« 2020年8月 | トップページ

2021年3月 5日 (金)

最近のこと。観葉植物、はじめました。

ずっと、更新していなかったブログですが、前回に引き続き、アップしています。

そうそう、このブログは好きなことを書いていたんだ。あー、楽しいなあって思い出しました。

 

さて、最近始めたこととして、観葉植物を育てるようになりました。庭にはたくさん植木が生えているし、以前ベランダにプランターでハーブを育てたときには、葉脈だけ残して、夜明けにはすべての葉を食べ尽くすアオムシに狙われて、すぐにやめてしまったんですが、今回は毎日楽しく眺めて暮らしています。

というのも、近所のマダムの家は観葉植物の鉢植えが広いリビングに7,8鉢あって、天井につきそうなくらい育っています。日当たりが良くて、明るいリビングはとても心地がいいのです。

その家に行くと、私はいつも、このジーン・ジオン(「どろんこハリー」の作者でもある)の「はちうえはぼくにまかせて」を思い出してしまうんです。

そこで私も、いい気が流れるマダムの家のように、観葉植物を育て始めました。

 

マダム曰く、水のあげすぎが良くないとのこと。「愛情はたっぷりかけるけど、手をかけすぎないのが大事」ということでした。

逆光で見づらいのですが、株分けしてももらったスパティラフィラム(真ん中)、ベンガレンシス(左)、カポック(右)の3つの鉢植えを育てています。

水やりは、今の時期は週に1回か、2週に1回程度。日中は窓際の日当たりのいい場所に置き、夜窓際が寒いときには、窓から少し離れたところに移動します。霧吹きで水を吹き、ときどき葉をぬれたティシュで拭いてあげています。

210304074742442_photo

夏はもっと成長するようで楽しみです。

 

| | コメント (4)

2021年3月 4日 (木)

最近のこと。リメイクのクッションカバーの話

おはようございます。こちらのブログは、だいぶご無沙汰していて、大変失礼しました。

前回がなんと昨年の8月の更新だったので、半年以上時間が経ってしまいました。すみません。もう一つの本と旅のブログは、なるべく更新しているんですが、こちらのフリースタイルのブログは更新できずにいました。

あの頃には、こんなにCOVID-19が続いているとは想像していませんでした。

 

昨年の8月の時点では、つぎのGWにはもう海外に行けるかななどと考えていました。2020年内には翌年のオリンピックの開催の是否が決まって、それに合わせて海外旅行も再開するだろうと考えていました。

でも、現在もオリンピックが開催されるかどうかもはっきりせず、旅行・観光業界はオリンピック前で盛況だった2019年の水準に戻るには、4,5年、いやもっとかかるかもしれません。

2000年から私は広告業界から旅行業界に移ってきましたが、あれから約20年。911,311,そのほか急激な円安など、いろいろな外的要素で煽りを受ける業界ですが、こんなにひどいのは初めてかもしれません。

正直、旅行業界から離れることも考えました。でも、旅行業界が復活したら、やはり戻っていくことになるだろうと想像すると、いまは副業で他の仕事をしながら、いろんな業界で学んで、また旅行業界で本格的にやろうとこの1年で気持ちが固まりつつあります。

 

さて、それはさておき・・・(さておくんかいって、つっこみの声が聞こえますが・・)

先日、いつもブログを読んでくださるreyさんから、季節変わりということで作ったクッションカバーの話を、とのリクエストをもらいましたので、こちらで少し書いてみます。

でも、このクッションカバー、枕カバーを作るついでに、ちゃちゃっと作ったので、おそらく10分くらいでできあがったと思うんです。印をつけて裁断で5分、ミシンでザザザザと縫って5分。トータル10分くらいです。

 

昔買ってあまり着ていなかった、だぼっとした J・CREWのボタンダウンシャツ。ボタンダウンシャツを利用すると、ファスナーもつけずに簡単にできます。もう、作ったことがあるかたも多いかもしれません。

1.シャツの袖や襟は使わないので、切り落とします。

2.シャツの背中のセンタータックがあれば、ほどきます。ボタンをしたまま、裏表に返し、前身頃と後ろ身頃の布をきれいに揃えます。そのときに、クッションカバーの幅+縫い代をとれて、ボタンが真ん中に来るように場所を決めます。

3.チャコで、印をつけて、裁断します。

210304074621124_photo

4.あとは、ザザザザとミシンをかけて、ボタンの開閉口のところは、返し縫いをして強度増すようにしましょう。

5.縫い代部分をかがりミシン(ロックミシンがないので)をかけます。

6.ひっくり返せば、できあがり。

210304074633749_photo

柄はいいけど、着ないシャツ(やや大きめ)で作るといいと思います。

私は冬用に、一重のコートを同じようにボタン部分を利用して、暖かい雰囲気のクッションカバーを作り、冬は使っていますよ。

 

あまりひねりがありませんが、リメイクのクッションカバーの話でした。

では、よい1日を。

 

 

 

 

 

 

| | コメント (4)

« 2020年8月 | トップページ