2020年5月30日 (土)

ふきんを煮洗いしてみる

今日は爽やかな午後ですね。

このコロナ禍で、年を取るとともに上がってきていた「おうちスキー度」(勝手に名付けましたが)がさらに上昇中。

結構そういう方も多いかもしれませんね。

 

もともとリモートワークなので、仕事が少なくなった以外は(収入も)、ほぼ変わらない生活ではありますが、これを機に挑戦したことはいろいろあります。

1,メルペイとペイペイのキャッシュレス決済を始めた

2,(ヤフオクは以前からやってたんですが)メルカリを始め、不要な本を売りまくった

3,ベトナムの人に日本語を教えるオンラインレッスンのボランティアを始めた

4,ふきんを煮洗いしてみた

5,(Skypeで会議やセミナーはやってましたが)ZOOMなどを使ってwebinarに参加

 

1のキャッシュレス決済は、以前英文記事を読んでいた時に、キャッシュレスの利便性の中に、キャッシュレスであればお札やコインを触らないので、病気や菌を媒介させないというのが出ていて、そのときはお金が病気を運ぶって発想が日本人にはないなーと思っていましたが、このコロナ禍で日本でもリアリティを感じて、すぐ始めようと思いました。

4の「ふきんの煮洗い」は、まわりの友人からも聞いていたし、イタリア人はそもそも白いシャツを煮洗いすると聞いていたので、キレイになるのかな・・・と思いつつ、ものぐさで、家事力が低めの私は手を出さずにいました。

 

私はふきんは、いつもIKEAでよく束で売っているディッシュクロスをすぐに半分に切って、ミシンで縫い半分サイズにして台ふきんとして使っています。コーヒーやお茶のこぼれなどを拭くので、全体に黄ばむように汚れてきていて、ほんとうは全部捨てるつもりでいたのですが、煮洗いを思い出し試しにやってみました。

 

100円ショップのセリアで、過炭酸ナトリウム(過炭酸塩も同じもののようです)というのを買って、大きめのステンレスボウルに水と過炭酸ナトリウムを入れてグツグツ煮るだけ。大さじ2,3杯くらいの過炭酸ナトリウムをいれて10分くらい煮ました。

200530_photo1-2

水温が上がってくると泡が出てくるので、吹きこぼれないように一応ずっと見ながらやりました。トングでたまに上下を入れ替えたりして、火を消したら冷めるまで置いておいて、冷めてから洗います。

手で液を触れると荒れるので、流水で流しながらトングでよく液を落としてから絞ったほうがいいです。

乾かして出来あがり。↓キレイになりました。

200520_photo

↓性格が雑なのでたたみ方も雑ですが、ふきんが揃っているとなんだか気分がいいです。

 

200530_photo1-1

結構いいかも・・・

 

 

 

 

 

| | コメント (2)

2020年5月14日 (木)

昨夜は寝ずにユーミンちゃん

昨夜はユーミンのオールナイトニッポンGOLDをちゃんと聞き直そうと思って、Youtubeで3月27日放送(リリーさんゲスト)の聞いていたら、いろいろユーミンちゃんのコンテンツが表示されるので気になって、ウトウトしながらもほぼ寝ずに聞いてしまいました。

 

TOKYO FM 開局50周年記念特別番組 松任谷由実 SURF&SNOW in Naeba 40th Anniversary Celebration!

2020年3月1日(日)サーフ&スノー苗場

https://www.youtube.com/watch?v=Qcsz1XIssVw

 

2020年3月8日(日)

https://www.youtube.com/watch?v=oj--URcruMM

 

2020年3月15日(日)

https://www.youtube.com/watch?v=DxtHtLmqgbc

 

2020年3月21日(日)

https://www.youtube.com/watch?v=Zr6-6tFEx2w

 

TOKYO FMの開局50周年、そしてユーミンの苗場コンサート”Surf & Snow”も40周年ということで、特別番組「恋とラジオとユーミンと」が4週にわたって放送されました。

TOKYO FM [恋とラジオとユーミンと] 公式サイト

ユーミンはTOKYO FMで、サタデーアドベンチャー、サウンドアドベンチャー、現在のユーミンコードに至るまで、ずっとパーソナリティをつとめています。特に私の記憶にあるのは、やはり日曜17時からだったサウンドアドベンチャーです。その当時はFM東京という呼び方だったと思います。サウンドアドベンチャーは日曜の夕方なので、遠出した帰りの中央道や第三京浜あたりで聞きました。この番組を高速で聞いていると、このままずっと渋滞だったらいいのにって、よく思ったものです。

この番組の中では、ホイチョイプロダクション制作のラジオドラマが、当時のユーミンの番組の音声とシンクロさせて4週にわたったストーリーで展開します。これがまたいいです。

もうホイチョイプロダクションを知らない人も多くなってきているかも知れませんが、1980年代後半に「私をスキーに連れてって」「彼女が水着に着替えたら」「波の数だけ抱きしめて」のホイチョイ三部作と呼ばれるヒット映画を世に出してきました。

 

