« 鰹節削り器 | トップページ | コートをリフォーム »

2013年2月10日 (日)

贅沢な時間づくし

今日は麗らかな1日。
朝から気持ちよく晴れて、掃除をし、朝食は時間があるので、鰹節をけずりみそ汁を作り、夜の分までたっぷりだしを取ったので、夜は和風ポトフにしようかと考えたりします。
朝からお味噌汁がおいしいなーと思いながら、ゆっくり食事をして、そのあと前から処分しようかリフォームしようかと考えていた、だいぶ昔(大学生の時に母から借りたままの)のやや大きめの単衣のカーキ色のジャケットでクッションを作りました。リフォームの問い合わせをしたら、身幅、丈、肩など全体を直すと2,5万円くらいと言われて、さらに虫食いが1か所あって、もう致命的。大幅に小さくすれば虫食いも消すことができるかもとは考えましたが、自分でリフォームはさすがにできそうもないので、クッションに。余っていた木のボタンに付け替えて、ミシンは出すのが面倒なので、手縫いです。なかなかいい感じにできたと自画自賛。被服学科にいながらも、すごく不器用で製作にはぜんぜん向かなかった私ですが、今は作りたいものが次々と浮かんでくるので不思議です。こういう物を作る作業をしていると、集中できて、それがストレスの解消になりますね。
Remake
 
クッションつくりは、前から気になっていた門倉タニアさんの本を読んでいて、なんとなく影響されたのかもしれません。「部屋はイタリア風にしたいのに、ドイツ式の部屋づくり(タニアさんの本の題名がドイツ式なので)?」と家族に言われましたが、それもご愛嬌。タニアさんのライフスタイルはやっぱり、まねしたいけれど、なかなかできずにいますが、本を読んでいるだけで、こちらまで気持ちがすっきりします。
さらに日曜日はコーヒーを淹れて、読売新聞の書評を読み、面白しろそうな本はないかなとチェックし、そんな自由な時間を過ごすのは私にとってはとても贅沢な時間です。
先日、お客様から庭になっている金柑とゆずで作ったという自家製マーマレードジャムをいただきました。男性の方ですが趣味で毎年作ってらっしゃって、お友達に配るそうです。そのマーマレードジャムがびっくりするほどおいしくて、ほんとに感動しました。それをいただくのが、毎朝の楽しみになっています。私も無農薬のもので作りたいなーと思い描きます。
Jam_2
イタリアの人が自分の庭のオリーブの木でオリーブオイルを絞るというのが究極の贅沢という話をしていて、素敵だなと思っていましたが、マーマレードジャムをいただきながら、その話を思い出しました。
お金をかけるだけが贅沢ではないし、贅沢の概念は人それぞれすごく様々なんだろうなあと思います。

|

« 鰹節削り器 | トップページ | コートをリフォーム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122323/56736330

この記事へのトラックバック一覧です: 贅沢な時間づくし:

« 鰹節削り器 | トップページ | コートをリフォーム »