« ゴッホ展に行きました! | トップページ | タイムリーなトピック-divorce »

2011年1月 9日 (日)

年越し読書遍歴

 あけましておめでとうございます。というにはすっかり時間が経ってしまい失礼しました。

 ここのところ、なんとなく気忙しく、さらに昨年の後半はしょっちゅう風邪をひき、ほんとうに健康の有難さを感じていました。年末からは体調もまあまあよく年越しができました。初詣では久々に(ほんとうに10年ぶりくらいで)おみくじで大吉がでました。いい年明けになりました。

 昨年後半も結構たくさん本を読みましたが、なかなかブログに書くことができないでいました。先日書いた「ボヴァリー夫人」の後は、初めて浅田次郎さんの本を読みました。「王妃の館」という本です。純文学的なものの後だったので、若干下世話な感じもありましたが、さすが売れっこ作家、笑いと涙の入り混じった、ストーリーの面白さはさすがでした。

20101205_15_08_41 そのあとは、お客さんから勧められたクーデンホーフ光子さんについての本です。一つはシュミット村木眞寿美著の「ミツコと七人の子供たち」ともう一つは松本清張著の「暗い血の旋舞」です。(後者はクーデンホーフ光子さんの話から始ってはいますが、さほど彼女については多く語られていません。ですが、同じボヘミア貴族のホテック家についての記述は興味深いものでもあります。)

 クーデンホーフ光子さんは明治の時代にオーストリアの伯爵家に嫁いだ人として知られています。香水のミツコの名前の由来ではないかなどとも言われていますが、実像にせまるとそれはたぶん彼女とは関係なさそうな気はしますが・・・。そのクーデンホーフ家はオーストリアの伯爵家ですがボヘミアに領地を持っていて屋敷があり生活していました。厳密にいうとその後ドイツに併合されたり、結果としてチェコになった場所でもあったのです。

 仕事でチェスキークロムロフなどボヘミアにも何回か行きましたが、そのわりに近くの場所に、明治の時代に日本から嫁いだ人がいて、その土地の歴史に翻弄された人がいたのだと、あのボヘミアの景色を思い出しながら読むとなんとなく感慨深いものがあります。あのボヘミアの家財道具を持ちだされ、一時は廃墟になってしまった数々の城を思い出したりします。そして、チェコ人のガイドさんから聞いていたボヘミアのドイツ人居住区(第一次大戦後、ドイツに併合されたのでまとめてドイツ人としていますが)についてのチェコ人の見解と、この話で知ることになるクーデンホーフ家を含むドイツ人たちの見解とは若干違う印象を受けたのです。そんなことが私にこのクーデンホーフ家やボヘミアの土地、時代に関して、なお関心を持たせる要因になったのかもしれません。

 クーデンホーフ光子さんについても、この先ももっと掘り下げて私なりに知りたいと思っています。それと同時にその時代、ハプスブルグ家の崩壊へ向かう時代についても、もう少し勉強したいと思ったりしました。

 年が明けて、少し息抜きの気持ちで購入した本がミシェル・ビュトール著「心変わり」。なかなか面白そうです。また年明けの通勤電車の楽しみができました。これについてもまた書きたいと思います。

 今年こそブログ更新を増やしたいという意気込みはあるものの、なかなか難しいかもしれませんが頑張ります!今年はツイッターとの連動も構想にいれつつ、まずは自分がツイッターを使いこなしてからと思ってます。どうぞ、今年もよろしくお願いいたします。

 

 

|

« ゴッホ展に行きました! | トップページ | タイムリーなトピック-divorce »

コメント


スッゴク楽くて気持ちよかった!
オレも相手の子もむっちゃ一心不乱で月要往復してたからな!
ガンバった分、身入りもパーフェクトゥだったぜ!!
http://jz2vu9q.neep.houtyu.com/

投稿: これやんないやつアホだろ | 2011年1月16日 (日) 11時48分

うめめだかさん

こんばんは☆
本年もどうぞよろしくお願いします。

先月サロンにペディキュアに行った時に担当ネイリストさんから浅田次郎さんの蒼きゅうの昴をお借りしまさたが、おもしろいですよ。今は続編中原の虹を読んでいます。その時に王妃の館も気になり購入してますがおもしろそうですね♪

さて。
最近、冬らしい冷たい日が続いてますが体調いかがですか?
私は冷えるオフィスで体が温まるようにお気に入りの某オーガニックメーカーのハーブティに生姜をすり下ろして飲んだりモンクレールのダウンはやはりかなり温かいです。自分なりに楽しんだクリスマスも慌ただしさの中過ぎた年の瀬もギリギリまで仕事で気がつけば年が明けてました(・∀・)
今年も色んな経験をさせていただきなら自分を順応させて夢中に日々を過ごしたいです。仕事に100%の労力と時間を費やし、当たり前に必要とされる責任と大きくなる要求も高まっていく中、良い緊張感を持ってゴールの無い仕事と楽しく向き合いながら日々新しい事を学んでいきます。
昨年からはまっているお薦めですがタリーズのロイヤルミルクティー美味です。ジンジャー入りのミルクティーもありますが気分と体調でチョイスしてオーダーしてます♪コーヒーはDandDですがタリーズのミルクティーもオススメなので★

投稿: 黎 | 2011年1月16日 (日) 22時30分

黎子さん
コメントありがとうございました。最近、仕事にかんして、黎子さんと同じようなことを少し感じていました。とはいえ、私は100%の時間も労力も捧げられてませんが。今の私はこちらを選択したので、当然ともいえます。でも日々の少しずつの信頼が仕事の広がりにつながり、新しい経験をつむことができます。若いときの経験はかってでもしろ(笑)ともっとわかいときに気づいていれば良かったなーなんて思ったりします。
それなりに経験させてもらいましたが、その年に応じた経験は必要なので、さらに仕事を広げなくちゃと思います。そういう中で高まる期待や責任を感じつつ、私も過ごしてます。そんな緊張を子どもはすぐに勘づき、てを煩わし、そんないたちごっこです。長くなりましたが、お互い頑張りましょう。

投稿: うめめだか | 2011年1月18日 (火) 09時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122323/50540344

この記事へのトラックバック一覧です: 年越し読書遍歴:

« ゴッホ展に行きました! | トップページ | タイムリーなトピック-divorce »