« 手紙 | トップページ | あけましておめでとうございます。 »

2012年12月31日 (月)

間もなく終る2012年、そして2013年へ

もう大晦日ですね。年々、時がたつのが早く、びっくりしてしまいます。今年は29日の快晴に大掃除を終えたので、昨日から1泊で実家で甥姪と過ごし、先ほど自宅にもどって、おせちとオイシックス待ち、あとはそれをいただくだけ。笑

1年が終わろうとするときに、私の場合、この1年はどんな本を読んだかなということを振り返ったりします。今年のメインはアーウィン・ショーでした。なんとも『ルーシィ・クラウンという女』は印象的でした。そして、今年最後の本はいま読みかけのジュルジュ・サンドの『愛の妖精』。

まだまだ読んでいない名作は多いなーと実感するのでした。

Photo 今年は何といっても仕事が充実していました。スイスの車いすのオーガナイザーがなんとか無事に終わり、バイエルンのクリスマスのツアーが最終的に16名を集め出発し、料理もホテルも内容もよかったと感想をいただき、ほっとして、年末になりました。
来年はまたまたスイスのオーガナイザーと、サンドが幼少期と晩年を過ごしたノアンヴィックなどを含めたこれまたマニアックなフランスのオーガナイザーツアー、ケルシーぺルゴール地方の一般公募ツアー、また来年もマニアックなドイツ・オーストリアのクリスマスツアーを作ろうを思っています。営業以外にいろいろなものに手を広げて、自分で立ち上げておきながらも、プレッシャーを押しつぶされそうな気分になりますが、自分でやると決めたことですので、頑張ろうと思います。来年はパンフレットのデザインももっと主体的に素敵に作れるように、発想を柔軟にしないといけないなと思ったりもしています。
来年は旅行業界は円安傾向でやや心配ですが、いいツアーは売れる。私がいつでも心がけているのは値ごろ感。そこそこの値段でも、やはりコスパがいいものは売れる。そこらへんをさらに追及していきたいですね。
そして、自分ももっともっと美術、文学、音楽など日ごろからいろいろとツアーを作る下地として勉強していきたいと思うのでした。
今年は私にとって、なかなかいい年でした。来年もさらなるいい年にしたいです。
では皆様もよいお年をお迎えください。

|

« 手紙 | トップページ | あけましておめでとうございます。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122323/56433893

この記事へのトラックバック一覧です: 間もなく終る2012年、そして2013年へ:

« 手紙 | トップページ | あけましておめでとうございます。 »