« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月23日 (金)

せつない話

19631412  久しぶりに村上春樹の『国境の南、太陽の西』を再読しました。

 たぶん、前回読んだのは4年前くらいだと思います。読んでいるうちに、「そういえば、こんな話だった。」と思い出したりもしたのですが、結末がなんとなく思い出せないまま読んでました。

 先日、最後まで読みましたが、なんともせつない話でした。

 はじめの方は主人公の”僕”が小学生のときに、転校して近所に住んでいた島本さんと出会い、心を通わせていくようすが描かれています。それもちょっぴり村上春樹らしく、小学生なんですが二人でクラッシックを聞いたり、ナット・キングコール(”国境の南”というタイトルはナットキングコールの曲からきてるようです。)やビング・クロスビーのレコードを聴いたりして過ごすんです。淡い恋心のまま、中学生になって学校が違ってしまったことからなんとなく疎遠になって、そのまま大人になるまで会わずじまいになってしまいます。その後、会わなくなってしまったことが間違いであったことを”僕”は気づくのですが、時はどんどん過ぎていきました。

 高校生の時の恋人イズミや大学生活、社会人になってからの生活が描かれ、妻となる有紀子と出会い30歳で結婚します。島本さんのようなとびっきりの美人ではありませんでしたが、”僕”は彼女に”理不尽なくらい”引かれ、彼女の顔だちの中にはっきりと「自分のためのもの」を感じることができたそうです。幸せに暮らし、娘も二人でき、義父の資金援助を受け、青山のバーをオープンして、経営も順調で、不自由のない生活を送っていました。

 青山のバーが雑誌に載ったことをきっかけに同級生たちが何人か訪れ、少し経ってから島本さんがそのバーに現れました。

 それからがこの話の核になるわけですが、この先は読む方もいると思うのでやめておきましょう。うー、気になるでしょ。読んでください。

 ”僕”はひとりっ子で、島本さんもひとりっ子で、初めて”僕”が必要だと思い、彼女も”僕”を必要としていたわけで、”僕”が初めて愛情を感じた人でもあった訳で、そんな人と再会したら、心が揺さぶられずに済むわけがないわけなのですが....。二人にはあまりにもその間に時間が経っているわけなのですが....。なんとも切ない話です。

 4年前に読んだ時はこんなに切ない話だとは感じなかった気がします。なんとなく、村上春樹のわりにファンタジーに入りすぎず、リアリティがある話だという印象はあったのですが...。自分がこの4年の間に少し大人になったせいか、人を愛することというのをより深く理解したせい(ちょっと言いすぎ..?!)か、今回は強く伝わってくるものがありました。

 それにしても、”僕”が島本さんとの思い出を語るときに、行間に温かさや優しさに溢れているのです。村上さんらしいなと思ってしまいました。それがなおさら、せつなさを強くさせるのかもしれません。

 ぜひ、読んで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月18日 (日)

恒例のかねまつ市

 先週の木・金に恒例の有楽町交通会館で行われた”かねまつ市”に行ってきました。

 本当は今回、行かないつもりでしたが、昼休みに近くを通りかかることがあって、会社の友人と立ち寄ってみました。

 かねまつの靴自体は私の欲しい物はなくて、帰ろうかと思っていたところ、端の一角に”MASUMI”の靴が扱っているではありませんか...。この”MASUMI”という靴屋さん、ご存知じゃない方も多いと思いますが、とてもアーティスティックで、個性的な一点もの感のするような靴が多いんです。私の購入したのは、そのなかでも結構ベーシックなデザインのものです。

200710_004  今まで私が気づかなかったのか、扱っていなかったのか、今回初めてかねまつ市で”MASUMI”の靴を見ました。友人が見つけてくれたんです。その彼女とランチのときに、いつも銀座2丁目メルサを通りかかるたびにショーウィンドーを覗いてりして、そのお店に立ち寄ったりしていたんです。それで、以前に試着までしたことのあった靴を見つけたので、早速買ってしまいました。

色はブルー&グレー。ちょっと難しそうでもあるコンビの組み合わせですが、お気に入りになりそうです。

簡単ですが、”かねまつ市”報告でした。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年11月12日 (月)

芸術の秋

Philadelphia  今週の日曜日は、上野の東京都美術館の”フィラデルフィア美術館展”に行ってきました。思いのほか、良かったです。さほど点数は多くありませんが、特に印象派のコレクションは良かったと思います。先日、イルドフランスのツアーで、印象派のこと、カミーユ・ピサロやモネなどのことをみっちり勉強していったので、今回はこの美術展も実りあるものになりました。特に印象派のなかで良かったのは、ピサロが後輩であるスーラから影響を受けて書いた点描画”夏景色、エラニー”や、モネの睡蓮ではないノルマンディーのエトルタの海を書いた”マヌポルト・エトルタ”はとてもよかったです。

