« 自家製 いくらの醤油漬け | トップページ | クリスマスを前に・・・ »

2009年11月20日 (金)

NO BOOK, NO LIFE

200911202010000  ブログ更新が滞ってしまって、申し訳ありません。10月は気忙しいという言葉がふさわしいほど、気持ちに余裕がなくて、ブログ更新ができずにいました。

 ふと自分の生活を振り返り、仕事に復帰しようと思った晩夏から、あっという間に話が決まり、決まったと思うと保育園を調べて申し込みをしなければいけない時期になり、なんだかばたばたしていました。本当はそれほど忙しくないのに、考えることが多くまさに気忙しいという日々でした。

 日本には”3歳神話”というものがあり、すごく悩みました。だんだんと言葉を発し、可愛くなっていく子供を前に、仕事をすることや、40度の熱をたまたま出したので、こんな子供を置いて、ほんとうに私は仕事をできるのだろうかとか、すごく考えることが多かったです。

 それに、この不況。もしかしたら、口約束みたいな内定もダメになってしまうこともあるかもしれないし…。ブログに書くこともどうなのかと…。でも今はダメになったらそれはそれで、そういう運命だったと思うし、それはそれでまた違う機会を与えられたと思えばいいやと思うようになりました。

 とは言っても、日本という国は先進国といっても女性が働きずらい国だと思います。当たり前のように女性が働く国だってたくさんあるのに、働くこと自体に悩むって、もう21世紀なのに…。制度が遅れていることはもとより、女性自身や男性の考え方がやっぱり古風なんだと思います。考え方が変わることのほうが、男女雇用機会均等には大事なんだと思うし、私としては小さいときからの教育が一番の根幹なんだと思います。

 本題に入りますが、そんな気忙しい日々で、ライフワークである読書を全くこの2カ月程しなかったんです。最近やっと、実は今更ながら読みかけだった三島由紀夫の『金閣寺』を読み始めて、今日図書館で井上荒野さんの本を2冊借りました。(画像あり)

 井上荒野さんの本で『誰よりも美しい妻』を今読んでますが、なんだかため息が出るほど、艶っぽい夫婦が描かれていて、あまりの現実の差にため息が出ます。

 それにしても艶っぽい生活はないにしても、読書という潤いがない生活もまさに"NO BOOK,NO LIFE"といえるくらい、潤いがなく空虚です。読書の時間を持てたことは、やっと自分の時間と潤いが取り戻せた気がします。

 

|

« 自家製 いくらの醤油漬け | トップページ | クリスマスを前に・・・ »

コメント

お久しぶりです☆ お仕事はいつから復帰?先日会ったときには、何も話を聞いていなかったので急展開があったのでしょうか?
悩む気持ちもわかりますが、そうやって復帰できる環境があるのはとっても有難いことだし、緊急事態のときはご両親にお願いすることも可能な状況(?)ですしこれはチャンスよね。考えるよりやってみるべし!って思うわ☆
私は転勤族の妻になった以上、今置かれている中で楽しむしかないと覚悟はできているつもりですが、そうやって仕事復帰される友人達を見ると正直焦りもありますねsweat01
自分がかなわない分精一杯応援します! 
またお仕事始まったら忙しくなりますね。この前会えて本当によかったなぁ☆

投稿: カオル | 2009年11月21日 (土) 05時04分

カオルさん

 先日カオルさんのとこに行ったときには、漠然と仕事したいなーと思ってましたが、その後以前の職場の人たちに話したら、話をうまくつなげてくれて、来年の4月から(年度途中では保育園にほとんど入れないので)という話になりました。まだ日もあるので、嬉しいのと、子供が若干心配なのと、話が流れたりしないかとかいろいろ考えてしまって。
 うちも来年以降転勤があるかもしれないし、ドキドキなんです。でもそうなってもうちはついていかないと話はまとまってるけどね。(笑)なにはともあれ、結構はじめるといっても大変ですね。
 まだ春まで時間があるので、遊びにいきますね。

投稿: うめめだか | 2009年11月22日 (日) 09時50分

うめめだかさん

ご無沙汰しております。この3連休に前回の止めていたコメントのお返事をしようとしたところ、新日記のアップに気づき、こちらへ先にコメントさせていただきます。

お元気そうで何よりです☆

人づてに仕事の話が進むのは、うめめだかさんの仕事ぶりが高く評価されていらしたと想像します。
最後に銀座で勤めていたオフィスワークと同じ業務に就くんですか?

小さな子供に寂しい思いを感じさせない方がいいと思いますが。

お嫁に行った環境次第なのかなと思います。

ついこの前、件のピアノの音の話をする男性と『結婚している女性の仕事』について話をしていたところです。

奥さんが深夜まで仕事で帰らず、オムツ交換しても泣き止まない赤ちゃんを抱っこする旦那様が、どうしたらええん?と待たすのはお互い大変かと思いますが(笑)
仕事賛成です。
一日中、松井棒ってウロウロしてるのも。。。(笑)

うめめだかさんの仕事の話、無くならず予定通りスタートできたらいいですよね!
応援しています!
就業するにあたり環境も整っていくといいですね☆!

また途中経過教えてください。

投稿: 黎 | 2009年11月23日 (月) 21時04分

黎さん
コメントありがとうございます。銀座でまた働きます。前の職場です。いろいろ心配なことはありますが、一歩踏み出してみようと思います。
子供に寂しい思いはさせることになると思います。仕事をすることで、どこかの一時期には必ずその寂しい思いを通過せざる得ないような気がします。それが一過性であることを心から祈る限りです。
>奥さんが深夜まで仕事で帰らず、オムツ交換しても泣き止まない赤ちゃんを抱っこする旦那様が、どうしたらええん? 
という話ですが、うちはまさにそんな感じですが、具合が悪い時は別ですが、意外に旦那さんが赤ちゃんを寝かしつけてたり、うまくやっている家庭はたくさんあって、最近のパパたちは結構やるーって感じなんですよ。

でもそんな風に自分の夫に言われたら、たぶん私は張ったおします。(笑)

投稿: うめめだか | 2009年11月24日 (火) 23時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122323/46814722

この記事へのトラックバック一覧です: NO BOOK, NO LIFE:

« 自家製 いくらの醤油漬け | トップページ | クリスマスを前に・・・ »