« 今年は何役も・・・、新しいことを始めること。 | トップページ | 今年、ふたつめの帽子を作りました »

2016年5月31日 (火)

自分へのご褒美的な・・・

 先日、またまたETV「すてきにハンドメイド」で見た、「SASAWASHI」という素材を使った帽子を作りました。

Shot_1464663170237
 かぎ針の細編みだけで、編めるということで、このくま笹和紙という素材は、抗菌作用、紫外線防止効果もあり。手洗いも可能の天然素材で、すぐに気になって、ユザワヤのウェブショップで、SASAWASHIを購入して作り始めました。
 出来上がってみると、ちょっと、目数を間違えたりしたのと、最初の網が緩めだったこともあり、出来上がりがテレビをちょっと違ってしまいましたが、反省材料としつつも、これもご愛嬌ということにしようと思います。

いつも、帽子はちょうどよいサイズが見つからず、だいたい小さめで、すぐに飛んでしまうみたいなことが多いんですが、大きめサイズに目数を増やしたので、ちょうどよいサイズに出来上がり、自転車に乗ってもかぶれます。
今朝未明に出来上がったんですが、くしくも本日は私の43歳の誕生日!
自分へのご褒美的・・・なものになりました。

今日は、半日ドックにも行って、その間にちょうど、ポール・ジョンソン著の「チャーチル 不屈のリーダーシップ」を読み終えたんですが、チャーチルという人が再評価される理由がわかり、彼の人柄を、彼の愛したチャートウェルの庭園を思い描きながら想像しました。

この本の最後に、彼の教訓(と本にはありますが、彼の生き方のヒントともいえる)という中でも、「チャーチルは人として卑しい行為に時間や労力を無駄にすることがほとんどなかった。」とあり、「憎しみほどエネルギーを浪費し、消耗するものはない。悪意は判断を狂わせる。チャーチルは寛容と和解を愛した。」とあります。

日本人的に言うと、「昨日の敵は、今日の友」とでもいうのか、「罪を憎んで、人を憎まず」というのでしょうか。「憎しみをもたなかったことで、チャーチルは生涯を通して、大きな喜びを手にした点をあげたい。思いがけない吉事の時など、これ以上ないほど魅力的な顔を輝かせる。」とあります。

チャーチルは好戦的ともいわれ、冷酷とも言える決断があったことも事実だと思います。しかし、その場所(国)に合った、やり方で正しく、私利私欲なくリーダーシップを発揮したことが再評価されるのでしょう。人として愛されるキャラクターだったことも、その理由だと思います。冗談好きで、人を恨み続けるようなことのない、明るさというのは、チャーチルでなくとも、素敵だと思います。そういう人でありたいですね。

|

« 今年は何役も・・・、新しいことを始めること。 | トップページ | 今年、ふたつめの帽子を作りました »

コメント

うめめだかさん
お誕生日おめでとうございます。


いい日になったようですね。
普段と同じように過ぎて行く誕生日を送るのですが、うめめだかさんのように行えば気持ちにけじめがついて次回私も意識してみます。

半日ドックは受けた事無いのですがどうですか?
受診科目は何でしたか?

いつの間にか帽子を完成させていて感心しています。時間を捻出も上手で手際も良いんですよね。
蒸れにくそうな素材ですね。
軽そうですが、細いのでポシェットやバッグなんか作っても良さそうですね。

自転車も街歩きでもいつ飛んで行くか判らないですよね。オープンカーに乗るのと手荷物にしたくなくて高校生も社会人になってもずっとアゴのゴムつけていますw 今夏はヘンリベンデルデパートで買ったN.Y. の麦わら帽子と毎年買うワイキキのロイヤルハワイアンの帽子屋さんのとヘレンカミンスキーが出待ち中ですが各々に似合うゴム紐をユザワヤで探して縫い付けました。

