« マティーニ・オン・ザ・ロックスで乾杯 | トップページ | あの隠れ家カフェが... »

2007年7月 8日 (日)

ボルベール見ました

325137_01_03_02_4 昨日、”ボルベール<帰郷>”見てきました。なんと言っても、ペネロペ・クルスを見たくて行ってしまいました。

そういう点では裏切りの無い映画なのですが、CATVとかでやるのをマッタリしながら見る感じでも良かったかもと思いました。

それにしてもペネロペ・クルスが美しくて、あの胸の谷間は女性でも憧れます。ストーリーはペネロペが次女でそのファミリーの話なのですが、家族なのに浮き足出すほどペネロペが綺麗すぎ、ある意味全体的にミスキャスト?

でもペネロペが思い出の曲”ボルベール(VOLVER)”を歌うシーンはほんとうに良かったです。

それに私個人としてはやっぱりスペイン語かイタリア語のラテン系語学は喋りたいと思いました。ここのところ頓挫してるイタリア語の勉強をほんとにちゃんとやろうと思いました。

女性はこう美しくないとねーとかスペイン語ももっと話したいとか、私はこの映画で感化されることは多かったです。

それにしても映画を見終わって、お手洗いに行って自分の顔を見たら、目に焼きついたペネロペの顔の残像と比べて自分の顔がやたらシンプルなウッスい顔に感じました。ショック。

|

« マティーニ・オン・ザ・ロックスで乾杯 | トップページ | あの隠れ家カフェが... »

コメント

『ボルベール』私も観に行きたいと思いつつ、
このままだと、いつものDVD待ちをしそうです。

ベネロペ・クルス、なんだか化けましたね。
どんどん奇麗になっていくなあ、と羨ましい限りです。

投稿: ケトル | 2007年7月11日 (水) 23時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122323/15690367

この記事へのトラックバック一覧です: ボルベール見ました:

» 「ボルベール・帰郷」彼女のレストランへ行けば陽気な笑顔がある [soramove]
「ボルベール・帰郷」★★★★ ペネロペ・クルス主演 ペドロ・アルモドバル主演、スペイン、2006年 真っ赤なドレスに華やかな笑顔、 こんな人が厨房やホールに出て 客をもてなせば、店は賑わうだろうな。 見ていて、ひょんなことから 以前働いていた店で料...... [続きを読む]

受信: 2007年9月20日 (木) 08時11分

« マティーニ・オン・ザ・ロックスで乾杯 | トップページ | あの隠れ家カフェが... »