« ふきんを煮洗いしてみる | トップページ | 1972年の布でチェアカバーを作る »

2020年7月15日 (水)

リネンのシーツは自分で

こんばんは。

本業の旅行業が一気に暇になり、今後の先行きも不透明ということで、期せずして昨年から始めていた日本語教師のEラーニングに時間をかけることができるようになりました。


旅行がだめなら、日本語教師も留学生が来られないので、まああまりいいとは言えないのですが、何もしないよりかはましと言う感じです。


去年は忙しくて、このEラーニングも解約しようと思っていたくらいなので、渡りに船でありがたい時間を頂いたとも言えます。でも現状としては、実際稼ぐには図書館司書の仕事で稼ぐしか活路がなく、図書館司書の生活も始まりました。

いわゆるフリーランスなんで、自分で稼ぐ方法を見つけるしかないので、業界・業種関係なく働きます。でもどれも、嫌いなことではないので、その点ではいいです。一般論ですが、イノベーションを作り出すには業界を超えたコラボなど、いろいろな業界を見ると言うのは今後にも役に立つのではないかと思います。

6月半ばから約1カ月テスト期間で、昨日までの1ヶ月で7科目を終了しました。まだあと1科目が7月中にあるものの、この解放感ないわ〜。(全部取り終わるにはまだまだかかります)


それにしても、受験生のような生活で苦しかった〜。さすがに長時間にわたる勉強で、もう苦しいという感じでしたが、確かに思い出せば、図書館司書のときも苦しかったし、そんなに楽に取れる資格はないということで、こればかりはしょうがないですね。

 

今日は解放感に満ちた1日で、久々に足踏みミシンを出して、革ベルトの調整をして、油をさして、先日買った220cm巾のリネンの布の端を縫って、シーツにしました。


よくみると、リネンは8-10%縮むので4,5時間水に漬けてから使うのがいいと書いてありました。10%の縮みは想定して購入したので、とりあえず端を縫って天気のいい日に一度洗って干そうと思います。

 

なんとか梅雨明けまでには間に合ったので、今年の夏はどんなかわかりませんが、夏はこのリネン(ベラルーシ産)のフラットシーツで爽やかな眠りを体験したいです。


Photo_20200715224601 

|

« ふきんを煮洗いしてみる | トップページ | 1972年の布でチェアカバーを作る »

コメント

うめめだかさん

おはようございます。
開放感いいですね。

さっそく、ベラルーシ産のリネン生地の端縫いされたんですね!
これで盛夏はいつでもウェルカム、ですね。
昨夏の今頃って毎日ジリジリ暑かったのに、今年は真夏が短いのでしょうか。
白いフラットシーツを天日干ししてパリッと乾くのも楽しみですね。

あと、黒色の足踏みミシン素敵ですね。調整も出来て使いこなせていいな、と毎回思っております。
私も家にあるんですが30年近く眠っていて使えるのかな。それまでは母が愛用していたものなんですけどね。

前にうめめだかさんがエプロンを作っていたのを思い出して私もエプロンも作りたいな、なんて思っています。

よい日曜日お過ごしくださいね。

投稿: 黎 | 2020年7月19日 (日) 03時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ふきんを煮洗いしてみる | トップページ | 1972年の布でチェアカバーを作る »