« せつない話 | トップページ | お気に入りのショップになりそうです... »

2007年12月 1日 (土)

裏パリを読む

200710_003  先日、紀伊國屋でぶらぶらしつつ、外国の小説を扱ってるコーナーを見ていたところ、目に飛び込んできたのがこの”くそったれ、美しきパリの12ヶ月(A year in the MERDE)”。

 読んでみたら、とっても面白い。イギリス人の主人公ポールがあるフランス企業に、フランスでの英国式ティーサロンの事業展開のためにヘッドハンティングされて、単身パリでの生活がはじまり、それをチャンスに「フランスの女性がはく申し分のない下着」に興味津々の彼の私生活が始まるというストーリー。

 実話のような小説で、著者スティーヴン・クラークがたった200部を自費出版したところ口コミで広がり、フランスの新聞の書評に載ったことからベストセラーになったとのこと。

 フランスならではの生活、恋愛、価値観。イギリス人の彼から見ると、はじめはとっても異文化に感じるが、そこで生きていると自分がそんな生活になじんですっかりパリジャンになりはじめている。

 リズムが良くて、面白い。先日ウッディ・アレンの”タロットカード殺人事件”を見たけれど、そのスピード感と、ウィットに富んだ感じは何か通じるものがあるかも。

 続編”Merde Actually”(題名はラブアクチュアリーのパクリとも...)もイギリスではペパーブックで出版されているようですが、残念ながらまだ日本では翻訳版が出ていません。早く読みたいところ。

 私がこの本をいいと思うところは、日本語版の初版が出たのが2006年1月。だから、わりにタイムリーなフランスの政治、パリの話が描かれているのが古さを感じなくて、今を読んでいる気がして、とてもいい。

 結構、笑えます。

|

« せつない話 | トップページ | お気に入りのショップになりそうです... »

コメント

お久しぶりです。
この本、気になっている一冊。
やっぱり面白そう!
フランスの出版事情は日本とは大きく違うようで、
クチコミも日本とは違ってベストセラー、ロングセラーになる
確実性があるようですね。
一過性でなくずっと読み続けられる本。
実際に原文で読めたらいいのに‥‥と思う私です(笑)
ますます、寒くなっていくこのごろ。
風など引かれませぬように‥‥。
そんな私は風邪っぴきです‥‥‥(笑)

投稿: mine | 2007年12月 1日 (土) 18時36分

mineさん
 ご無沙汰です。出版事情違うんですね。でも読むとベストセラーになるのが、わかるような読みやすい、ウィットに富んだ本で、お薦めです。続編を原文で読むことも考えましたが(といっても英語ですが)読み終わるよりも、翻訳版が出るほうが早そうなので、やめておきます。(笑)
 風邪を早く良くして下さいね。ご自愛くださいますよう。

投稿: うめめだか | 2007年12月 1日 (土) 23時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122323/17239504

この記事へのトラックバック一覧です: 裏パリを読む:

» 夢いっぱいに生きる [本のようにページをめくる]
世界で一つのマイブック。Illustrator講座付本の作り方 [続きを読む]

受信: 2007年12月 5日 (水) 08時31分

« せつない話 | トップページ | お気に入りのショップになりそうです... »