« 『ノルウェイの森』、3度目の再読 | トップページ | 新旧PATRICK »

2008年9月 4日 (木)

余った桃の活用法

 余ったものの活用法シリーズ(?)、結構久しぶりです。

200808310939000  今回は桃。黄桃をもらったのですが、余ってしまって。子供の頃好きだった、牛乳かん(寒天に牛乳をいれたもの)とあわせるものとして、ほんのり甘い、コンポートを作ってみました。

<コンポートの作り方>

桃4個、グラニュー糖150g(私はグラニュー糖50gと蜂蜜を入れて甘さ控えめで作りました)、水600CC、レモン汁大さじ2

1、桃は水洗いして、鍋にグラニュー糖、水を入れて中火にかけ、グラニュー糖がとければ、桃とレモン汁を入れます。

2、煮立ったら火を弱め、浮いてくるアクをとり、キッチンペーパーに穴を数ヶ所あけ落とし蓋にし、軽く煮立たせながら煮ます。

3、二~三回ひっくり返しながら煮ます。竹串がすっと通れば火から落とします。

4、アラ熱が取れたら、3,4時間冷蔵庫で冷やし、そっと皮を剥きます。

 私はコンポートの液を利用して、鍋で寒天を溶かし、牛乳を加えました。(寒天の分量は購入した寒天のパッケージを参照してください。)

200808311146000  コンポートにすると、黄桃の桃の色が冴え冴えします。出来上がりは、まるで黄桃の缶詰みたい。当たり前か...。

 ちょっと、昔懐かしい、シンプルなデザートになりました。

 やさしい味の、夏向きデザートです。

|

« 『ノルウェイの森』、3度目の再読 | トップページ | 新旧PATRICK »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122323/42379481

この記事へのトラックバック一覧です: 余った桃の活用法:

« 『ノルウェイの森』、3度目の再読 | トップページ | 新旧PATRICK »