« 『1Q84』読みました。 | トップページ | 自家製 いくらの醤油漬け »

2009年10月 8日 (木)

”ウィーンの世紀末展”に行ってきました。

200910081128000  今日は台風で家から出られません。先日、大学時代の友人のchococakeさんと久々に会い、日本橋高島屋で行われている”ウィーン世紀末展”に行ってきました。

 なんといっても、私が好きであるエゴン・シーレが見られるということで、楽しみにしていました。以前オランダに仕事で行ったときにゴッホ美術館の地下のスペースでエゴン・シーレの特別展に遭遇したことがあり、それ以来彼の絵に興味を持っていました。その時の展示の仕方も現代アートとの組み合わせのような感じで、彼の作品とともに人がモデルとなったり、日本ではなかなか見られない展示方法で、大変興味深かったことを覚えています。

 28歳という若さでスペイン風邪で亡くなったエゴン・シーレ。なぜか理由は分かりませんが、とても惹かれます。最近は家にこんな絵を飾ったら素敵だろうなという観点で見てしまうのですが、うちにはまったく似合いませんが(笑)、あんな絵が家にあったら素敵だろうなーなんて思ったりします。ちなみに今回ショップで買った、エゴン・シーレのポストカード集は350円となぜか破格でした。 

 今回の美術展はクリムトも目玉の一つでした。金を使った彼ならではのシックな中に華やかさを感じる絵はクリムトらしい!と素人ながら思ってしまいました。ウィーンには何度か足を運んでいるものの、いまだにベルヴェデール宮の”接吻”さえみていない私。プライベートでウィーンに行くことがあったら、絶対美術と音楽の芸術の旅にしようと心に誓ったのでした。

  絵を見た後は八重洲のPAULに移動。軽くワインでランチしました。久々なので、話すことがいっぱいでした。おいしいパンにワイン、友人との語らい。いい時間でした。

|

« 『1Q84』読みました。 | トップページ | 自家製 いくらの醤油漬け »

コメント

先日はとっても楽しい時間をありがとう!
うめめだかさんが教えてくれたおかげで、素敵な画家、絵に出会うことができました。
プライベートでのウィーンへの旅行、うめめだかさんと一緒に行けたら嬉しいです。

投稿: chococake | 2009年10月 8日 (木) 15時38分

うめめだかさん

こちらの絵画展はもっと多くのクリムトやエゴンシーレの絵を見られるかと思い、ちょっと残念だったんですが、一方ハプスブルク展がたくさん展示されて見応えがありたのしめました。うめめだかさんも足をお運びになっているかと思いますがいかがでした。


‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡コメント、ダブりアップすみません。コーヒー話題&カフェインレスについて、こちらのパンとワインで頭に浮かんだのですが、しっぽりお過ごしになるのをお聞きして、どちらにしようか迷いましたがあちらの方へコメントさせていただきました
‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡

投稿: 黎 | 2009年12月30日 (水) 18時33分

黎さん

そうですね。意外に肩透かし。エゴンシーレ、クリムトの作品は少なかったですね。デパートの催事だからしかたないかなと思ったりしました。

ハプスブルグ展はいけなかったんです。新国立でしたよね。なかなか新国立にはいけなくて。ミッドタウンには行く機会があるのに、なかなかその先まで行くことができなくて。

最近カフェインレスは飲んでないんです。ごめんなさい。カフェインばりばりです。うちの近くに自家焙煎のコーヒー豆をうっている店が4件ほどあって、そのうちのひとつに最近ハマっていて、ブラジルのボルボンやマンデリンあたりを飲んでます。スタバとかに比べると割安な割にいい香りと味なので、最近はそちらばかりです。お世話になった友達に手土産を持っていくときにも最近はそこのコーヒーばかりです。

投稿: うめめだか | 2009年12月30日 (水) 23時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122323/46428546

この記事へのトラックバック一覧です: ”ウィーンの世紀末展”に行ってきました。:

« 『1Q84』読みました。 | トップページ | 自家製 いくらの醤油漬け »