本来はエコール・ド・パリの画家が好きな私ですが、今回はエコール・ド・パリの作家で私の好きなモディリアーニは1点のみ。エコール・ド・パリを見たい方にはあまりお薦めできないかもしれないです。

Head_logo_2  そもそも、写実主義や印象派の風景画を中心とした絵画というのは、フランス本国ではその当時、あまり人気がなく、アメリカで人気があったということで、バーンズコレクションで知られるバーンズなどが意欲的にコレクションしたりしたので、印象派のいい作品がアメリカに流出しています。もちろん、パリのオルセーにはたくさんの素晴らしい印象派の絵画がありますが、個人的感想ですが、オルセー美術館展などが来ない限りは、なかなかこれだけの印象派の作品は日本には来ないのではないかと思ったのですが、そう思ったのは私だけでしょうか...。

それからフィラデルフィア美術館って、神殿風の建物で”ロッキー・ザ・ファイナル”でロッキーが犬を連れて階段を走ってたところですよ。結構、馴染みがあるかも......。

ここのところ、国内外問わず美術館に行くことが多かったのですが、こういう秋の過ごし方も、たまにはいいですね。芸術の秋、いかがお過ごしでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月10日 (土)

「そうだ、村上さんに聞いてみよう」

Murakami_2 「そうだ、村上さんに聞いてみよう」と世間の人々が村上春樹にとりあえずぶっつける282の大疑問に果たして村上さんはちゃんとこたえられるのか?

という題名の、村上春樹さんがサイトで質問に答えたものを編集した本を読みました。

これは読書談義や映画談義、恋愛談義他さまざまなことを話す友人が貸してくれました。

その人らしく、この282の疑問の中で同感だと思ったところや私のことを言ってるみたいだというところに付箋をつけて、注釈をつけて貸してくれたんです。そういう本の読み方も楽しいものですね。

そう注釈をつけてくれたところは、なんとなく無下に出来ない気がして、コピーを取って、そのままマイ感想文ノートに復元して取っておきました。

いくつか私自身が”そうかー”と思ったところがあって、以下に少しだけ書きたいと思います。

大疑問121 ”愛し愛されることは人生で大切か?”

その答えに村上さんは”(中略)もし、人を愛したり愛されたりすることが、人生にとって大事なことでないのだとしたら、「人生にとって大事なこと」っていったい何なんでしょうね?僕にはちょっと想像できません。” と答え、ドストエフスキーの言葉「人生における地獄とは、人を愛せないことだ」と引用しています。それを読んで、やっぱり村上さんにはあったかい血が流れてると思ったわけです。予想していた答えでほっとしました。

大疑問133 ”女の40歳はどうなるか?”

その答えに村上さんは”(中略)はっきり言いまして、女性は40代で差がつきます。男性の場合よりも、「残る人」と「落っこちる人」の差が歴然としてきます。でもそこで残った人って、ほんとに素敵ですよね。すごく魅力的です。そのへんにはまると、20代の女の子なんて・・・・・と言うことになります。僕の考える「残る」ための三つポイントは、

①自分に甘えない

②でもかりかりしない

③そして大きく出ない

ことです。「大きく出ない」というのは、ちょっとわかりにくいかもしれませんが、けっこう大事なんです。がんばってくださいね。” ノートにメモりたくなりました。私も「残る」ために気をつけようと思います。

あとは男性の読者の方へ、お薦めなのがあります。

大疑問153 ”「私のどこが好きか100言って」と言われたら?”

その答えに村上さんは”(中略)「そんな甘いことを言ってるトシじゃないだろうが」と思っても、「よしきた!」と101並べるのが男です(少なくとも、僕ならそうします)。女性はいくつになっても女性であって、トシなんか関係ありません。勉強してください。ほんとですよ。” たしかにそうなんです。女の人はこうやって答えて欲しいです。さすが、村上さん。

大疑問209 ”「今まで何人と寝た?」と聞かれたら”

その答えに村上さんは”こんにちは。僕なら「2638人」とか言うと思います(笑い)。そういうのって、本当のことを言ってどうなるというものでもないですよね。あるいは、「十分なだけ。こうして君に会えたから、もう十分なんだ」というのが、かっこいい答えです。(後略)”   そうです。正直に答えるバカはいません。実は”100人斬り”だとしてもそんなことは言ってもしょうがないのです。

他にもたくさん同感だと思うことがありました。友人に借金を頼まれたときの対処方法も同じだし、万人に愛されようと思うと誰にも愛されないというのも、まったく同じことを思って私も生きてきたので、なんだかシンパシーを感じちゃいました。

とにかく読んでみてください。村上さんのユーモアが溢れていて、たまに軽くながしつつ、冗談を入れていて、肩の力が入らずに書いてますから、あまり真剣に読みすぎず楽しんでくださいね。

結構笑えました。これをネタに友だちと談義するのもよさそうです。ほんとですよ。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年11月 4日 (日)

ゴヤール報告

20071009_ile_de_france_058_2  10月17日パリでのフリータイムにマドレーヌ広場のピナコテークの”スーチン展”に行ったついでに、GOYARD(ゴヤール)に行ってきました。

今回は特に何かを買うという目的をはっきり持っていたわけではないのですが、いつもの悪い癖で行ったからには何かを買わなくては!と思ってしまって...。身の回りの持ち物を思い出して、以前誕生日に友人からもらったエピの黄色の定期入れがもう中がボロボロになってしまっていたのを思い出し、結局、黒の名刺入れを買いました。

全色揃っていたので悩みましたが、私が買ったのは黒×黒(内側カラーも黒のもの)で、通常黒×茶が普通らしく、これはスペシャルオーダーなので230ユーロだということでした。

いまはユーロ高なのに、なんとなく高いと言ってもせめて150円くらいの漠然とした感じで計算してしまうのが良くないのですが、実際の請求が怖いところです。以前も何回か訪れていますが、時間のせいなのか、ユーロ高のせいなのか、いつもは日本人のお客さんが何人かいるのに、その日は私だけでガラガラでした。

20071009_ile_de_france_068_2  ちなみに参考程度に230ユーロというと(168円換算)で38,640円でそこから約30ユーロ免税なので実際のところ、200ユーロで33,600円。うーん、けして安くはないのですが、とても気に入っています。私にとっては意味のある記念の小物でもあるのです。

参考までに、ゴヤール報告でした。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年11月 1日 (木)

”午前4時、東京で会いますか?”

200710_001 なんてロマンティックな題名なんだろうと思って...。本屋で偶然に手にとってしまいました。

先日の神田古本まつりのブログの時に、本との出会いについて少し書きましたが、この本のロマンティックな題名に惹かれて、そして、男女2人の往復書簡というスタイルの本というのも好きなので、なんとなく買ってしまいました。

パリ在住の中国人でフランスの小説家であるシャンサ♀と、日本在住でフランス人のシャネル日本法人の社長であるリシャール・コラス♂のフランス語で書かれた往復書簡を(もちろん日本語に)訳した本です。

最初はロマンティックな題名に惹かれた私は、多分『錦繍』のようなちょっと切ないよう往復書簡なのかと思っていたのですが、それは違いました。

はじめはシャンサの生まれた中国とリシャールの過ごしたモロッコとフランスについて書かれて、どちらかというと比較文化論的な本だと思っていましたが、実体験に基づく話はとてもリアルに伝わってきて、中国とフランスで時代も生まれた場所も違う二人なのに共感できる、そんな何かがあるのです。そして、文化大革命の頃、それの余波を歪曲しながら受けた、離れたヨーロッパにあるフランスについては興味深くもあります。

”本との出会い”ということに話を戻すと、たまに偶然かもしれませんが、中身を全く知らない本なのに、今気になっていることがちょうど本に出てきたり、まるで自分と同じタイプの人が出てきたり、時には同じ悩みを抱えている主人公が出てきたりして、今の自分が読むべくして読んだという本に出会うときがあります。まるで第六感が働くようです。

この本もそんな第六感を感じる本でした。本を開いた瞬間にホテル・ルテシアで2人がこの本の打合せをしたという行。ついこないだある人が私にパリのホテル・ルテシアの話をして、私はパリのホテル・ルテシアがどこにあるか知らなかったので、ちょうど調べていたところだったのです。その人の話すことは私にとってはいつも気になることなので、なんだかちょっとしたことなのですが、他ならぬ縁みたいなものを感じたのです。

あともう一つは北京出身のシャンサですが、彼女のお祖母さんが満州に住んでいて、彼女はかつて日本将校が住んでいたというお祖母さんの家や満州から日本文化と触れあっていたのでした。私の祖父母は満州に行っていたという話をよく聞かせてくれました。日本が太平洋戦争で焦土化していく中で、満州は近くにソビエトの脅威があったものの、祖父母は満州人の人の温かさに触れ、引揚げ船に乗るとき以外の満州での生活は祖母曰く、とても穏やかで豊かな生活だったと言っていました。私は祖母から戦争の恨み言も中国や中国人の悪口を聞いたことはありません。ただ記憶に残るのは満人(祖母はそう言っていました)の人に本当によくしてもらったという言葉ばかりです。

シャンサと私自体が同世代で、満州国のことも知らない世代なのですが、そのシャンサの祖父母の話から、私の祖父母(もちろん父も)生きた満州というところを私もシャンサが感じたように、感じ知りたいと思うわけです。

そんな風に、この本は私に読まれたかったのではないかと思い、この本に出会ったことに少なからず縁を感じるわけです。

皆さんもそんな体験があるのではないでしょか?この本をさらに読み進めるのが目下の私のささやかな楽しみです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »