« 私のネタ帳 | トップページ | 『アルケミスト 夢を旅した少年』を読みました »

2008年4月12日 (土)

『神様のボート』

Kamisama  ご無沙汰してました。

 先日、江國香織さんの『ウエハースの椅子』を読みましたが、そのあとすぐにこの『神様のボート』を読みました。

 主人公は草子という少女とそのママである葉子。二人の考えていることが交互に展開されるという形で描かれています。

 昔、桃井先生と結婚していたママは”あのひと”と”骨ごと溶けるような恋”をして、桃井先生と短い結婚を終わりにして、草子を産んだ。「俺はかならず葉子ちゃんを探し出す」といった草子のパパである”あのひと”を待って引越しを繰り返す。でも東京を離れてほしいといった桃井先生との約束を守って、東京を16年離れて転々としていた。

 そんな風にして二人で生きていたが、やがて草子が高校で寮に入ることになり、二人は転機を迎える。ママは東京の桃井先生に約束を守れないことを言いに行き、東京に戻ることを決めた。

 そのあとは書きませんが、とても静かでありながら、甘くもありながら、葉子のストイックさにちょっと危険な匂いも感じる小説です。それにしても”骨ごと溶けるような恋”という表現がなんとも甘やかで、素敵だと思いました。”あのひと”に再び出会うまで、馴染まないように生きる葉子は狂気でもある訳だけれども、そんな風に生きられる葉子の人生を羨ましくも思ってしまう人も多いのではないかと思います。

 これを読んだら、この小説が私の中での江國作品のNO1に躍り出ました!

 ちなみに、私の中での江國作品のランキングは(あくまでも今のところですが)

第1位 神様のボート

第2位 ウエハースの椅子

第3位 東京タワー

になりました。勝手ながら...。

 『神様のボート』を読み終わって、今ネタ帳に使っている黄緑の小さいノートに読書感想文を書いて、その二日後の4月3日深夜に突然産気づいて、病院に直行。吸引分娩をせざる得なくなりましたが、朝8時過ぎに無事に男の子を出産しました。

 この子がずっとお腹の中で辛抱していた子なんだと感慨深いものがありました。赤ちゃんってものが、ちゃんとは想像できていなかったのですが、想像以上に可愛くて、スポイルし過ぎないように...と早々と心配もしています。もし私が神様のボートに乗ることがあったらこの子と乗るんだなって思いました。

 心配していただいた皆さんに本当に感謝しています。ご報告まで。

200803291244000

←『神様のボート』にも出てくる北の丸公園の入口からの桜

|

« 私のネタ帳 | トップページ | 『アルケミスト 夢を旅した少年』を読みました »

コメント

うめめだかさん、お久しぶりです! 今日は図書館に行くつもりでいましたので、この記事はとても嬉しいタイミングhappy01 ここ最近は料理書ばかり借りていましたので、私も江國さんの本を探してみます。
そして。 お子様のご誕生carouselpony、おめでとうございます!
最後にさらっとご報告されるなんて、いかにもうめめだかさんらしいですねwink 

投稿: マダム ジェイド | 2008年4月12日 (土) 13時51分

わぁあ!!

おめでとうございますhappy01

そしてお疲れ様でした。とりあえずは一安心。
babyもママも元気そうでよかったです。

しばらくは体力的に大変ですがかわいいbabyといっしょです。

育児楽しんでくださいねぇhappy02paper

投稿: rumah | 2008年4月12日 (土) 20時36分

オメデトウゴザイマス。
なんだか、うめめだかさんにこう言うのは、恥ずかしいようでもあり、なぜかこっちが照れくさくなるような心境です。
でも、この文章と、小説と、出産と、それだけで感じさせてくれる何かがあったし、心から、心を込めて、祝福の言葉を贈りたいです。
密かにママになる心の準備を、女である強い生き方を密かに心に秘めている、うめめだかさん。
これからも、思いきって自分らしくニュートラルでいて下さいね。
江國さんの本は、なぜか「恐くて」なかなか読めずにいます。
まだ一冊も手に取っていません。正直言いますと。
恐いのはおそらく女性らしさ、その強さに引かれているからだと思います。
話は変わりますが、一年くらいまえ、友人が出産をしました。
その子を見て、私は神の子だと思い、それを日記にしたためました。
偶然にも、そう感じているものがあるのだと思ったら不思議な縁を感じました。

投稿: mine | 2008年4月13日 (日) 00時52分

マダムジェイさん
ありがとうございます。図書館で借りられましたか?江國さんのは結構人気があるので、貸し出し中ということも多いのですが。
子供の将来を考えながらも自分の将来も考えつつ、がんばります。

rumahさん
ありがとうございます。育児を楽しむまでに少し時間がかかりそうですががんばります。

mineさん
ありがおつございます。江國さんの作品はさらっとしていますが、こんな女性になりたいなって思う女性が描かれていたります。
神の子の話ですが、私も自分の中から、生まれてくるまではその命というものに確信が持てなかったのですが、生まれてみてまさに神様が私に授けてくださった命だと言う気がしています。まさに神の子ですね。自分もそういう風にして生まれたんだということも、たまには思い出してみようと思いました。

投稿: うめめだか | 2008年4月13日 (日) 16時09分

ご出産おめでとうございます!!!
すでに妹経由でこの嬉しいニュースを聞いていました。
嬉しくて夫にも報告したんですよ~。

母子共健康な様子でよかったです!
これから体力的、時には精神的にも大変なことがあるかと思いますが、がんばってくださいね!
近い将来、可愛い赤ちゃんを拝見できることを願っています!

投稿: samanta | 2008年4月14日 (月) 05時55分

samantaさん
ありがとうございます。
おかげさまで、母子ともに元気です。でも傷が未だに痛いのですが、そのくらいは我慢しないと、ですね。
これからいろいろな悩みに直面すると思いますが、がんばります。近々ご帰国というお話を伺っています。お会いできるといいなと思っていたところです。
日本もだんだんと暖かく、いい季節になってきました。昨日気が早いのですが、ベビーカーを購入してしまいました。早く外歩きしたいです。

投稿: うめめだか | 2008年4月14日 (月) 14時37分

元気に退院されたようですね~
赤ちゃんとの生活、ペースをつかんできましたか?
うめめだかさんと赤ちゃんに会える日を楽しみにしてます。
どっちに似ているのかな~?

投稿: MAP | 2008年4月14日 (月) 14時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122323/40855700

この記事へのトラックバック一覧です: 『神様のボート』:

« 私のネタ帳 | トップページ | 『アルケミスト 夢を旅した少年』を読みました »