« UNDER THE SUBURBAN SUN | トップページ | 断捨離に目覚める2012年! »

2011年11月26日 (土)

長いつきあいになりそう

 ご無沙汰していました。先日、かなり自分的には練りこんで作ったクリスマスツアーが人数が集まりきらず、ツアキャンせざる得なくなり、がっくりきていた私でした。まあ、そんなこともあるよねと開き直り始めたところです。(笑)

こないだブログで30年くらい前のカリモクの椅子を張り替えた話を書きましたが、やっとその椅子にあう高さのテーブルがカリモク60で見つかりました。高さ60センチのものを探していたのですが、その高さはなかなか見つからず、結果として62センチのもので決めました。

長いつきあいになりそう
 なかなかクラシカルでいいんじゃなーいと思っているところです。なにより、おちつくテーブルがないとなんとなく気持ちも落ち着かず、ブログを書くにも、本を読むにも、食事をするにもままならないという感じがしました。
 
 もうひとつ、長い付き合いになりそうなものと出会いました。それはジェフリー・アーチャ―。売れっ子作家と言うイメージが強くなかなか手を出さなかったのですが、今回『ケインとアベル』を読んだところ、もうハマってしまって。
これは次々読みたくなりそうです。この『ケインとアベル』の続編はこの小説のアベルの娘フロレンティナを主役にした『ロスノフスキ家の娘』。もう楽しみで仕方ありません。

 ちょっと触れるとボストンの銀行家の家に生まれたケインとポーランドで私生児をして生まれたアベル。ケインは順風満帆にハーヴァードを卒業して銀行家の道を歩み、ケイン家の銀行を合併させ、さらに大銀行にし、頭取の道を歩むのでした。アベルは自分がロスノフスキ家の男爵の子供だったことがわかったにも関わらず第1次大戦のうねりの中、ポーランドでドイツ軍の監禁からロシア軍による強制収容所へ送られ、命からがらトルコまで逃げ、大使館に保護され、アメリカへ移民としてわたり、ニューヨークのプラザホテルの下働きからホテル王への道を歩むのでした。二人はホテルの貸付にからみ、借り手と貸し手の立場として対立する場面があり、それをきっかけにアベルはケインに対して敵対心を持ち続けるのでした。ケインもそのアベルの敵対的な攻撃にたいして次第に対立が濃くなり恨みあうのですが、アベルの娘とケインの息子が親の知らないところで偶然にも出会い、愛しあうようになり・・・。この辺にしておきましょう。


長いつきあいになりそう

 うーん、ジェフリー・アーチャ―、面白すぎる。

|

« UNDER THE SUBURBAN SUN | トップページ | 断捨離に目覚める2012年! »

コメント

うめめだかさん
こんにちは、お久しぶりです。
素敵なテーブルと椅子ですね。カリモクって長く使えそう。
私も一人暮らしでずっと仮の家具と思っていましたが、
やっぱり最近は長く使いこむ程に味がでる家具が欲しくなりました。
ジェフリーアーチャー、私もハマリました。
あのスピード感がたまらない。
今、私は伊坂幸太郎にハマッてます。

投稿: chococake | 2011年11月27日 (日) 09時40分

chococakeさん
こんばんは。そろそろ連絡しようと思っていたところです。そういえばフェルメールは始まったかしら。
chococakeさんもジェフリーアーチャ―にはまったなんて。今度ぜひ詳しく聞かせてください。伊坂氏の名前は知ってますが、まだ読んだことないな。すっかり、海外文学ばかりになってしまったけれど、今度教えてね。

投稿: うめめだか | 2011年12月 2日 (金) 00時49分

うめめだかさん

おひさしぶりです。クリスマスマスツアー残念でしたね。。
前進あるのみですね!

お気に入りのテーブルが見つかってよかったですね!クラシカルなものは家具でもファッションでも色味もいいですよね。

ジェフリー・アーチャー新刊が出るとすぐ買いに行きます。偶然と矛盾の重ね方やパトリシア・コーンウェルのようなスピード感がページをめくる手が止まないですよね。

BS FOXが今月はクリスマス映画放送月間で25日にN OELやるみたいです。恒例の小田さんも楽しみですよね!

投稿: 黎 | 2011年12月15日 (木) 12時59分

黎さん

ご無沙汰してました。返事も遅くなりすみません。昨夜はクリスマスの約束、見ました。今年もよかったです。でも小田さんの一人がたりの頃のも良かったな~と思ったりもします。今年はFOX見逃しましたー。その分、コロンビアピクチャーの懐かしい、『赤鼻のトナカイ』『サンタが街にやってくる』の人形劇のdvd を何度も見て、クリスマスらしいクリスマスでした。
もう歳末ですね。

投稿: うめめだか | 2011年12月26日 (月) 09時11分

うめめだかさんへ

人形劇のDVDで、クリスマスな夜を過ごしていらしたんですね。
お子様がいらっしゃるとやはり、らしく過ごすことになるんでしょうか〜。
それで、ふと思い出したのは昨年末の最終出勤日は完徹で朝帰宅してテレビをつけたら『僕とペンギン』がたまたま始まって大人になってみたらとてもじーんと感動したのを思い出しました。いまは日本でも良質なアニメに位置付けされているようですね。
クリスマスの約束、予告によるとゲストアーティストのメドレーがメインのようでしたがいつもと違ったのでしょうか?!
今年は例年より早めに日本を出たので戻ってから録画をみます☆
忙しい毎日を送っているかと思いますがご自愛くださいね。
身の回りのお片付けもですがココロのお片付けの歳末ですね。

投稿: 黎 | 2011年12月27日 (火) 17時13分

黎さん

明けましておめでとうございます。
海外で新年をお迎えでしょうか?いいですね。

『僕とペンギン』、見てみたいです。子供のものだと思っていると意外に侮れないものがあるんだなって、ここのところ実感することが多いです。『ヘンゼルとグレーテル』(お菓子の家の話)はもっとメルヘンなお話かと思っていたら、すごい復讐劇だったり、意地の悪い話だったりして、私って子供の時のこと、全然覚えてないのか、ほとんど本を読んで来なかったのか?改めて王道の話も知らない自分に驚いたりします。

ちょうど、黎さんからコメントをいただいたころ、断捨離でココロと身の回りの整理をしていたところでしたので、黎さん鋭いなって思いました。

黎さんの方が私よりも何倍もお忙しいとは思いますが、無理しすぎないでくださいね。では今年もよろしくお願いいたします。

投稿: うめめだか | 2012年1月 3日 (火) 00時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122323/53339086

この記事へのトラックバック一覧です: 長いつきあいになりそう:

« UNDER THE SUBURBAN SUN | トップページ | 断捨離に目覚める2012年! »