« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月10日 (日)

贅沢な時間づくし

今日は麗らかな1日。
朝から気持ちよく晴れて、掃除をし、朝食は時間があるので、鰹節をけずりみそ汁を作り、夜の分までたっぷりだしを取ったので、夜は和風ポトフにしようかと考えたりします。
朝からお味噌汁がおいしいなーと思いながら、ゆっくり食事をして、そのあと前から処分しようかリフォームしようかと考えていた、だいぶ昔(大学生の時に母から借りたままの)のやや大きめの単衣のカーキ色のジャケットでクッションを作りました。リフォームの問い合わせをしたら、身幅、丈、肩など全体を直すと2,5万円くらいと言われて、さらに虫食いが1か所あって、もう致命的。大幅に小さくすれば虫食いも消すことができるかもとは考えましたが、自分でリフォームはさすがにできそうもないので、クッションに。余っていた木のボタンに付け替えて、ミシンは出すのが面倒なので、手縫いです。なかなかいい感じにできたと自画自賛。被服学科にいながらも、すごく不器用で製作にはぜんぜん向かなかった私ですが、今は作りたいものが次々と浮かんでくるので不思議です。こういう物を作る作業をしていると、集中できて、それがストレスの解消になりますね。
Remake
 
クッションつくりは、前から気になっていた門倉タニアさんの本を読んでいて、なんとなく影響されたのかもしれません。「部屋はイタリア風にしたいのに、ドイツ式の部屋づくり(タニアさんの本の題名がドイツ式なので)?」と家族に言われましたが、それもご愛嬌。タニアさんのライフスタイルはやっぱり、まねしたいけれど、なかなかできずにいますが、本を読んでいるだけで、こちらまで気持ちがすっきりします。
さらに日曜日はコーヒーを淹れて、読売新聞の書評を読み、面白しろそうな本はないかなとチェックし、そんな自由な時間を過ごすのは私にとってはとても贅沢な時間です。
先日、お客様から庭になっている金柑とゆずで作ったという自家製マーマレードジャムをいただきました。男性の方ですが趣味で毎年作ってらっしゃって、お友達に配るそうです。そのマーマレードジャムがびっくりするほどおいしくて、ほんとに感動しました。それをいただくのが、毎朝の楽しみになっています。私も無農薬のもので作りたいなーと思い描きます。
Jam_2
イタリアの人が自分の庭のオリーブの木でオリーブオイルを絞るというのが究極の贅沢という話をしていて、素敵だなと思っていましたが、マーマレードジャムをいただきながら、その話を思い出しました。
お金をかけるだけが贅沢ではないし、贅沢の概念は人それぞれすごく様々なんだろうなあと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 3日 (日)

鰹節削り器

 年末に鰹節削り器を買いました。

 たまたま見ていた金スマで”はなちゃんのみそ汁”という本のはなちゃんの5歳の誕生日から日課の味噌汁作りについての話をやっていたのを見てから、鰹節削り器を買おうと思いました。現在小学校3年生のはなちゃんが毎朝お父さんと自分のために鰹節を削り、昆布は前日から水に浸しておいて、味噌汁を作っていることにとても感銘を受けました。

 はなちゃんのお母さんは33歳で、乳がんでに亡くなったということで、そのお母さんとの約束が毎日お味噌汁を作って食べることだったそうです。お母さんはがんという遺伝的な危惧も含め、食生活の大切さを小さいはなちゃんにしっかりと教えたのでした。

 鰹節を削って味噌汁を作るというのは日本古来のスローフードだと私は思います。発酵食品は体にもちろんいいし、野菜も取れる。私ははなちゃんから学ぶことが多かったです。  

 実際に私が毎日はなちゃんのように作れているかというと全然で、土日と週1日平日に作る程度でダメダメです。ですが、その数回は自分でも驚くほどおいしいお味噌汁が作れ、とても幸せな気分になります。

 私自身はお味噌汁があまり好きでなくて、自分で作ることも億劫がっていたダメダメですが、鰹節を削ってだしを取ると少量の鰹節でも驚くほどいい味のだしが取れるんです。いままで市販のパックの鰹節をいくら入れてもだしがうすいのよねーと思っていた人はぜひやってみてください。

 鰹節削り器の入手についてはまず実家に連絡をして、昔のがないかと聞いたところ、とっくに壊れて捨てたと言われ、購入を考えました。続けられるかわからないし、と思いつつも、一生モノかもしれないしというので悩み、アフターケアーが確実な木屋を候補に挙げていましたが、いいなと思うのはやはり2万オーバーで、にんべんでアフターケアーもありで1万2,3千円であり、これに決めました。にんべんではこの他にもプラスティックの受けのものもあり、洗えるので衛生的で今のライフスタイルにあうデザインのものもあります。この写真の削り器はやや小型でうちには収納の面でもぴったりでした。

 うまく削れるかも心配でしたが、削り器がいいのか結構うまく削れます。

鰹節削り器

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »