« 断捨離すると欲しいものが見えてくる・・・ | トップページ | 日本の焼き物に興味を持ち始める »

2012年9月 6日 (木)

バーナード・リーチ展に行ってきました。

Main_img_2

今日は会社が終わって、時間がないので銀座から日本橋まで歩く時間も惜しんで、タクシーに乗って、日本橋高島屋の8階でやっている『バーナード・リーチ展』に行ってきました。

たまたまお客様に展覧会をやっている話を聞き、行きたい!という話をしたら、早速チケットを届けてくださいました。バーナード・リーチは大正のころ、我孫子の柳宗悦のもとにきていて、民藝運動の中心人物でしたのでしたので漠然と気になっていました。このバーナード・リーチ展ですが、予想以上に素晴らしかったです。90代前半まで生きたリーチですが、年を追うごとにさらに作品が洗練をされていくような感じがしました。日本の陶芸の窯に与えた影響は大きく、いまでもリーチの教えを作品に引き継いでいる窯もあり、会場外の販売コーナーも民藝運動に影響を受けた窯や工房の工芸品の品物が買えます。

私は松本民藝家具の家具と小鹿田焼と布志名焼という陶器がとても気に入って、とりあえずは小鹿田焼の小皿を買って帰ってきました。ですがもう少しゆっくりみたいと思っていまい、改めて土曜あたりに行こうかとも考えています。落ち着かない子供を連れていきたくないんですが、しかたないですね。笑

本当に”用の美”というのがわかる作品で、やはりこういうものを使っていたら、日々の生活が心平穏に営めそうです。こうゆうぬくもりややさしさを感じるような作品はリーチが言っていたように手仕事でしか作れないのかもしれないなって実感できるのです。本当です。ぜひ、生で見てください。

3
←小鹿田焼の小皿


|

« 断捨離すると欲しいものが見えてくる・・・ | トップページ | 日本の焼き物に興味を持ち始める »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122323/55595730

この記事へのトラックバック一覧です: バーナード・リーチ展に行ってきました。:

« 断捨離すると欲しいものが見えてくる・・・ | トップページ | 日本の焼き物に興味を持ち始める »