Ourside_casamira 見かけの素敵さもさることながら、中はもっと素敵。(写真はちょっと遠いけど...。)

 カサ・ミラの紹介が遅れましたが、この流線型のアパートメントがあのサクラダ・ファミリア(聖家族教会)を作ったアントニオ・ガウディがミラさんのために20世紀前半に作ったアパートメント。

中はとってもクラッシック。こんなアパルトメントに住めたら、素敵だろうなってうっとり。

Inside_casamira_1  ←窓からみえるグラシア通り。明るい日差しが入り込む素敵な窓辺。

Child_room Child ←子供部屋も素敵。

From_casa_mira カサミラの屋上から見たサクラダ・ファミリア。↑

余談ですが、スペインの旅のこともなんだか、たくさん書きたいことがあったのですが、帰国してからというもの、体調がイマイチで、スペイン料理を思い出すと気持ち悪くなるという変な現象が起きているんです。スペイン料理と言ったら、家でもパエージャやスパニッシュオムレツを作るほどなので、大好きだし、日本人にもなじみやすく食べやすいものが多いのに。それに旅行しているときにはなんとも思わなかったのに帰ってきてから、なんだか日本食オンリーな気分になってしまって、はや1ヶ月。どうしたことやら....。

スペインを思い出すとなんとなくスペイン料理を思い出し、胃がムカムカするので、ブログもさらに仕事に書類さえも書けなくて(ちょっと言い訳だったりもしますが...)後回しになってしまっていたんです。

なので、いろんなことがあって、楽しんだスペインの旅だったのに、こんなあっさりとした内容しか書けずにごめんなさい。これでスペインの旅のリポートはひとまず終わりにします。明日からはまた通常通りのブログに戻ります。

また遊びにきてくださいね。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2007年3月10日 (土)

アルハンブラの思い出

なんだか、日々の生活に追われ、スペインの旅もだんだんと遠くなりつつありますが、帰国してからも時々ペペ・ロメオの”アルハンブラの思い出”のギターの音色を聴くと、あの切ない音色と美しいアルハンブラ宮殿がオーバーラップして思い出されます。ちなみにスペイン語ではhを発音しないので”アランブラ”といいます。

1492年、イスラム最後の王朝グラナダ王国が陥落しました。この年がレコンキスタ完了の年であり、コロンブスが新大陸を発見した年でもあります。

Photo_1 イスラム王朝最後の王アブディル王はグラナダの町を離れるときにアルハンブラ宮殿を振り返り、惜別の涙を流したといいます。

そんなことを思い出しながら、”アルハンブラの思い出”を聞くと、これ以上にぴったりの曲はこの世に存在しないとさえ、私は思ってしまいます。

Photo_3

Photo_2 久しぶりのアルハンブラ宮殿でした。シンメトリーの幾何学模様がまさにこれはアラブ建築だと実感させます。その模様の美しさと言ったら、いつまでも眺めていたい気持ちになります。

ぜひ、アルハンブラに行く前には”アルハンブラの思い出”を聴いていってくださいね。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007年3月 4日 (日)

スペイン列車の旅

スペインでの旅のことがやっと書けますが、今回のスペインの旅では2つの列車に乗りました。

Ave まずはAVE(アヴェ)というスペイン国鉄RENFE(レンフェ)が誇る新幹線でマドリッドからコルドバまで乗りました。AVE自体は将来的にマラガまで延びるようです。只今、工事中。コンセプトは飛行機に負けないサービスらしく、ビジネスクラス、ファーストクラス席もあって、そちらでは機内食ならぬ車内食?や新聞のサービスがあるそうです。

↓これはクルスカンポというビールのロゴの入ったセルベッセリア(ビールを扱う店のこと)仕様のカフェ車両。初めて、こんなポップなかわいいカフェ車両を見ました。

Pengin_1 ペンギンの形をした生ビールサーバーもかわいい。

私が今回AVEで乗ったのはツーリスタといういわゆるエコノミー席なので、ミールのサービスなどはありませんが、ちゃんと車掌さんがイヤホンを配りに来るんです。ちゃんと定刻に運行するし、席は左右2席ずつの並びで、日本の新幹線ほど幅はない気がしますが、とても快適な列車です。イヤホンから流れるなぜかヨハン・シュトラウスを聞きながらの列車の旅でした。

もう1つはグラナダからバルセロナまで乗った寝台特急TRENHOTEL(トレンオテル)。

Trenhotel 日本でも寝台車に乗ったことがなかったので、なんだかとても興味深いものでした。お客様はプレフェレンテというビジネスクラスというカテゴリーの2人用個室でした。二段ベッドに洗面台が付いていています。ちゃんとホテル同様にカードキーも付いています。

私はたまたまプレフェレンテがなくてツーリスタになってしまったんです。ツーリスタは4人部屋。(↑おー、散らかってる...。)2段ベッドが両サイドに2つで洗面台付き。鍵は内側からしか掛けられない仕組み。でも持っていたのはプレフェレンテのチケットだったので4人部屋を1人で使えて、かえってラッキーでした。使わない上の段のベットは収納してしまって、ゆったりと部屋が使えました。

200703042145000_1 ポーチ付きはプレフェレンテのアメニティ。200703042146000透明ビニールに入っているのはツーリスタのアメニティ。 どちらのクラスにもアメニティーには耳栓がついているのが、乗ってみて納得でした。というのも、結構うるさくて眠れないのです。それになんだか暑かったりで。

このほか、1人1本、ミネラルウォーターやタオルもついてます。耳栓といい、ミネラルウォーターといい、妙に気が利くアメニティです。

やっと、眠りに着く頃には朝になってて、朝食はレストランカーで日の出を見ながら、食べました。印象に残る朝食でした。(でもレストランカーの写真を撮り忘れた...。)

もうあと1時間くらいでバルセロナ到着という車窓。海沿いの雰囲気はなんともいえませんね。

Syaso Syaso_2

列車の旅って、添乗員にとっては面倒なだけという印象があったんですが、なかなか面白い。

なんだか旅してるって感じがしました。

お薦めです。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

やっと開通!

ご無沙汰してしまいました。悪戦苦闘のあげく、やっと開通したBフレッツ光。無線LANを使ったせいもあって、これは素人には設定できないわと思いましたよ。それにサポート電話もぜんぜんかからないし。もう諦めかけました。

とはいえ、光にして心なしか高速になった気もするし、喜ぶべき日であるわけです。

とんとご無沙汰していて、日々の生活に忙殺されて、少しの間に記憶が大幅に薄れつつあるので、早めにスペインの旅のもうちょっぴり書いておきたいことを明日(というかすでに今日だけど...)から綴りたいと思います。

では後ほど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »