« ゴヤール報告 | トップページ | 芸術の秋 »

2007年11月10日 (土)

「そうだ、村上さんに聞いてみよう」

Murakami_2 「そうだ、村上さんに聞いてみよう」と世間の人々が村上春樹にとりあえずぶっつける282の大疑問に果たして村上さんはちゃんとこたえられるのか?

という題名の、村上春樹さんがサイトで質問に答えたものを編集した本を読みました。

これは読書談義や映画談義、恋愛談義他さまざまなことを話す友人が貸してくれました。

その人らしく、この282の疑問の中で同感だと思ったところや私のことを言ってるみたいだというところに付箋をつけて、注釈をつけて貸してくれたんです。そういう本の読み方も楽しいものですね。

そう注釈をつけてくれたところは、なんとなく無下に出来ない気がして、コピーを取って、そのままマイ感想文ノートに復元して取っておきました。

いくつか私自身が”そうかー”と思ったところがあって、以下に少しだけ書きたいと思います。

大疑問121 ”愛し愛されることは人生で大切か?”

その答えに村上さんは”(中略)もし、人を愛したり愛されたりすることが、人生にとって大事なことでないのだとしたら、「人生にとって大事なこと」っていったい何なんでしょうね?僕にはちょっと想像できません。” と答え、ドストエフスキーの言葉「人生における地獄とは、人を愛せないことだ」と引用しています。それを読んで、やっぱり村上さんにはあったかい血が流れてると思ったわけです。予想していた答えでほっとしました。

大疑問133 ”女の40歳はどうなるか?”

その答えに村上さんは”(中略)はっきり言いまして、女性は40代で差がつきます。男性の場合よりも、「残る人」と「落っこちる人」の差が歴然としてきます。でもそこで残った人って、ほんとに素敵ですよね。すごく魅力的です。そのへんにはまると、20代の女の子なんて・・・・・と言うことになります。僕の考える「残る」ための三つポイントは、

①自分に甘えない

②でもかりかりしない

③そして大きく出ない

ことです。「大きく出ない」というのは、ちょっとわかりにくいかもしれませんが、けっこう大事なんです。がんばってくださいね。” ノートにメモりたくなりました。私も「残る」ために気をつけようと思います。

あとは男性の読者の方へ、お薦めなのがあります。

大疑問153 ”「私のどこが好きか100言って」と言われたら?”

その答えに村上さんは”(中略)「そんな甘いことを言ってるトシじゃないだろうが」と思っても、「よしきた!」と101並べるのが男です(少なくとも、僕ならそうします)。女性はいくつになっても女性であって、トシなんか関係ありません。勉強してください。ほんとですよ。” たしかにそうなんです。女の人はこうやって答えて欲しいです。さすが、村上さん。

大疑問209 ”「今まで何人と寝た?」と聞かれたら”

その答えに村上さんは”こんにちは。僕なら「2638人」とか言うと思います(笑い)。そういうのって、本当のことを言ってどうなるというものでもないですよね。あるいは、「十分なだけ。こうして君に会えたから、もう十分なんだ」というのが、かっこいい答えです。(後略)”   そうです。正直に答えるバカはいません。実は”100人斬り”だとしてもそんなことは言ってもしょうがないのです。

他にもたくさん同感だと思うことがありました。友人に借金を頼まれたときの対処方法も同じだし、万人に愛されようと思うと誰にも愛されないというのも、まったく同じことを思って私も生きてきたので、なんだかシンパシーを感じちゃいました。

とにかく読んでみてください。村上さんのユーモアが溢れていて、たまに軽くながしつつ、冗談を入れていて、肩の力が入らずに書いてますから、あまり真剣に読みすぎず楽しんでくださいね。

結構笑えました。これをネタに友だちと談義するのもよさそうです。ほんとですよ。

|

« ゴヤール報告 | トップページ | 芸術の秋 »

コメント

なるほど~と思うものばかり。
読んでみたいと思いました!
でも、私のどこか好きか100言って
という機会は一生無いと思うわ~
俺のどこか好きか100言え とかいわれたら、逃げるね・・・

投稿: MAP | 2007年11月11日 (日) 21時32分

MAPさん
なかなか面白いでしょ。図書館で借りてみて。
たしかに、自分で言うことを全く想定してなかったけど、自分がそういう質問することは、この先もなさそうだわ。

投稿: うめめだか | 2007年11月11日 (日) 22時13分

これ、おもしろうそうですね。
「女性は40代で差がつく」……うーむ、心に刻んでおきます。
それにしても、「十分なだけ。こうして君に会えたから、もう十分なんだ」なんて、まるで村上さんの小説の世界そのものではないですか。
私も村上さんにいろんなことを聞いてみたくなりました。
とりあえず、本を手にとってみます。
ご紹介、ありがとうございました。

投稿: Kate | 2007年11月11日 (日) 23時23分

40歳で差がつく!かぁ・・・
そうだね♪そう考えながら生きるのと、年だぁ・・ってすごすのと絶対差がつくね!
大きく出ないかぁー。
私たちが40になる頃は、それなりに経験積んで大きくでたくなるのかな?
気をつけましょう、お互い\(^▽^)/

投稿: みっきぃママ | 2007年11月12日 (月) 23時20分

kateさん
コメントをありがとうございます。
「女性は40代で差がつく」……うーむ、心に刻んでおきます。
>私も心に刻みました。
それにしても、「十分なだけ。こうして君に会えたから、もう十分なんだ」なんて、まるで村上さんの小説の世界そのものではないですか。
>ですよね。まさに彼の世界、彼の描く主人公そのものですよね。こういう男性に会ってみたい。


みっきーママ
40まで結構間もないって、知ってた?
「残る」ように頑張ります。あまり、最近自信がないわ。

投稿: うめめだか | 2007年11月12日 (月) 23時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122323/17034275

この記事へのトラックバック一覧です: 「そうだ、村上さんに聞いてみよう」:

« ゴヤール報告 | トップページ | 芸術の秋 »