« 春を待ちながら... | トップページ | 『神様のボート』 »

2008年3月27日 (木)

私のネタ帳

 今日も天気が良くて、桜はあっという間に七分咲き程になってしまいました。考えてみれば桜の時期になると、花見にいったり、開花具合が気になってしょうがなくなったのは20代後半に入ってからかもしれません。学生の時にはそんな桜に興味がなかった。ワビサビのわかる大人になったということでしょうか?

2008032710510011  話は変わりますが、銀座のitoyaで以前から使っている、手のひらサイズの、方眼のメモ用紙が入ってる手帳が終わってしまったので、色違いのを買いました。スペインのメーカーなのだそうですがMiquelrius(ミケルリウスと読むのかな?)のFLEXIBLE NOTEBOOK。

 先日書いたとおり、今一番左のスケジュール帳を使っているのですが、メモスペースが少ないので、この手帳をメモとして使っています。

 この手帳はちょっとしたことを書き留めるのにとっても便利。病院で雑誌を読んでいて、いい情報が載っているとメモしたり、気になる広告を張っておいたり、読み終えた本のあらすじと感想をその場で書いたり、とっても重宝しています。

 今、実家にいるので、父のPCを時間的に思うように使えないこともあるので、先日読み終えた本の感想文なんかもこの手帳にメモしています。たとえば江國さんの小説『ウエハースの椅子』を読んで、気になった言葉で

”私が学んだ数少ないことの一つに、ひとはどんなふうにでもあれる、ということである。”

とか、主人公の”私”の恋人が言った「僕はあなたと、世界中の星を見たい。」という言葉なんて、素敵だなと思って、思わず書き留めたりしてしまいます。

 そんな風にこのメモ帳を使っているので、私にとってはちょっとしたネタ帳でもあるのです。落としたりして見られたくないものでもありますね。

 525円で安いのですが、手触りも良くて私のお気に入りです。

|

« 春を待ちながら... | トップページ | 『神様のボート』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122323/40651257

この記事へのトラックバック一覧です: 私のネタ帳:

« 春を待ちながら... | トップページ | 『神様のボート』 »