« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月24日 (火)

ルー語でスタディー!

200902241542000  ご無沙汰しています。週末には実家に帰っていましたが、この冬5度目の風邪をひきそうな予感がしたので、早々と自宅に帰ってきました。

 ここのところテンションが下がることが多かったので、風邪をひいたのかの知れません。そんなこんなで週末に高校時代の友人と久々会えたのに、なんとなく気もそぞろになってしまいました。でも、風邪がよくなったら、全て吹っ飛んで元気になってきました。

 今まで英語を使う業界にいながらも、英検2級をむかーーしにとった以来、TOEICさえ受けていなかった私。受けよう、受けようと思い、参考書も買っておきながら、途中うまく転職もできてしまったし、受けなかったのでした。ここにきて、仕事復帰はまだ先とはいえ、どうせ納得いくスコアはすぐに取れそうにないし、時間のあるときに何度か受けておかないと、と思い立ったのでした。以前購入した本を引っ張り出し、まずは単語の勉強。まったく、頭に入らないと思っていたところに、いい本を見つけました。

 その本はまるでルー語のように文が書かれていて、大事な単語を文章の内容を覚えながら、覚えていくというやりかたです。

 たとえば、上の画像のように、

”私の友人は長年アメリカに住んでいたが、先日ついに夢がかなってnaturalize(ナチュラライズ)され、合衆国のnationality(ナショナリティ)をacquire(アクワイアー)した。”

 ※naturalize 帰化させる、市民権を与える

 ※nationality 国籍

 ※acquire 取得する、獲得する

 なんていう文章が書かれています。まるでルー語みたいです。(笑)

 私も面白がって、上にラモスとか書いてみたりします。結構笑えるんです。これなら楽しく、勉強できそうです。

 改めて、”ルー語”(個人的にもラテンぽくって彼のこと、好きなんですが...)について調べたら、ルー語変換のHPを見つけました。それを使って書いてみると、結構面白いです。

 例文を書いてみましょう!(内容はフィクションです。)

A) 私のテンションが下がったのは、ある友人のせいだ。一緒に行くはずだったバレエのリサイタルをいとも簡単にキャンセルした。

B) マイセルフのテンションが下がったのは、あるフレンドのせいだ。トゥギャザーにゴーするはずだったバレエのリサイタルをいともシンプルにキャンセルした。

 ってなことになります。単語を覚えるために私もルー語をたくさん活用して、文章を作ってみようかなって思いました。

 いかがでしょう。こんな勉強法は...。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年2月10日 (火)

My DSi

200901270954000  以前、DSiが発売されてすぐに、購入したとブログに書きましたが、その後脳トレなど、ソフトも購入したり、甥や友人から借りたりしてやってましたが、大人は飽きるのが早い。子供の時のようにゲームにハマれなくなりました。

 そして、テレビでもれなくDSポイントがもらえるということでDSをうちの無線LANでインターネットにつなぎ、DSiショップを見たところ、WEBの無料ソフトが入っていたので早速入れて、ネットを楽しむことができるようになりました。

 友人のブログをちょっと見たかったり、ちょっと調べ物がある時にパソコンの前(ちょっと寒い所にあるので嫌なんです。)に座ることなく、寝る前にベッドで見たりできるのでとっても便利です。

 検索ももちろんできますし、コメントを書くこともできるのですが、タッチペンで入力するのでいまいちまどろっこしくて、入力には向きませんが、ネットを見るだけならとってもいいです。

200901270952000  ゲームをするという機能よりも、インターネットの閲覧と写真を撮るのがメインになっている気がします。でもこんな使い方の広がりがあるなんて、さすが世界の任天堂。

 カバーも980円くらいですが、丸みをおびてて、シンプルながらソフトの入るポケットもあるし、機能的でこんなに可愛いんです。

  私もよくやるんですが、暗い所で見ると目を悪くするのでお気を付けください。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年2月 5日 (木)

『P.S.アイラヴユー』読みました

200902051410000  先日、この本セシリア・アハーン著で林真理子訳(珍しいですね。)『P.S.アイラヴユー』を図書館から借りておきながら、あまり面白くないかな?とスロースタートだったために、返却期限までに読めずに面白くなってきた中盤のところで返却してしました。そして、今週になって手元に来たので、今度は一気に読みました。DVDのレンタル開始がもうすぐだと思うので、その前にぜひ読んでおきたいと思っていたのでした。とても読みやすい本でした。

 主人公のホリー♀は、愛する夫ゲリー♂を脳腫瘍で失い、失意の中暮らしています。仕事もなく、誰とも会う気もせず、家の中にこもる日々を過ごしていました。

 そんなある日、彼女の実家に亡くなったゲリーからの小包が届き、そこには封筒に入った10通の手紙がありました。

 そのゲリーからの手紙には毎月一通づつ開けるようにあり、彼女は毎月1日になると矢も盾もたまらずその封を切るのでした。そのカードには、まるで彼女の生活を見透かしたような彼女に対する短いけれど、心のこもったメッセージが書いてあるのでした。

Sub9_large  * * * *  *  * 

 彼女は手紙の言葉に導かれるように行動します。夏には手紙とともに、ゲリーはホリーにその親友のシャロンやデニーズとともにスペインのランサロテのバカンスを用意していたりします。彼の言葉によって彼女は少し背中を押され、生きていくことに前向きになろうとやっと思えるようになっていく過程がよく描かれています。

