« 『それでも恋するバルセロナ』見てきました! | トップページ | 白馬で »

2009年8月20日 (木)

白馬に来ています。

白馬に来ています。
昨日急遽思い立って、姉が住んでいる白馬に来ました。
先日、ちょっとくさくさすることがあって、たまたま白馬に来ないかと言う話にすぐさま飛び付きました。

白馬は空気が澄んでいて、都会とは全く違くて、なんだか流れる時間も異なって感じられるのです。悩んでいたことがこの大自然の中ではちっぽけに感じられます。

白馬は洒落た家が多く、手前味噌ながら姉の新築の家もすごく洒落ていて快適です。近所の川を見に行ったり、バーベキューをしたり、特になにもせず日がないちにち過ごすだけで、心から洗われるような気になります。

息子と二人の初の遠出です。息子の昼寝した隙に、今回はジョージ・オーウェルの『1984』を庭先で読んだりしてます。

リフレッシュ中のうめめだかです。またアップします。

|

« 『それでも恋するバルセロナ』見てきました! | トップページ | 白馬で »

コメント

うめめだかさん。

お姉さま、白馬にお住まいなんですね☆私には泊まりに行ける間柄で空気の綺麗な場所に住んでいる人がいないのでいいな〜と思います♪
白馬へ行ったことで悩みは解消できましたか?
サクッと読めるオススメ本あれば教えてください☆

投稿: 黎 | 2009年8月31日 (月) 17時23分

黎さん
ちょっと遠いのですが、新幹線ができてからはすごく行きやすくなったし、同じ日本なのになんがか違う世界に舞い込んでしまったような、静けさと風景があります。白馬に行ったことで、悩み解消まではいきませんが、ふっきれたという感じでしょうか。

サクッと読める本ですが、とっさに思いついたのが、分量的にはすごく薄いのですが、若い作家の才能とフランスのエスプリと、フランス映画を見るような映像が目に浮かぶ作品がありますよ。
サガンの『悲しみよこんにちは』です。もう読んでしまってるかもしれませんが、サクッと読めるし、一度は読んでおきたい作品です。

投稿: うめめだか | 2009年9月 2日 (水) 20時38分

うめめだかさん

中学生のとき姉の部屋の本棚に『悲しみよこんにちは』サガン・・・この活字の並びが印象的で初めて読みました。そのあと二十歳くらいの時に母の本棚で再び目につき途中まで読んだ記憶があります。今回うめめだかさんに薦めて戴き、改めて読みたくなりました。あれなら薄いので持ち歩きにもいいなと昨日購入してきました。たのしみです。
やはり、うめめだかさんに伺ってみてよかったです♪どうもありがとうございます♪


話が変わりますが。
うめめだかさんは同性で興味を持つ女性はどんな人ですか?
あと、最近は『ひとりあそび』。なにをどんな風にたのしんでるのかなと気になってます(笑)うふふ。

投稿: 黎 | 2009年9月 6日 (日) 16時22分

黎さん
こんばんは。『悲しみよこんにちは』やはり、読んでらしたんですね。あの小説の古さを感じさせない感じ。多感な少女と子供の持つ残酷さが入り混じるような感じ。ストーリーを覚えているといまいちかもしれませんが、つい先を読みたくなります。

最近の”ひとりあそび”ですか。『1Q84』を読んでいて、間もなく読み終わるところです。また感想をどんな切り口で書くか(ブログでなく自分のノートに書くだけなんですが)考えています。

同姓で興味を持つ人ですか、やっぱり自分の中に文化がある人でしょうか。異性でも同じですが。たとえば、あるジャンルの音楽に凝ってるとか、ファッションについて独自のポリシーがあるとか、ラテン文化にハマってるとか。そんな風に多少偏りがあっても、自分なりの文化がある人が好きです。

残念ながら、ママ友達で知り合う人のほとんどがそういう文化がないです。いま忙しいからというわけでなく、もともとそういう文化がないみたいです。みんなそこそこに一流企業で働いていた人で、経済的にも余裕があり、一般的なことには詳しいのですが、自分の中にオリジナルの文化はないようです。

たぶん逆に私のほうが変わった人に見られているのかもしれませんね。(笑)

投稿: うめめだか | 2009年9月 8日 (火) 23時09分

お返事どうもありがとうございました☆

うめめだかさんがおっしゃる『文化のないひと』。そういう人が多いですよね。うめめだかさんのような方(あくまでブログ上のほんのわずかなうめめだかさんしかわかりませんが)からすれば刺激もなく話が合わないかと思います(笑)

投稿: 黎 | 2009年9月19日 (土) 18時48分

黎さん

えらそうに言えたぎりでもないんですが、映画の話とか、本の話もヒット作品しかどうしてもあわないんですよね。しかたないかと思いつつ、大学時代の友人のカオルさんが近くにママ友達としていたらどんなにいいだろうなんて、思ったりします。彼女なら、たとえ知らないことがあったとしても、興味をもって聞いてくれて、後で調べてくれると思います。

投稿: うめめだか | 2009年9月20日 (日) 22時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122323/45981373

この記事へのトラックバック一覧です: 白馬に来ています。:

« 『それでも恋するバルセロナ』見てきました! | トップページ | 白馬で »