うめめだかさんは自作品を活用されていますよね。わたし、母に作ってもらった物は使うのですが自分だと完成させて使わないんです。


投稿: 黎 | 2016年6月 4日 (土) 18時52分

黎さん

ありがとうございます。
今年は姉からサプライズで、アルザスワインとオリーブオイルのレア物をもらい、嬉しかったです。

オープンカーだと、ゴムつけたほうがいいですね。れいさんならば、z3やslのオープンも似合いそうなイメージ。

ヘンリーベンデル行きたいなー。ヘレンカミンスキーの麦わらサンバイザーは風飛びせず、実用的です。

黎さんは自作品は保管派ですね。私は使う派です。

そう、この笹和紙ならば、小バッグ、ポシェットも良さそうです。

では、よい週末を。


投稿: うめめだか | 2016年6月 4日 (土) 21時11分

うめめだかさん

BSプレでLes Misérablesやってますね。
挑み続けないと!と勇気がわきます。

良いワインにオリーブオイル、イイですね!
白馬から届いた小包ですか?
仲が良くてうらやましいです。
レアとはどんなお品物でしょうか^ ^?

43歳のお誕生日は本からの得た志、良い色味で風通し良さそうな帽子が完成、プレゼントまで‼︎

帽子、飛んで行ったの捕まえるの大変ですw
ひとりブラブラ時も首に引っ掛けたまま、手首に引っ掛けてお会計とゴムは何かと良いです。

作ってる最中に見飽きてしまうようです。
明日、仕事です。
頑張ってきまーす!

投稿: 黎 | 2016年6月 4日 (土) 22時34分

Eテレを見て、黒の笹和紙帽子作りたく、黒笹和紙糸を探していますが、どこも入庫待ち状況。とても素敵な帽子になりましたね。私も早く作りたいな・・・・・

投稿: ハッピーコール | 2016年6月 6日 (月) 15時32分

黎さん

コメントをありがとうございます。
「レ・ミゼラブル」は、映画、よかったですよね。
歌もすごく良かった。ほんと、勇気がわきます。

ワインは、私がアルザスワインをあまり知らないせいもあって、レアを思ったのかもしれませんがジョスメイヤーのFLEUR DE LOTUS / フルール ド ロトュス (蓮) という、和食に合うワインとされているもので、飲み始めはまろやかな日本酒を思わせるような口当たりで、でも甘ったるくなく、やや辛口ですっきり。あっという間に、1本あけてしまいました。

オリーブオイルは南フランスのカマルグのドメーヌ・ド・ラ・ヴェルネードゥエクスというもので、フランス産のオリーブオイルっていうの自体、日本で私は見かけたことがなかったので、ちょっとうれしい贈り物でした。

白馬で、姉はホテルで働いているので、その関係で、こういうものに出会ったようです。姉ながら、気の利いた贈り物で、意外でした。笑

投稿: うめめだか | 2016年6月 7日 (火) 16時11分

ハッピーコールさん

コメントをありがとうございます。
やはり、Eテレみましたかー。私も黒を買おうと思ましたが、すでに売り切れでした。黒は大人向きなんて聞くと、やはり、黒を買いたくなりますね。

今日、たまたま笹和紙(SASAWASHI)を使った同じような帽子が、とあるショッピングセンターのナチュラル系のショップで売っていて、ややつば広のもので、6,000円税別でした。

私は,sasawashiを7玉買って(6玉で十分足りましたが)、3,500円円くらいの材料費だったので、買うと倍くらいの値段なんだなと思いました。作って、ちょっと得した気分。

その売っている帽子を見たら、ブリムをもう少し大きめにして立ち上げるのも確かに日よけになっていいかもって、思いました。今年はこのまま使って、来年は余ってる1玉を使って、つば広にリフォームしてみようかなと思います。

私もETVの作品にアップしましたが、ぜひハッピーコールさんも出来上がったら、載せてください!

早く入荷するといいですね。


投稿: うめめだか | 2016年6月 7日 (火) 16時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122323/63710904

この記事へのトラックバック一覧です: 自分へのご褒美的な・・・:

« 今年は何役も・・・、新しいことを始めること。 | トップページ | 今年、ふたつめの帽子を作りました »