 そんなホリーを支えてくれた彼女の家族たちや親友シャロンとデニーズ、だんだんと気になっていくダニエルなど、周囲の人々との関係も読みどころでもあります。

 特に女友達であるシャロンとデニーズは常に彼女のそばで、親身に話を聞き、一緒に馬鹿ふざけをしてくれたり、女友達っていいなって思える存在です。ですが、シャロンの出産、デニーズの結婚を前にとても自分のことのように嬉しいのに、素直に喜ぶことができないホリーでもあります。そんな自分が時にはいやになり、友人とぶつかりながら、でも少しづつゲリーがいなくても生きていくということを模索していくのです。

 私が注目したのは、この女友達との関係。親友というのは常にライバルであるのかもしれません。いつもとても気になる存在で、いつでも同じ舞台で気になりながら過ごしていたい。よくわかりすぎるゆえにホリーのように複雑な気持ちを抱くのではないのでしょうか。

 ホリーは不特定多数の人に憐みの目で見られたり、慰められるのがいやで人目に触れず過ごしていました。でも近くに住んでいるのに、慰めに来てくれないなんて友達甲斐がないとも言います。改めて友人との関係、距離感というのは難しいと思ったのでした。

 状況は違えど、私も同じような気持ちになったことがあって、友人たちが子供を産み、母になっていく。とても嬉しいのに、素直に喜べない時期がありました。私の場合はそっとしておいてもらうことを望みました。だから、逆の立場だったら、そっとしておいてあげて、少し離れたところから見守ってあげるというのがいいのではないかと思っています。この話のホリーとは似ているところもあるけれど、ちょっと違う考えです。真の友人はそばにいるって思うんです。会えない時には心の中に。たとえ今は会えなくても友は戻ってくる。それぞれの友情の感じ方はさまざまです。私の友たちは理解してくれているだろうか、たぶんいるよね、と...。そんなことをこの本を読みながら考えました。

 話はそれましたが、そんな友人との関係や、だんだんと気になりだすダニエルとの関係も話の展開としては気になります。ホリーの約10か月という時間の経過を読むことで、結局は時間が物事を解決するんだと改めて感じるのでした。

 映画はどんな風に表現されているのでしょうか?気になるところです。

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年2月 1日 (日)

時間には限りがあるから…クイックメニュー

 こんばんは。また風邪気味です。今シーズン4回目の風邪模様。

 体調もいまいちなのに、先日IKEAで購入した4mの布でいろいろなカバーを作りたかったので、無理しつつ足踏みミシンと格闘していたのが良くなかったのかも知れません。でも、そんなときの私は止められません。

 最近、時間がないなとー思うことが多いです。やりたいこと、やらなければならないことが毎日山のようにあります。

 料理のプライオリティはそんな私にとってはあまり高くないのですが、休日の外食は好きではないので(会社帰りに食事に行くのは好きでしたが)、かなり毎日がクイックメニューです。

 先日黎さんからリクエストをいただいていた、夕食に作れる簡単メニューを今日は書いてみようと思います。私は料理が得意というわけではないし、そんなに情熱を注ぐつもりもないんですが、それでも簡単でおいしいものは食べたいので、ちょっとおこがましい気もしますが書いてみます。昨日の夜と今日の昼に作ったものです。野菜直売所でいいネギとしょうがを山ほどたくさん買ったし、風邪気味なので、風邪撃退メニューです。以下二つはオリジナルメニューなんで、気の利いた名前もないのですが...。

 私のクイックメニューの三種の神器は電子レンジ、圧力なべ、キッチンタイマーです。

200901311954001_2 <ネギの豚肉巻き>

薄切り肉に、短冊切りのようにほど長く切り、巻きます。片栗粉をつけて中火で焼き、最後に醤油、みりん、酒各大さじ1と多めのおろししょうがの合わせ調味料をかけ、水気を飛ばし出来上がり。

ネギのトロッと感としょうが焼き味がからみ、食が進みます。* * * * * * * * * *

200902011455000 <手羽先の海南鶏飯風ごはん>

 お米2合をとぎます。耐熱皿に手羽先2、3本とネギの青い部分、しょうが、水100cc、お酒大さじ2を入れ、電子レンジ5分ほどラップをして加熱します。圧力なべにといだお米と水+レンジした手羽先のゆで汁(合わせてお米と同量程度)、レンジした手羽先、粉末チキンスープ、醤油大さじ1、ネギ、しょうがの千切りを入れて、強火にかけ、沸騰したら弱火にして5分。10分ほど蒸らしてよく混ぜ、しゃもじで手羽先の肉をほぐし取り、出来上がり。

 私はいつも圧力なべでご飯を炊いているんで、いつものご飯にちょっとプラスするだけなので、とても簡単に感じるのです。

200901311950000 さらに...土井先生の<お揚げさんの炊いたん>

 http://www.tv-asahi.co.jp/okazu/doi.html

 昨日の朝5時25分にやっていた土井先生のレシピです。なんの気なしに見てましたが、作ってみたら、とてもおいしくて、定番になりそうです。きつねうどん、おいなりさんにも使えるようです。

 詳しくはおかずのクッキングを購入しないといけませんが、お揚げさんの油抜きに落としぶたをして10分お湯で煮てから味付けするのがミソです。

 お揚げさんが柔らかくて、ほっとする甘さのあるいいお味です。

 書いておきながら申し訳ないのですが、書くほどの料理ではないです。最近、そんなに料理にやる気を感じていない私が簡単だと思ってできる3品です。

 それにしても子供がここのところ朝5時に起きるので(夜は7時前に寝ますが)、土井先生の番組も見られます。三文の徳...。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »