2016年9月20日 (火)

次は「あずさ2号」?

ご無沙汰しておりました。
気が付けば、季節は夏から秋へ。

この夏は、あっという間に過ぎました。
年を取ると、時間が早く過ぎるように感じますが、本当ですね。
このぐらい、若い時にも時間が早く過ぎていれば、いろんなことに悩まずに、過ごせたかも・・・などと、感傷的になってしまうのが、秋という季節です。

とはいえ、今年の夏も、夏好きの私としては楽しかった。
この夏は2つの旅に行きました。どちらも、なじみというか、思い入れのある場所でした。

それは、子供時代と成人してからも10年前くらいまで毎年頻繁に行っていた「勝浦」と、何度となく訪れていましたが、やはりここ10年くらいご無沙汰の「京都」に行きました。
勝浦は、海好きなので、海水浴、朝市、おいしいものめぐりという感じで、久々に自分の田舎に遊びに行ったような気分で楽しみました。宿泊はいつものヒルトップ&レジデンスでしたので、のんびり、好きな時に好きなものを食べに出かけるという感じで、ゆっくりとした2泊でした。
天津小湊(現在:鴨川)鯛の浦では、初めて、赤くきらめく鯛を見ることができたのと、その時期大佛次郎の「日蓮」を読んで行ったので、日蓮上人の誕生の地が詳細にわかった気がして、小説がリアルに感じられました。

京都は、久々でしたが、夏に行ったことはなかったので、夏らしい楽しみをということで、
貴船や大原、夜は嵐山の鵜飼い見物に行きました。京都の涼を求めて、郊外に足をのばしました。貴船は混んでましたが、大原は空いていましたし、涼しかったです。大原の寂光院で、建礼門院、また大原女のモデルとされ、大原発祥の柴漬けともかかわりのあるとされる女官阿波内侍に思いを馳せながら、旅しました。
嵐山の鵜飼いは、何とも風流で、よかったです。夜は川面を渡る風は涼しく、漁火が幻想的でした。京都から帰ったあと、井上章一氏の「京都ぎらい」を読んだら、あの嵐山のあたりの嵯峨は、南北朝時代のきっかけを作ることになった後嵯峨天皇、持統院統と大覚寺統ゆかりの寺があることがわかり、もっとそこらへんも知ってから、旅に出たかったと少々後悔しました。

どちらの旅も、私の中では、本と無理やり結び付け、広がりのあるものになりました。

11月には、松本と白馬を旅する予定です。
松本に行くのは久々で、今回の目的は、松本の民藝運動を探りたいと、私なりにテーマを決めています。もちろん、グルメも楽しみたい。友人から「新そば」の季節と聞いたので、それも楽しみです。新そばを松本で食べて、美麻あたりでも、食べて、さらに白馬は胡桃ダレで、食べたいなと考えています。
いつも白馬に行くときは、新幹線&バスで行きますが、今回は松本に1泊するので、「あずさ」を使う予定です。2号で行くかは未定ですが(笑)、楽しみです。それにしても、「あずさ2号」の歌詞って、すごく昭和だけどいいです。やっぱり、名曲ですね。



明日私は旅に出ます
あなたの知らないひとと二人で
いつかあなたと行くはずだった
春まだ浅い信濃路へ
行く先々で想い出すのは
あなたのことだとわかっています
そのさびしさがきっと私を
変えてくれると思いたいのです
さよならはいつまでたっても
とても言えそうにありません
私にとってあなたは今も
まぶしいひとつの青春なんです
8時ちょうどのあずさ2号で
私は私はあなたから旅立ちます



Shot_1474355235927

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2016年7月 8日 (金)

今年、ふたつめの帽子を作りました

先週末、急きょ、姉の住む白馬に、息子と2人で行ってきました。

白馬に行く前は、なんとなくウキウキ、そして、着くと、息を飲むような山並みの美しさに、癒されます。でも、住んでみると、ドラマ「北の国から」を思い起こさせるような、厳しさがあるようです。私の想像を超えるので、こんな言い方しかできませんが。
でも、今回は短い2泊の間に、2つ温泉に行ったりして、かなりリフレッシュできました。
Dsc_0103
先日作った帽子は、姉が欲しい!欲しい!とあまりにもいうし、一宿一飯の恩義として、あげてしまいました。それに、姉のほうが似合っていたので・・・。(前回の帽子)
My_hat
         



                      

そこで、余っていたSASAWASHI(笹和紙)に、追加で購入して、本当は同じ帽子を作るつもりが、編みを前回の反省から、きつめにしすぎたために、途中からサイズアップをしたいと思って試行錯誤している間に、やっぱりつば広がいいなーなど考えていたら、このようなものが出来上がりました。(今回の帽子)
My_hat2









    

