« 追憶・原子力発電所のこと | トップページ | 気がつけば、5月。 »

2011年4月21日 (木)

やっと、本を読み始めました。

やっと、本を読み始めました。
3月の大震災以来、本もまともに読む気になれず、震災前に買っていた本を読んでは、途中でやめ、読んではやめ、していました。モラヴィアの『倦怠』も、『マリールイーゼ』も、『カルチェラタン』も。3月は赤いバレエシューズも履く気になんとなくなれませんでした。桜とともにいつもなら、春の到来を感じるのに、その悦びも今年は通りすぎていってしまいました。

やっと、こないだ図書館で、フランスのアンナ・カヴァルダ著の『Ensemble,C'est tout』(恋するよりも素敵なことーパリ七区のお伽噺ー)を見つけました。

オドレイ・トトゥ主演で映画化されたようです。主人公のカミーユはちょっと不思議な女性です。オドレイ・トトゥを思い浮かべてしまうと、どうしてもアメリと印象がダブってしまいます。
なんだか映像が浮かんでくるように、読み進んでいます。

この地震で、整理していたなかにロクシタンの、コマーシャルの南仏の地図。どうせ捨てるなら、本のカバーに。お気に入りの一冊になった気分がします。

この本を読んでいると、夜中におきる地震も「もしや巨人がうちを掴んで揺さぶってるのかしら?」と主人公カミーユ風に夢うつつ、思ってしまったりします。

 カミーユの友人のフィリベールという男性が出てくるんですが、彼は元貴族の出身で、歴史に詳しく、カミーユにたくさんの歴史にまつわる逸話を話してくれるんですが、極度のあがり症でなかなか人とうまく付き合うことができない人なんですが、とても魅力的に描かれています。

 ここのところ、憂鬱なことは多いものの、電車でのこの本が唯一の救い、楽しいのです。それで、この映画化されたという話、いまさらながらネットで調べたところ、だいぶ前に映画化されていて『幸せになるための恋のレシピ』という題名でした。

 あたた・・・本にもまして、映画の邦題ががっくりな感じですが(ツアーの題名を考える時、私ももうちょっと頭をひねろうと思いました)、映画自体は面白そうです。

 こないだの『ジェーンオースティンの読書会』のように本とともにDVDも買ってしまいそうです。

 やっと本を読む気持ちになれました。それでも心の中になにか靄のようなものが立ち込めています。 時間がたち、また被災地を支えるということの形も変わりつつあります。自粛ばかりもよくないという時期に入り始めた気がします。全体が沈みこまないように経済活動に参加することも、支えることに一つの形なのではと思います。

 

 

 

|

« 追憶・原子力発電所のこと | トップページ | 気がつけば、5月。 »

コメント

うめめだかさん

こんばんは☆
ゴールデンウィーク、心が潤うようなひとりのご自宅での時間、休日を彩ってくれているような外出のご予定はありますか。
私は昨日まで毎日終電帰宅でメイクも落とさず寝てしまう時間に圧された毎日で今日明日は休みです♪月火金は出て来週の土日は出勤なので4水5木の2日間は仕事次第ですが休むつもりです。
12月に横浜美術館へドガ展へ行ってプーシキン開催を知り楽しみにしていたのに開催されていません。うめめだかさんも行くつもりしていますか?
先週友人と英国王のスピーチ観に行ったんですが満席で圧巻のクライマックスで劇場へ足を運ぶことオススメします♪

投稿: 黎 | 2011年4月30日 (土) 23時12分

黎さん
こんばんは。もうGWもおわりですね。
GWはひさびさにヒルトン小田原にいって、スパを楽しんできました。
一人の時間は今日の午前だけ、晴天のなか公園で友人と過ごしました。

GWは仕事がら、休みの合間にでると電話がなりっぱなし、前にすすまずでしたが、黎さんにはおよびません。お疲れ様でした。

プーシキンやってなかったとは、横浜というのがどうかなと思ってましたが、やってないとは。


来週から『ジュリエットからの手紙』公開でたのしみです。


投稿: うめめだか | 2011年5月 8日 (日) 19時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122323/51453042

この記事へのトラックバック一覧です: やっと、本を読み始めました。:

« 追憶・原子力発電所のこと | トップページ | 気がつけば、5月。 »