« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年8月27日 (木)

リメイクは楽し!スカート⇒クッションカバー

 先週は白馬に行っていました。なにをするわけでもありませんが、白馬に行くとなんだかリラックス&リフレッシュできる気がします。

本も読む気がしない日が続いていて、そんなときはリメイクがよい暇つぶし?になります。
被服学科だったのに、クオリティはイマイチな気がしますが、自宅で使うし、良しとしましょう。
 なんといっても、材料を新たに買わず、家にある要らないものでリメイクするのが、結構楽しいのです。
 
Small
 ←このちょっと渋い柄だけど、使い勝手が良くて、なかなか捨てられないけど、人前に出すのが恥ずかしくて、来客があると仕舞う低反発クッション。
 ↓バナリパのセールで買って2回しか履かなかった膝丈のタイトスカートをリメイク。(元の写真も撮れば良かったのですが…)出かけるたびに引っかけて、どこかしら金糸が飛び出す。明らかにスカート向きの生地でなくインテリアファブリック向きのような…。ベージュ地に模様が金糸で、写真ではわかりずらいのですが、ちょっとゴージャスな雰囲気。
 ちなみに出し入れ用にチャックも円に沿ってあり、それは要らなくなったジャケットのジッパーを利用。ちょっと渋かったクッションも人前に出せるクッションに変身。
Small2
 他にも、実はいろいろリメイクしたものがあるんですが、アップできていないので、追々アップします。

 では、よい夏を。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月 9日 (日)

初・USJ

 今年は酷暑ですが、やっと涼しくなりました。
昨日は久しぶりにクーラーをつけずに寝たせいか、よく眠れました。
 
 8月5日から2泊でユニバーサル・スタジオ・ジャパンに行きました。大阪の街を歩いたのは大学生ぶりですので、もう約20年ぶりでしょうか。関空は仕事でいってましたが、今回初めてpeachを利用したので、関空の第2ターミナルのLCC専用ターミナルというのも初めてでした。(peachは思いのほか快適でしたが、うちは日程変更したので、その分全額キャンセルチャージになってしまい、結局大手キャリア又は新幹線を使うのと同じくらいかかり、痛恨です。)
 
 猛暑で、すごい時に行ってしまったので、混雑と暑さに参りました。ロスのユニバーサルスタジオは仕事とプライベートで2回行きましたが、なんといってもガラガラだったので、まったく別物に感じました。空いていたら、もう少し、ユニバーサルスタジオらしい、セットも楽しめたと思います。
 
 どうしても、関東の人間はテーマパークというとTDRと比較してしまうので、もちろん違いがあるわけですが、ちょっと困惑しました。
 
 1つ目はUSJは1日1枚のチケットでの再入場は不可で、再入場するなら新たに買いなおさなければならないこと、2つ目はエクスプレスパスという(TDRでいうファストパス)は購入しなければいけないこと(それも事前にインターネットで買っておかないとまず当日買えない)です。
 
 私はUSJの入り口まで数百メートルの近鉄ユニバーサルシティホテルに泊まったんですが、すごく便利でコンビニもタコ焼きミュージアム(タコ焼き屋さんが5軒くらい入っていて、入場料を取られるわけではありません。)、レストランも周りに沢山あって、とても便利でしたが、再入場はスタジオパスまたはトワイライトパスを買いなおさなければならず、そこまでしていく気もおこらず、ちょっと残念でした。
 
 それにしても、最寄りのユニバーサルシティ駅からパークまでも数百メートルでその周辺にはホテルもいくつかあり、TDRに比べて、コンパクトで、それはとても感心しました。それは大阪全体に共通していて、交通機関もわかりやすく、中心部からさほどどこも時間がかからず、暮らしやすそうでした。
 
  結局、あまりの暑さに、初日は数時間、2日目も朝から15時くらいでギブアップ、夜のパレードはもちろん見られず(かろうじて、ホテルの窓から少し見えましたが)、ちょっと残念。
 
 アトラクションは小1の息子には迫力がありすぎて、怖かったようで、エクスプレス5というエクスプレスパスの半分でギブアップでした。これとは別に今回の一番の狙いだった妖怪ウォッチ・ザ・リアルの入ったサマーエクスプレスはほぼ完売で、1枚しか買えなかったのですが、妖怪ウォッチに行けただけでかなり満足のようでした。ちなみに妖怪ウォッチは当日のこども整理券も、朝オープンしてすぐに予定枚数配布終了らしく、先行入場できるJTBで行かないとダメそうです。笑
 
  あとは、やはりハリーポッターが良かったですね。ホグワーツの再現も良かったし、3Dも迫力あってよかったです。(画像はバタービールのジョッキ。中身はバタービールではありません。本物のビールです。)個人的には、アメリカングラフィティのドライブインを再現したレストランも、中は混雑しては入れませんでしたが、見た目は本当にイメージ通りでよかったです。とはいえ、アメリカングラフィティも、バックドラフトもウォーターワールドもバック・トゥー・ザ・フューチャーも、いまの若い子たちのどれだけの人が知っているのか?ちょっと疑問でした。私のような40代以上はどれも馴染みがありますが、10代の子たちはどれも知らないんだろうなーと感慨深く、眺めました。
Shot_1439026673971
   予想以上に費用が掛かって、このくらいかかるなら、マイレージを使って、沖縄あたりに行けばよかったかも…とか、真夏に行くのは考えものとか、ちょっと思いますが、これも行ってみないとわからないことですね。来年からはやはり夏は海に行こうと思った私でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »