« オペラはまだまだ初心者ですが | トップページ | 2016年の私の手帳~モレスキンをカスタマイズ »

2015年9月28日 (月)

「働く女のお金のルール」を読みました。

Shot_1443399484054_2  先日、有川真由美著「働く女のお金のルール」という本を見つけました。どんな内容かなと思ってみたところ、ふむふむと思う内容が書かれていました。

 将来を不安に思うと、貯金、節約とかのマネー本が多い中、この本は将来の自分の為に、「月5000円でも、1万円でも、自分への正しい投資」をして、「60歳になったとき月10万(もちろん人によっては15万でも20万でもOK)」稼げる自分になろうという事が書かれていました。

 こんなに具体的な数値は考えていなかったものの、同じことを私も考えていたので、私としては応援された気持ちです。私が仕事を辞めたのも、日本人の平均寿命から言えば、人生80年超え、あと40年近くできる仕事を考えると40からでも遅くないという考えからでした。

 たまたま、私の父も今も現役(70オーバー)で仕事をしていて、思春期の頃は私より遅く起きてきて、夕食には必ず食卓にいる父をちょっとやだなーと思っていましたし、退職金みたいなのがドーンと入ってくることもなかったので、ちょっと心配でした。でも、いま70オーバーで、60歳定年で一般サラリーマンがもらう退職金よりも稼いだと思うし、結構そういう生き方もいいかもと思い始めていたからです。

 それには、大きな勇気と行動力がいるけれど、この本を読むと、こんな私でも出来るような気がしてくるし、勇気づけられます。私であれば、60歳まで20年弱、60歳になっても稼げる自分への投資はいまからでも遅くない。そう思ったら、なんだかやりたいことがいろいろ出てきて、昨日は手帳にメモったほどです。 なんだか、勇気をもらえました。

 話は変わりますが、シルバーウィークに栗拾いに行きました。今までは観光農園のようなところで拾ったり、白馬の姉の家の近くで拾ったりはしましたが、今回は近所の友人のご両親の家の庭で拾わせてもらいました。小ぶりだけど、なんとなく栗らしい味がして、おいしかったです。私はめんどくさがりなので、圧力なべで茹でて、柔らかくなったのを剥きました。どうしても渋の色が出て、剥いた栗のまわりが黒くはなってしまいますが、まあ自宅用なのでよしとしましょう。(綺麗な栗ご飯にしたければ、生で剥いたほうがベターです。)

 四季の旬のものを食べるって、やっぱりいいですね。日本人に生まれて良かったと思う瞬間です。

 では、よい1日を。

|

« オペラはまだまだ初心者ですが | トップページ | 2016年の私の手帳~モレスキンをカスタマイズ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122323/62368946

この記事へのトラックバック一覧です: 「働く女のお金のルール」を読みました。:

« オペラはまだまだ初心者ですが | トップページ | 2016年の私の手帳~モレスキンをカスタマイズ »