こないだと全くフォルムの違うものになってしまいました。
でも、少しラフに出来上がって、私はこのほうがあっているかも・・・。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2016年2月18日 (木)

社会人になってからの学び

 気がつけば、節分も立春も過ぎ、まだ寒いものの、気持ちは春めいてきました。
 今、充電期間の、いえ、迷走中の私は、昨年4月から、通信課程で図書館司書の資格の勉強をしていますが、やっと最後のレポートが終わりました。レポートは8科目16本を書きました。結構、大変でしたが、とっても達成感がありました。あとは、スクーリングを残すのみとなりました。

 「社会人になってからの学び」について、20代の時には、あまりピンと来なかったし、どちらかというと否定的だったと思います。どうせ、学びなおすなら、もっと学生の時にちゃんとやっておけばよかったんじゃ、とか、了見の狭いことを考えていました。しかし、いま学びなおしてみると、学生の時とは、その意欲と勉強の質が、私なりに全く違うものに感じました。
 
 世間を知って、より物事を深く考えるようになったし、レポートを書くにしても、いろんな人の本を読んで、いろいろな考えを総合して考え、自分の意見を述べるということ。そんな、当たり前のことが学生の時には出来ていなかったし、第2次ベビーブーマー世代の私たちの学び方はそういうことが語られる時代でなかった気がします。

 昨日、たまたま息子の授業参観に行きましたが、今年から教科書が変わったこともあり、国語は作文を書くことが強化され、他の教科でも自分の意見をみんなの前で述べるという内容に変化しつつあるそうです。授業自体も、私の頃のようにボサーと一方的に言われることを聞いているだけでなくて、子どもたちが答えを言うときに、「私は~と思いますが、どうですか?」という答え方が定番のようで、そう聞かれると他の子たちが「同じです。」とか「~だと思います。」とか答えて、双方の意見を言い合いながら進めていくのが印象的でした。
 
 私も42歳になって、学びなおしたことで、最近の学びの傾向というのが、時代的な背景とともに変化していることを改めて実感したのでした。ともあれ、学びなおすということは、時間と費用のかかることだと思います。この数年働いて貯めた貯金があったからこそ、いまそんな時間を得られています。

 そろそろ、働かないといけないと思います。理想と現実、やりたいこととやれることというもののギャップがいつもあります。もともとは古本屋になりたい目的で、近からず、遠からずの図書館の勉強をし始めたので、図書館司書の資格を取っても、実際には司書にならない可能性が高いです。でも、まだこの年でも学びなおせるというのは、とても自信につながったと思います。そして、この時間が私にとっては、自分を見つめなおす、とてもよい時間になったということは言うまでもありません。

 来週から大学でのスクーリングが始まりますが、それまでの時間は自由時間。先日からプライベートレッスンをしてもらい、小学生ぶりにかぎ針編みを始めました。グラニースクエアのモチーフをせっせと編みました。これからつなげるつもりですが、出来上がる頃には春になってしまいそう。
Shot_1455591002000_3
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年11月24日 (月)

柚子の自家製マーマレード

また今年も、30年来の柚子の木(昨年突如実をつけたのですが)が実り、10個程収穫でき、そのうちの5個程使い、マーマレードジャムを作りました。喜界島のキビ砂糖を使ったので、去年の黒砂糖で作ったものほど黒くならずに綺麗な色にできあがりました。


昨日収穫して、苦みを取るために水にさらしたりする時間をほとんど取らなかったので、やや苦めになってしまいました。そこがやはり失敗でした。2瓶できました。

それにしても柚子の木の棘って、すごいんです。刺さりながら、収穫しました。もう今年の収穫はこれで終わりなのかしら。
20141123202927_deco

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2014年9月13日 (土)

退屈な1日も“ジュリー& ジュリア”がいれば…

退屈な1日も“ジュリー&<br />
 ジュリア”がいれば…

こんにちは。ここ1,2年は9月の三連休というと台風が来ていたので、ゴルフの予定は手控えていましたが、今年の3連休はとてもいいお天気で、ゴルフに行かなかったことをちょっぴり、後悔します。

先日から読んでいた本『ジュリー&ジュリア』を先週、読み終えました。そのあと、メリル・ストリープがジュリアを演じ、エイミー・アダムスがジュリーを演じた映画の方を早速DVDを購入して、見ました。

2001年のテロの後の頃を舞台にニューヨークで女優を諦めて、政府機関に勤め、毎日苦情処理のような仕事にあたるジュリーと、その約50年近く前に、アメリカ家庭の食卓を変えたともいわれる料理研究家で”フランス料理の王道(究極のフランス料理と映画では表現)”を書き、料理番組にも出演し、お茶の間でも人気のあったジュリア・チャイルド。

ジュリーはストレスを溜めながらも仕事をする退屈な毎日。ジュリアは夫ポールの赴任先の1950年頃のパリで駐在員の妻として生きるには持て余す毎日。ジュリーは実家にあった、ジュリア・チャイルドの”フランス料理の王道”を見つけ、引っ越しを機に料理のブログを書くことにしました。目標を決めないとずるずるしていまうので、1年のうちにジュリアのこの本の524のレシピ全てを作ることに。たかが、料理を作るブログと言っても、ジュリーの生活はこの料理を作り始めることで活気づき、生き生きとしていきます。

ジュリア・チャイルドもパリで、単なる駐在員の妻でなく、退役軍人ばかりのコルドンブルーの料理教室で、料理を学ぶことで生き生きとしていく様子がパラレルで展開します。ジュリーはちょうど30歳になる頃で、ジュリア・チャイルドがコルドンブルーに通いはじめたのは37歳頃。

2人は50年近くの歳月を隔ててながらも、料理という”悦び”により、自分の生き方を見つけていくという話。

正直なところ、1回目にHuluで見始めようとしたときには、スルーしてしまった私。その時には、ジュリア・チャイルドもイマイチよく知らないし、話の展開がわかりずらいような感じがしたのですが、原作本を読んでみると、よーく理解でき、楽しめました。

ジュリーはブログの読者にも励まされ、こんなに自分を応援してくれる人がいるんだと感じるわけですが、2005年、この映画とさほど変わらない時期にブログを始めた私も同じようなことを感じました。ジュリーのブログと同じ時期ほど、何か起きるわけではないけれど、今でも私がブログを続けているのは、ジュリーと同じような、会ったこともない人たちに励ましてもらったり、声をかけてもらったからというのは大きいかもしれません。

それにしても、女性は30代を機に、とても悩みが多くなる時期。これは万国共通なんだと思いました。でも、誰かに励まされたりしながら、自分の道を見つけ、誰もが生きていく。なんだか、とても勇気づけられる話です。

原作本もコミックみたいに読めますし、映画はさすがメリル・ストリープ。本人にそっくりに演じているようです。エイミー・アダムスも可愛く、とても素敵です。

おすすめです。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2014年4月 4日 (金)

プレミアムリネンのシャツ

プレミアムリネンのシャツ
Xperia zの調子が悪く、只今修理に出してます。

最近、ユニクロのCMに知花くらら。なんだか、彼女が履いてると素敵に見えます。

もう安物買いはしないと決めたのに、昼休みにふらふらと出かけ、パンツは試着したのに、リネンシャツは試着もせずに、買いました。二枚まとめ買い。

でも一枚2000円ほど。安っ。後悔ないです。

だってSはすでに品薄なんですもの。

リネンを着ると冬が終わった気がしてきます。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2014年2月 1日 (土)

柚子の奇跡

今日、思いがけないことがありました。

庭に植えてあった柚子の木が(というか柚子が植わっていたことも私は知らなかった)初めて実をつけていることを発見。

初めて、というのも、なんと30年前に植えて、初めてなんですって。それもかなり熟れて落ちた実を発見して見上げたら、いくつかなっていたという事実。本当にびっくりしました。

実は14個ありました。なんかいいことありそうな気がしました。

Shot_1391221568996_7





















映画『時をかける少女』、小学生の頃、大好きな映画でした。角川三部作とか言った気がしましたが、ユーミンの『守ってあげたい』が主題歌になっていたと勘違いしてましたが、『守ってあげたい』は『ねらわれた学園』でした。あ、個人的には『ねらわれた学園』が一番好きだったかも。

話はそれましたが、映画『時をかける少女』の中で、♬ ももくりさーんねん かきはーちねん ゆずは9年でなりさがり なしのーばかめはー18ねん ♬ という歌が出てきますが、うちの柚子ったら9年でも実をつけず、かなり大器晩成タイプです。

そして、その柚子のうち10個を使って、以前ブログでお客様がくださった柚子と金柑のマーマレードのことを書きましたが、私も作ってみました。無農薬の物が手に入ったら、作ってみたいなと思っていたのです。

先日買った「暮らしの手帖別冊 自家製レシピ 秋冬編」がやっと役に立つ日が来ました。それを見ながらも、かなりオリジナルで作ってしまいました。うちには白い砂糖がないので、ちょっとは気になりつつもキビ砂糖を使って甘さ控えめで、予想よりも苦みが強めのような気がしますが、まあご愛嬌。来年はもう少し考えながら作ってみようと思います。

Shot_1391249886616




















今日は仕事も持ち帰りはあるわ、アポなし訪問はあるわ、やることが盛りだくさんでしたが、そんな合間にやってしまいました。

明日は今シーズ初めで最後になりそうなオペラ『蝶々夫人』です。楽しみです。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2013年12月22日 (日)

心が安らぐお茶

心が安らぐお茶
少し前に、プランタン銀座の近く以前KIHACHIのあったところに、AKOMEYAという、全国または外国の厳選された食材、メードインニッポンの逸品を扱うお店ができまして、最近の私のお気に入りです。

昼休みにぶらぶらと出掛けていくんですが、缶が可愛くて買った丸八製茶の加賀棒茶のテトラパック(菫)がめちゃめちゃ美味しく、夜時間のあるときに香りと味をゆっくり味わってます。もったいないので、二煎目を飲もうと置いておいたのに捨てられたときにはキレそうになります。(笑)

買ってから気がつきましたが、丸八製茶の棒茶は以前デパートの物産展などで買っていた会社のものだと気づきました。でも、それは茶葉として袋売りだったので、まさかテトラパックがあるとは驚きでした。

最近はめんどくさがりで、ティーバッグがやはり簡単でいいんですよね。でもこれは会社で慌ただしいときでなく、家で好きな本でも読みながら楽しみたい逸品です。

ちなみにこのAKOMEYAさんは、最近うちの近所のスーパーで扱わなくなってしまって困っていた、メルカートピッコロのマーマレードジャムなどもあって、見て回ると欲しいものが沢山みつかってしまいます。オススメです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年2月 3日 (日)

鰹節削り器

 年末に鰹節削り器を買いました。

 たまたま見ていた金スマで”はなちゃんのみそ汁”という本のはなちゃんの5歳の誕生日から日課の味噌汁作りについての話をやっていたのを見てから、鰹節削り器を買おうと思いました。現在小学校3年生のはなちゃんが毎朝お父さんと自分のために鰹節を削り、昆布は前日から水に浸しておいて、味噌汁を作っていることにとても感銘を受けました。

 はなちゃんのお母さんは33歳で、乳がんでに亡くなったということで、そのお母さんとの約束が毎日お味噌汁を作って食べることだったそうです。お母さんはがんという遺伝的な危惧も含め、食生活の大切さを小さいはなちゃんにしっかりと教えたのでした。

 鰹節を削って味噌汁を作るというのは日本古来のスローフードだと私は思います。発酵食品は体にもちろんいいし、野菜も取れる。私ははなちゃんから学ぶことが多かったです。  

 実際に私が毎日はなちゃんのように作れているかというと全然で、土日と週1日平日に作る程度でダメダメです。ですが、その数回は自分でも驚くほどおいしいお味噌汁が作れ、とても幸せな気分になります。

 私自身はお味噌汁があまり好きでなくて、自分で作ることも億劫がっていたダメダメですが、鰹節を削ってだしを取ると少量の鰹節でも驚くほどいい味のだしが取れるんです。いままで市販のパックの鰹節をいくら入れてもだしがうすいのよねーと思っていた人はぜひやってみてください。

 鰹節削り器の入手についてはまず実家に連絡をして、昔のがないかと聞いたところ、とっくに壊れて捨てたと言われ、購入を考えました。続けられるかわからないし、と思いつつも、一生モノかもしれないしというので悩み、アフターケアーが確実な木屋を候補に挙げていましたが、いいなと思うのはやはり2万オーバーで、にんべんでアフターケアーもありで1万2,3千円であり、これに決めました。にんべんではこの他にもプラスティックの受けのものもあり、洗えるので衛生的で今のライフスタイルにあうデザインのものもあります。この写真の削り器はやや小型でうちには収納の面でもぴったりでした。

 うまく削れるかも心配でしたが、削り器がいいのか結構うまく削れます。

鰹節削り器

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年9月29日 (土)

はじめての栗拾い

Kurihiroi今日はまだ台風も来ないので天気も良く、栗拾いに行きました。

郊外生活なので、息子の保育園の脇にも栗の木があり、そこの実がちょうど先日落ち始め、早速近所の人が取りに来て、もうほとんど実は取られてしまったあとで、一つも手にできなかった息子が栗拾いに行きたいと言うので、近辺でないか探したところ、車で10分くらいのところに栗園があり、今日早速行ってきました。

私にとっても生れて初めての栗拾いで、落ちたものを拾うとは聞いていたのものの、たくさん落ちているし、イガは思った以上に刺さると痛いし、あそこまで落ちているとどれを取ればいいのか悩むほどです。選りすぐりのを1.5キロ程拾い、量り売りで900円で分けてもらいました。入園も無料なんです。高いのか安いのかはわかりませんが、なかなかおもしろかったです。

帰宅して、グリルで焼いて焼栗をいただき、残りは圧力がまで茹でて、これからせっせと皮をむく予定です。私は栗の甘い菓子が(たとえばモンブランとか、栗きんとん)苦手なので、甘くせずに料理にうまく使えないか考えていますが、まずは皮をむかないと・・・。
Kuri

栗拾いって、秋らしくていいですね。


Kurikuri_2


| | コメント (0) | トラックバック (0)