« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月18日 (月)

新聞記事について考える

201010171817000  日曜日の読売新聞に連載の鎌田實氏(医師)の”見放さない”というコラムがあります。昨日のその記事では5年前にイスラエル兵に撃たれて、脳死状態になったパレスチナの12歳の少年の臓器提供が心筋症であったイスラエルの少女に行われたということについて。そのイスラエルの少女は現在17歳で、臓器提供により心臓移植したおかげで、学校にも通えるようになりました。将来の夢は医師になって、人を救うこと。その少女の家には殺された少年アハメド君の写真が掲げられているそうです。

 鎌田医師は殺した側の国の子供を救うためによく臓器提供を承諾したと、そのお父さんの気持ちを聞きたくてパレスチナに行き、その17歳の少女にも会ってきたそうです。

 詳しくはぜひ読売新聞の記事を読んでいただきたいところですが、私もドナーカードについてもう一度考える時が来たような気がします。

 「ドナー」、「臓器移植」という言葉を聞いたのは小学校4年生のころだったと思います。音楽の先生が私たちに向かって話しました。今から思えば、なぜあの先生は私たちに熱く語ったのでしょうか?彼女の身近にあったことなのかもしれません。それ以後もメディア以外で聞くことはなく、そのあとにも先にも直接その話を私にした人はいません。

 子供ながらにそういう仕組みがあることを知りました。それから約27年。臓器提供への意思表示はとてもしやすくなりました。自発的にパンフレットを取り寄せなくても、健康保険証のカードの裏にサインすればいいだけになりました。これも私が仕事復帰してからのことなのでこの1,2年のことだと思います。

 この記事はまさに”琴線に触れる”という言葉がふさわしい様な状況に私をさせました。実のところ、私はその健康保険証にまだ何も書いていなかったのです。なぜかというと、そのことを考えもせずにサインをすることはできなかったので、そのままになっていたのです。だから、あらためて考えてみようと思います。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月16日 (土)

芸術の秋

201010121904000_2   先週の体育の日を含む三連休に、中学校1年生の時の担任である恩師が個展を開くということで川越市立美術館の市民ギャラリーにいってきました。10数年ぶりにお会いしたので、話したいことはたくさんあったのに何から話していいのか、困ってしまいました。私が学生時代から抽象絵画を描いていたことは知っていましたが、川越に居を移してから、子供に絵画を教えていたことなど、賀状の交換だけでは知りえなかったことをうかがいました。それにしても青が美しく、大作の多さにびっくりしました。この絵は部屋に飾ったら素敵だろうなと思ったりしながら、短い時間でしたが恩師の絵を見て過ごしました。病気を患われたというものの、私の目にはあの教壇に立っていたころの姿と変わりなく映りました。時間を超えて、過去の自分にも会えたような気がしました。私があの頃もっと大人で彼女に会っていたら、一緒に共感できたことがもっとあったかもしれないなと思いました。これからそんな時間が持てたらとおもいます。

 ちょうど先日、読売新聞に川越市立美術館のメインギャラリーで今やっている”「日本近代洋画への道」高橋由一から藤島武二まで”という美術展のことが載っていて、見たかったところだったので、そこで教科書でみた高橋由一の<鮭図>や今回見たかった五姓田義松の<人形の着物>、藤島武二の<ヴェニス風景>などを見てきました。この日本近代洋画の時代は日本人がフランス等に行き西洋絵画を勉強し、試行錯誤しながら描いていった時代で、黒田清輝の絵もそうですが、そうやってみるからかもしれませんがなんとなく日本画を思わせるタッチだったり、私のとても好きな時代の絵です。

 常設展には一度本腰を入れてみてみたいと思っている小磯良平の絵も1枚あり、私は思わず嬉しくなりました。

Carmen_enmoku  さらにその翌日は、初オペラ!!に行ってきました。オーチャードホールで行われたウクライナ国立歌劇場によるG.ビゼー作曲”カルメン”。本当は来年3月のフィレンツェ歌劇場の”トスカ”を狙っていましたが、チケットも目が飛び出るほど高いし、コテ試しにはまずこの公演と思って行ってみました。

 思った以上に楽しめました。ちょっとディスカウントされた1階A席のためか、若干オケの迫力が欠ける気がしたけれど、なかなか良かったです。カルメンがソロで歌うところなんて、ちょっと鳥肌ものだったので、これがマリアカラスだったら、すごいだろうなーなんて、素人的ですが考えてしまいました。

 マチネだったので、それほど気張らず、でも幕間には白ワインを飲んだりして、なかなか楽しめました。クラツー貸切公演だったので、基本ジジババ中心でしたが、私のような初オペラの人にはウクライナで、貸切ゆえにチケットもお手頃で始めとしては、なかなかいいのではないでしょうか。

 中にはデートで少しおしゃれをしたカップルがいたりして、オペラデートなんて素敵だなって思いました。デートでなくても、オペラをエスコートしてくださる見栄えのいい、オペラ好き方がいるといいんですが・・・。なんて。 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年10月 3日 (日)

”はなび”ツナガリ

Hanabi_2   今日はお台場で、このブログにも2005年7月から何度か登場している友人H君の結婚2次会でした。彼は日本橋小網町で”はなび”という名の居酒屋をやっていて、現在は西武柳沢で同名店を経営してます。

 彼とは新卒の社会人1年生のときに合コンで知り合いましたが(その前に友人の紹介ですでに会っていたような気もしますが)、それから早15年近くの友人です。他人事とは思えず嬉しくって、二次会に行くと即答したものの、当日になってハタと考えるとあまり知り合いがいないことに気づき、はなびに一緒に行っていた高校時代の友人と受付のあと、「どこにすわるか。」と困ったりもしたのですが、H君のご配慮もあり3年程前にH君に誘ってもらった”大人な飲み会”で同席した方々もきていて、面白い話が聞けたので、予想以上に楽しかったです。

 H君もですが、昨年割とスピード感のある結婚をした彼らの話はなかなか興味深かったです。結婚はやはりタイミングか?!インスピレーションか?!運命か?!と考えたりしました。それにしてもH君の友人の男性たちは最近珍しい感じのがっちり肉食な感じで、最近そんなパワフルな人々にあってなかったので、なんだかちょっと刺激になりました。考えてみると、同世代であのたくましさとパワフルさはすでに絶滅危惧品種、ある意味感動しました。

 個人的には15年前の合コンで同席して一目ぼれした彼が(今では3人の男の子のパパですが)相変わらず素敵でテンションが上がりました。

 Hくんとの付き合いは”はなび”がオープンする前からのものですが、小網町の”はなび”で時間を過ごしたことでさらにつながりが広がったような気がします。

 末永くお幸せに!

 

 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »