« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月15日 (日)

QTVビデオ、最高!

私はDOCOMOのスマホ、ギャラクシーsを使ってますが、映画を携帯で見れないかなと思ってました。でも手持ちのDVDを変換してまでやるきになれずに

そんなおり、アプリをチェックしていたら、QTVビデオを発見、早速ダウンロード。月額525円で映画もドラマも見られるすぐれもの。映画の種類がすくないのと、海外ドラマがないのが、残念だけど、この先増えるかもしれないし、この値段ならよしとしたいとこです。

今日は深夜にベッドで『食べて、祈って、恋をして』を見ました。原作を読もうと思ってましたが、映画を先にみちゃいました。前回の映画『幸せになるための恋のレシピ』は原作があまりに良すぎたためか、映画はガッカリでしたが、今回は原作を読んでないせいかもしれませんが、すごく当たりでした。

ジュリアロバーツ演じる主人公リズが離婚して、イタリアに旅にでるとこあたりは、ダイアンレイン主演だった『トスカーナの休日』に似てますが、あの映画も好きだったし、なんかこれじゃ皆んなイタリア行きたくなるわって感じなんです。

ジュリアロバーツのその土地ならではの雰囲気のファッションもいいし、彼女が着るとなんでもよく見えて、太ってる場合じゃないと、自分に喝をいれたくなります。

映画の中の曲の使い方も私好みで、なんとなくスカッとして、久々いい映画でした。

それにしてもダウンロードせずに(アプリはもちろんしますが映画自身を)こんなに簡単に映画が楽しめなんて最高です。

また、携帯に時間が奪われ、読書時間が減りそうです。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2011年5月14日 (土)

気がつけば、5月。

 こんにちは。今日は五月晴れ。ほんとにいいお天気で気持ちがいいので、朝から掃除、洗濯をして、電車に乗りたがる息子と二人、近くの高島屋に行ってきました。

 物を減らすことをここのところ目標にしているのに、ついシュウウエムラで(こちらは消耗品ではありますが)で予想以上に買い、子供の服も靴もと、つい可愛いと買ってしまったりしました。

 先日GWに久々会うことが出来た友人から教えてもらった最近話題になっている”断捨離”という言葉。ヨガから来た言葉で、断行・捨行・離行という3つの思想が元のようです。つまり、要らないものを断って、捨てて、執着から離れるということのようです。(参考記事http://adv.asahi.com/modules/keyword/index.php/content0035.html

 そんなことを考えて過ごしていたのに今日はちょっと反省。ものを減らすということは、どう実践していくのがいいのか、雑然とした自宅を見まわして、ここのところ悶々としていました。ここにきて、”ものを大切に使う”というのが自ら見つかった言葉。だから、買うときはなるべくいいものを買って、直しながら長く使う、もしくは再利用するのがいいのかもしれないと思います。

20110514_092913  GWはその第1段の実践の時間で、まずは手始めに読まない本を図書館に20数冊寄付して、リサイクルコーナーから買おうと思いつつ買わないでいた『パルムの僧院』『嵐が丘』など、恥ずかしながら読んだことのなかった3冊をもらってきました。20数冊が3冊にちょっとした成果?なのかどうか・・・。

 第2段は約30年前に買ったというカリモクの木製のクラシカルなソファーを張り替えて、リビングの椅子として再利用するため、座面の布の張り替えを業者に依頼。張り替えに1客21,000円もかかるといわれて、ガーンとしましたが、ゆったりしたなかなかいい椅子なので、思い切ってやることにしました。想定していた予算を大幅に超えてしまったので、クッションカバーは自力で作ることにしました。これもまあ楽しみといえば、楽しみです。かなりローテーブルになるので、生活の仕方も少し変化しそうです。いまのダイニングテーブルと椅子もリサイクルショップで引き取ってくれるといいんですが・・・。

  GW後半は久しぶりに友人と会い、懐かしの飛鳥山公園に遊びにいったり、前半は家族でヒルトン小田原に1泊で行ってきました。子連れで行くとその目線でみてしまいますが、結構子供が多く、バッフェの食事やアメニティなど細かな面でなかなか過ごしやすかったです。でも、子連れで無いころに行ったときには全く子連れが気にならなかったので、意外でした。ですが、子連れで無い方にはレストランは5-6時くらいのファーストシッティングは避けて、私たちも昔そうでしたが、最低でも8時過ぎの時間がいいと思います。

20110430_141553  では今週も良い週末を。

  • | | コメント (8) | トラックバック (0)

    « 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »