« イメージするよりもやってみると・・・ | トップページ | 大人の鉛筆削り »

2017年7月15日 (土)

『ボンジュール、アン』を見ました!

いよいよ、夏本番という感じですね。気が付けば、7月半ばです。

有り難いことに、仕事は忙しくなってきました。朝から仕事を猛スピードで終わらせ、レディースデーに映画『ボンジュール、アン』(原題 Paris can wait )を見に行ってきました。さすがに、大人の恋愛を感じさせる映画なので、年齢層が高めでしたよ。

Phot_by_eric_caro ダイアン・レインは大好きで、タイトルからして、以前の『トスカーナの休日』(これまた大好きな映画)とイメージをだぶらせつつ、見に行きました。
ダイアンレイン演じる主人公アンは、映画プロヂューサーの夫マイケルとフランスのカンヌに出かけますが、夫マイケルはそこでも仕事に忙しく、次の滞在場所のブダペストへ商談のために行くのですが、同行していたアンは、ブダペストへ向かうプライベートジェットの前で、数日前から調子が悪かった耳を考えて、急きょ陸路でパリに行き、夫と合流することにしました。そのとき、空港まで送ってくれていた、夫の友人でフランス人のジャックがパリへちょうど用もあるので、アンを乗せていくといいだし、二人のパリへの旅は始まったのでした。

パリへ直行すると思いきや、ジャックの所有する古いプジョー504カブリオレは、息も絶え絶え、途中、頻繁に給水したり、食通、ワイン通のジャックが素敵なレストランに連れていったり、美しいローマ橋ポン・デュガールに寄ったり、そうこうしているうちに、プジョーが故障し、アンはさらなる遅れにやきもきするのですが、それでも、ジャックは慌てることもなく、川辺でピクニックを楽しんだりするのでした。

プジョーが壊れたので、色気のないルノー(ワゴンタイプ)に乗り換え、旅を続けます。その後は、リヨンの町にも立ち寄り、またおいしいものを食べて、少し旅を楽し始めたころに、もうすぐパリ・・・、最後にはアンもヴェズレ-に寄りたいと言いだし、二人はパリに到着するのでした。

何とも、ジャックがフランス男らしく、食をこよなく愛し、強引なほどに、アンをおいしい、美しい、楽しいの方向に引き込んでいくのでした。Workaholicぎみの日本男性にはないなーと思ったりした私。アメリカ映画だから、アメリカ人にとっても、こういうフランス人らしさって、驚きなんでしょう。エレノア・コッポラ監督は実際の体験を元したようですが、そんなカルチャーショックな部分をうまく美しく、素敵に描き出しています。

あー、なんかいいなあ、素敵というのが率直な感想。若けりゃいい、みたいなアジア的な感じがないです。(笑)

古いプジョー504カブリオレからルノーに乗り換えた時に、私自身、色気のない車だと思いましたが、ジャックもそのようなセリフを口にしていました。「あー、すごくわかる―」って、同感しました。

ジャックがなにかあるとカードとアンの好きなものを添えて、機嫌を取るのも、細やか、かつスマートで素敵。ぜひ、男性に参考にしていただきたいです。

久々にいい映画でした。こういう映画に会いたかったのよねと思った私でした。
では、よい週末をお過ごしください。

|

« イメージするよりもやってみると・・・ | トップページ | 大人の鉛筆削り »

コメント

うめめだかさん

私も観たいです、知らないところでした。好きであり続けそうな作品ですね。トスカーナの休日の類みたいで今時季にピッタリそうです。上映場所、さっそくチェックしました。フラっと行ってランチ食べてからコーヒー片手に飲みながら観たいです。ジャックが気になります。
うめめだかさんが外国の方と結婚も違和感なく、きっとオトナカップルで素敵ですよね。

夏になるとみたくなるんですが、トヨエツと榮倉奈々ちゃんの『おとこの一生』観たことありますか?
かもめ食堂やめがねが好きなら楽しめます。祖母の葬儀で帰ってきてそのまま風情ある古い日本家屋で暮らし始める話ですが台詞は少なめなのも艶っぽいんです。染め仕事の庭、家財、私は食器までじーっと毎回みては、住んでみたいと憧れる家です。榮倉奈々ちゃん演じる主人公の衣服は素朴で良く、作るお料理も美味しそうで、トヨエツの背中や2人の視線や表情からたくさん想像出来て入りこめます。2人の関係も若者達とは違い素敵です。日常に沿うような音楽もいいです。

本当、いつの間にやら、夏本番なんですね。
夏にハワイに行きたいなーなんて昨日思っていました。真夏以外に訪れる回数多いも、学生時代に友人と真夏のハワイは楽しい記憶が強く残っています。今週はサザンの真夏の果実、ラブアフェアとか夏らしい曲何度も聴きました。昨夜は寝る前にラジオから杏里のサマーキャンドルもしっとりしてよかったです。亡き父が帰ってきているので今日は、昨夏元気なこれまで通りの父と鰻を食べた夜の日を思い出しながら今夜は鰻を食べました。
うめめだかさんは今年もどちらかへ泊まりでお出かけされる予定あるのでしょうか?
夏のお出かけのお話もいつもこちらまでウキウキして毎回楽しみなんです。

投稿: 黎 | 2017年7月16日 (日) 03時35分

黎さん

こんにちは。
『ボンジュール、アン』、おばさま率高めでしたが(もちろん私も含まれますが)、一人で見に来ている人がすごく多かったですよ。

『おとこの一生』は私こそ、見落としてました。ぜひ見なくちゃ、カモメ食堂もめがねも好きですもの。祖母の家というのも気になります。良くチェックしなくちゃ。すてきなヨーロピアンの部屋も憧れますが、実際うちなんて、もろ日本家屋ですから、レトロモダン的なほうが、自分にもあっていていいのかも。

私も夏になるとサザン聴きます。ラブアフェアはやっぱリ好きです。車で聞くのは、ベスト盤が入っているので、真夏の果実と平和の琉歌が好きかな。杏里は、『サーキットオブレインボー』と『マインドクルージング』(特に、晩夏の恋人たち)の2枚が大好き。あとで、車で聞こうと。

ハワイはやっぱり何度行ってもいいですね。私も今年は話はあがったのですが、結局流れて、結局白馬にまた行きます。

今年は、パソコンさえあれば仕事ができるので、1週間ちょっと行こうかなと思ってます。でも、できれば、行ってるときには仕事したくないので、依頼が来ないようにこれから休みの連絡をしなくては。長野であまり行ってないところを少しは見たいと思っていて、小布施あたりに寄ろうかなと思ってます。

ちょうど、お盆ですね。お父さま帰ってきてますね。鰻、おいしそうだなと思ってらっしゃるのではないかしら。私もおなかが空いてきました。明日お墓参りに行こうかな。

では、よい連休をお過ごしください。


投稿: うめめだか | 2017年7月16日 (日) 17時19分

うめめだかさん
さっきから始まったBSプレの特番スターダストレビューが豪華な歌手をゲストに迎えた35周年記念ライブ、見始めたら、良いです!
で、小田和正さん出てきました!
松たかこさんも!
取り急ぎお知らせまで。

投稿: 黎 | 2017年7月16日 (日) 23時24分

黎さん

お知らせをありがとうございました。
録画だけとりあえずできましたー。楽しみです!

投稿: うめめだか | 2017年7月17日 (月) 08時00分

うめめだかさん

小田さん、松さんへの楽曲提供して一緒に登場されましたが後々に単独で歌いました!
スターダストレビュー知らないから見てもツマラナイかなー、なんて一応チャンネル変えたらゲスト迎え続けてゲストの名曲ばかりで最後までチャンネル変えないままでした。
お伝え出来て良かったです^ ^

投稿: 黎 | 2017年7月17日 (月) 19時13分

黎さん

こんにちは。スタレビ(って短縮するみたいです。(笑))情報、ありがとうございました。

クリスマスの約束ぶりに、すごいよかったです。

私も昔から根本さんの声を耳にするものの、ちゃんと聞いたことがなかったので、なんかすごく良かったです。

投稿: うめめだか | 2017年7月22日 (土) 11時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122323/65537062

この記事へのトラックバック一覧です: 『ボンジュール、アン』を見ました!:

« イメージするよりもやってみると・・・ | トップページ | 大人の鉛筆削り »