« 2016年4月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年5月31日 (火)

自分へのご褒美的な・・・

 先日、またまたETV「すてきにハンドメイド」で見た、「SASAWASHI」という素材を使った帽子を作りました。

Shot_1464663170237
 かぎ針の細編みだけで、編めるということで、このくま笹和紙という素材は、抗菌作用、紫外線防止効果もあり。手洗いも可能の天然素材で、すぐに気になって、ユザワヤのウェブショップで、SASAWASHIを購入して作り始めました。
 出来上がってみると、ちょっと、目数を間違えたりしたのと、最初の網が緩めだったこともあり、出来上がりがテレビをちょっと違ってしまいましたが、反省材料としつつも、これもご愛嬌ということにしようと思います。

いつも、帽子はちょうどよいサイズが見つからず、だいたい小さめで、すぐに飛んでしまうみたいなことが多いんですが、大きめサイズに目数を増やしたので、ちょうどよいサイズに出来上がり、自転車に乗ってもかぶれます。
今朝未明に出来上がったんですが、くしくも本日は私の43歳の誕生日!
自分へのご褒美的・・・なものになりました。

今日は、半日ドックにも行って、その間にちょうど、ポール・ジョンソン著の「チャーチル 不屈のリーダーシップ」を読み終えたんですが、チャーチルという人が再評価される理由がわかり、彼の人柄を、彼の愛したチャートウェルの庭園を思い描きながら想像しました。

この本の最後に、彼の教訓(と本にはありますが、彼の生き方のヒントともいえる)という中でも、「チャーチルは人として卑しい行為に時間や労力を無駄にすることがほとんどなかった。」とあり、「憎しみほどエネルギーを浪費し、消耗するものはない。悪意は判断を狂わせる。チャーチルは寛容と和解を愛した。」とあります。

日本人的に言うと、「昨日の敵は、今日の友」とでもいうのか、「罪を憎んで、人を憎まず」というのでしょうか。「憎しみをもたなかったことで、チャーチルは生涯を通して、大きな喜びを手にした点をあげたい。思いがけない吉事の時など、これ以上ないほど魅力的な顔を輝かせる。」とあります。

チャーチルは好戦的ともいわれ、冷酷とも言える決断があったことも事実だと思います。しかし、その場所(国)に合った、やり方で正しく、私利私欲なくリーダーシップを発揮したことが再評価されるのでしょう。人として愛されるキャラクターだったことも、その理由だと思います。冗談好きで、人を恨み続けるようなことのない、明るさというのは、チャーチルでなくとも、素敵だと思います。そういう人でありたいですね。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2016年5月19日 (木)

今年は何役も・・・、新しいことを始めること。

ご無沙汰しています。

先日からトラベルコンシェルジェの傍ら、アルバイトを始めました。

ここ数年興味を持っていた、洋服のリフォームの仕事。

趣味として、身近なものをリフォームしてきましたが(自分でやったり、お金を出して、直してもらったり)、本気で洋服のリフォームの学校に通うことも考えたりしていましたが、物理的に無理そうだと思っていました。しかし、発想の転換で、昼間の空いている時間に、バイトをするということにしました。

これも発想の転換ですが、旅行業界にいるときには、研修や資格取得は自分のものということで、自腹か、それなりに会社への貢献度があって、出してもらえるという感じだったので、もらえるお金は少ないけれど、お金をいただきながら、技術を教えてもらえるというのはありがたいなと思っています。

なぜ、いまさら、洋裁かといえば、大学で被服学科に4年も通ったのに、何もできない、自分への自責の念(かなり)と、over60を考えたときに、やっぱり技術って、大事だなと思ったこともあります。大学の同級生が知ったら、笑うでしょう。さっさと洋裁をあきらめた私なので。

今年は、トラベルコンシェルジェ、大学生、洋裁のバイト、本の販売、子供会の役員etcと、何役もやることになって、それだけで目がまわりそうですが、いまはやれることを何でもやってみたいと思います。自分の生き方の優先順位を考えると、いま仕事は長時間の勤務は不向きだし、やれることは、正直限られてきてしまいます。でも、いくつになっても、いつでも、何か始められるということ。

実際はそんなに美しいものでなく、歳も取ってくると、自分の経験則で物事を考えがちなので、プライドや自分の自負のような、見栄も先に出がちです。(たしかに、被服学科だったのに、不器用で、何も知らないのは、結構恥かきます。笑)


新しい世界に初心で入っていくこと、やりたいことをいつでもできるフットワークの自分でいることって、大事だと思うし、周囲にほんと感謝しないといけないと思います。確かに、いまさら、私がバイトというと、「えー。」と驚かれますが、細々とでも、技術が身についたら、いいなって思います。

話は変わりますが、先日、熊本で地震がありました。
気持ちを寄せるだけでなく、何か出来ないかなと思います。
私は、数年前から、ユニセフに寄付していますが、今年3月の確定申告で、過去5年までさかのぼって、寄付金の還付手続きできるということで、どういう仕組かはわかりませんが、寄付した金額の3分の1くらいが戻ってきました。これはかなり意外でした。

ふるさと納税も、寄付ということですが、こちらはもっと簡単に手続きができるように聞いたと思います。一部の自治体の窓口でできるようなので、こういう仕組みを利用したいと思ってます。
ふるさと納税 for 熊本


いま、是枝監督の映画「海よりもまだ深く」の文庫本を読んでます。
旧友の住んでいた場所が舞台になっているので、なんだか、私も懐かしい気持ちになります。
Shot_1463622731462

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年4月 | トップページ | 2016年7月 »