« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月24日 (土)

恋愛小説月間

恋愛小説月間

今月は恋愛小説を読んでみようと計画。まず、以前投げ出してしまった、イタリア人作家モラヴィアの『倦怠』から読み始め、今朝チェコの作家ミラン・クンデラの『存在の耐えられない軽さ』を読了しました。チェコの歴史を少しでもかじってからでないと、わかりずらいかもしれません。プラハの春について、わたしにとっては関心事であったので、単なる歴史という観点でなく、民衆の目線という点からこの小説は興味深いものでした。また、サビナという画家の女性の言葉として語られる、存在の耐えられない軽さ、という意味合い、そして彼女の考え、正義と思われるデモやプロパガンダにも隠された事があること。革命が起きるような複雑なシチュエーションの中でのことなので、いま私がこう書いてもかなりわかりずらいとは思いますが、この小説の根幹をなしているものだといえるのではないかと私は思いました。1998年の文庫化時点の解説ではパリに亡命せざるえなかった著者のこの作品はペレストロイカから9年後の1998年には本国チェコではまだ出版されていないとのことでした。なんだか溝は深く感じます。

秋は読書が進みますね。今月は単に恋愛小説といっても、深いテーマのものが多いです。 このあと読むものは決まっていて南アフリカ出身のクッツェーの『恥辱』とテネシー・ウィリアムズ『ガラスの動物園』を読む予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 6日 (火)

晩夏に聴きたい曲

  久しぶりに家にいます。サンシェイドを下した部屋の中は外の強くなりつつある日差しとは無関係に涼しげです。もう9月に入り、盛りを過ぎた夏。日差しをさければ、もう涼しげな風が吹き始めました。私の好きな言葉である”晩夏”という季節です。

 たいぶ以前に秋に聴きたい曲(そのブログは偶然にも6年前の今日でした!)と言うのでダイアナ・クラールのアルバムを書きましたが、それは今でも変わらず私の秋の定番です。そして、今回この晩夏に聴きたいアルバムが見つかりました。

 これもダイアナ・クラールの”Quiet nights”。ご存じの通り、私はボサノバ好きですが、さらに大好きなダイアナ・クラールがボサを歌ったこのアルバムは珠玉の1枚です。タイトルの”Quiet nights”はご存じのとおり、名曲”corcoverdo”の英語名です。私は彼女の声が好きだし、ボサのクラシカルな歌い方とは違うけれど、とてもいいです。初回限定のDVDでの、リラックスした雰囲気でのアルバム制作の様子もすごく素敵だった。あーゆうボサを生み出したリオの雰囲気って、すごくいいなって。

 私の中でボサは夏に聴きたいのですが、このダイアナ・クラールのアルバムはしっとりしていて、秋に近づいた晩夏に聴きたい1枚です。

 最近、読書感想文はandroidのアプリでもあるEvernoteに書いています。これはすごく便利で、クラウドでPCとスマホでアクセス可能なんです。今日は先日読み終わったレイモンド・チャンドラー著で村上春樹訳の『さよなら、愛しい人』と安部公房著の『砂の女』の感想を書き、ガルシア・マルケス著の『族長の秋』を読了しなければなりません。なにげに大忙しです。

 よい昼下がりを。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 5日 (月)

日々、アンチエイジングを考える

日々、アンチエイジングを考える
最近の私は、日々アンチエイジングを考えます。

週一回は中華屋にカシューナッツ炒めを食べにいったり(カシューナッツがアンチエイジングにいいと聞いたので)、家では太りすぎないように炭水化物は少なめに野菜を多くして、そのなかでもリコピンがアンチエイジングにいいというので、トマトは毎日食べるようにしたり。

そして、洗顔は固形石鹸を泡立てネットで泡立てて、弾力のあるアワアワで洗う。北原美顔の石鹸、茶のしずく、いいと聞いたものはなんでもやり、正直どれも良かったと実感。

飽きがこないうちに次々と変えてますが、いまはこの名取市の『坊っちゃん石鹸』を使っています。これも無香料でなかなかよく、震災前に10個ほどまとめ買い、またリピートしたいのですが、その後どうなのか、とても気になっています。

その後、友人chococakeさんから、Gamila Secretというイスラエルの高級石鹸をいただき、これを使う日が待ち遠しくてたまらず、これを使ったら、さらにアンチエイジング?

38歳です。何を隠そう、肌の見栄えが一番重要。そこでみんな年齢を判断します。おそろしや、肌年齢。

今後の私に乞うご期待!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »