« 自家製オレッキエッテ | トップページ | 泣く大人 »

2008年3月 4日 (火)

実家に帰る

 2泊程で実家に帰ってました。といっても実家まで1時間ちょっと、そんなに遠くありません。実家にたまに帰るとほっとする場所だったのに、出産のために2ヶ月程、この後本格的に帰るのかと思うとかなり気持ちが沈みました。

 実家を離れて何年か経ちますが、すでに私の部屋は納戸になっていて、2ヶ月帰るとなると相当な荷物を持っていかなくてはならず、リモアの特大スーツケースに入れても足りないほどの荷物をとりあえず持っていきました。

 今は、まがいなりにも自分の気に入ったものに囲まれて過ごしているので、とても不便を感じてしまったのです。たとえば、ずっと使っているベッドとか、日当たり良い居間のソファーとか、CATVとか、ボサやJAZZのたくさんのCDとか.....たいしたものではないけれど...。

 そんな訳で今日はパスポートの更新もあるのでと言うことで、早々に実家を引き上げてきてしまいました。

 いまさらですが、実家を出るときにベッドや家具を置いてこなかったことを後悔しました。別に問題ないなら、部屋は取っておいてもらうべきだと思いました。いやもしかするとそれがないからこそ、積極的に戻らなかったのかも知れないし、どちらがいいとはいえませんが....。

 もはや実家は私の居場所ではないのかもしれません。ちょっと寂しくもあり、私の役を取って代わってくれたチワワのチコにほっとしたり、複雑な気分です。

Nec_0039  話はまったく変わりますが、帰りがけにここのところ、バッテリーも切れやすくなって気になっていた携帯電話を約2年ちょっとぶりに機種変(ドコモ)をしました。ノキアのと悩みましたが結局amadanaデザインのN705iにしました。色はまたオレンジにしました。

amadana(アマダナ)とは2002年に田部井雅基氏、熊本浩志氏、鄭秀和(てい しゅうわ)氏の3人を主要メンバーとして、「美しいカデン」を実践するブランド。 日本ならではの、生活様式と美意識とテクノロジー。この三者が掛け合わさって生まれたamadana(アマダナ)の家電シリーズは、リアルなデザインを好む大人に支持されています。 ←だそうです。

 ついでに契約プランの見直しも気になっていて相談したら、いままで毎月4,000円くらい無料通話料、パケットパックが余っていたのはかなり無駄ということで毎月のコストが2,500円くらい削減できました。それで電話機を金利なしの分割払いにしたので、今までと支払いはほとんど変わらずに購入できました。

 お店の人いわく、料金プランはしょっちゅう新しくなるので、2ヶ月に1回くらいはチェックしなおしたほうがいいですよというアドバイスでした。

 いままで見す見す通話料等を無駄にしていたんだと思いました。反省。みなさんもこれを機に料金プラン見直してはいかがでしょうか?

|

« 自家製オレッキエッテ | トップページ | 泣く大人 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122323/40369874

この記事へのトラックバック一覧です: 実家に帰る:

« 自家製オレッキエッテ | トップページ | 泣く大人 »