この特別番組では、実際に苗場のコンサートに行かれた方の感動を伝える言葉が聞かれたり、初期の苗場のコンサートから関わる方々の話など、とても興味深く、面白いエピソードも出てきます。それにしても、40周年ってすごいなあと思います。

最終回では、プロデュサーの松任谷正隆さん談として、ユーミンが50代のときには、もう60歳でこのコンサートもやめると言っていたことを語り、実際60歳にたどり着いてみると想像していた60歳とは(いい意味で)違ったようです。そして、そんな通過点は通り過ぎて、今でもコンサートをされているというようなことをおっしゃっていて、なんだか私も先々に希望が持てた気がしました。

 

それに、最近は20代の方が苗場のコンサートに来る方も多いようで、そういう方々はご両親が若いときから大好きで子どもの頃から聞いていたというケースが多いようで、2世代、3世代と引き継がれているってすごいなあって思います。

 

何年か前に断捨離で、300本、いやもっとあったカセットテープを捨ててしまったんですが、今になって少し後悔しています。今聞いたら音はひどいものかもしれませんが、あの曲名を手書きしたり、FMステーションのカセットレーベルを切り取って使ったりした手間暇のかかったカセットは味わい深かっただようなあと思ったりします。この番組の中で、ご両親が同じアルバムのカセットをペアで持っていたと息子さんが見つけたというエピソードもあり、その方は今年お母様と2人で苗場のコンサートに行ったそうですが、なんだか感動します。

 

番組全体が4週にわたるので、ボリュームがあり聞きごたえがあり、そして、私にとっては感慨深く、あの頃何していたのかなって、つい思ってしまいました。

 

あいにく私は苗場のコンサートに行ったことがないのですが、1度だけ24歳の時に逗子マリーナのコンサート(2004年に惜しまれながら終了)に行ったことが今でも忘れられません。車で逗子マリーナに早めについて、海沿いの堤防のあるところで列に並んで心地のよい潮風に吹かれながら開演を待った記憶があります。水上のコンサートで、ユーミンがかっこよかったという印象がやけに鮮明にあります。

 

苗場のコンサートもきっとすごく非日常の時間なのだろうと思います。今年の苗場のコンサートが終わったあとに、コロナショックで巣ごもり生活が始まってしまいました。来年はどうなるのかは全くわかりませんが、私も是非行きたいと思いました。

お時間があったら、Youtubeで聞いてみてくださいね。

 

 

| | コメント (6)

2019年10月27日 (日)

無心の時間が何よりもリラクゼーション

春から秋にかけての忙しい日々が終わり、やっと私にとっての静かな秋がやってきました。

土日も休める日が来て、今日は朝から図書館へ。

本の返却と本の寄付。近くの公園でスペインのフードフェスもあったので、待ち時間に一人飲み。

自転車で図書館へは片道15分ほど。無心に自転車を走らせる時間、図書館で無心に本を読む時間が私にとっての一番のリラクゼーションの時間です。

最近、無心になにかする時間さえもなく過ごしていました。

無心になることは瞑想(メディテーション)に近い物があり、気持ちがすっきりします。

 

Inked191027105600970_photo_li

| | コメント (1)

2017年11月 5日 (日)

ソーラーパネルのアロマディフュザー

こんにちは。文化の日の周辺の休日はいつも天気がいい印象がありますが、今年も温かく麗らかな休日になっています。

近所のショッピングセンター内のアロマブルームで、先日から欲しいと思っていたディフューザーをチェックしていました。

キャンドルタイプはシンプルでいいのですが、火を使うのがやはり心配で、以前は白熱灯のライトタイプのものを使っていましたが、それもすっかり使わないまま、久々に出したら、割ってしまって・・・。もう少し手軽で、使いやすいもので、なにかないかなと思っていました。

今はやりの竹串のようなスティックをさすタイプのアロマポットは、すでにトイレに置いていますが、仕事のデスク周りでは倒しても心配のないタイプで、と考えていたところ、このソーラーパネルのものを見つけました。「ソーラーアロマファン」という名前です。電池も入れられ、光のない時には、そちらから電力がつかわれるようになっています。

Shot_1509862979551
ソーラーパネルからの電気で、ファンがまわるようになっています。今日あたりは天気がいいので、電池が入っていなくてもグルグルまわっています。エッセンシャルオイルは中のスポンジに数滴たらします。

今回は柑橘系のものが欲しかったので、ヒーリングマウンテンというオイルにしました。朝、すっきりした気分で仕事ができそうです。

| | コメント (19) | トラックバック (0)

2017年7月22日 (土)

大人の鉛筆削り

こんにちは。

あー!夏休み。といっても、私は夏休みではありませんが、家の前の小学校も夏休みに入り、蝉の声だけよく聞こえるようになって、夏休みだな~、夏来たーって思います。
私はこの1週間いつになく忙しく、再来週から白馬に出かけるので、仕事も前倒しになるし、もう来週も忙しそうです。近所のスーパーと移動図書館に本を取りに行くくらいで、ほとんど家から出られない生活を送っています。とはいっても、自由業の身にとっては、仕事があるというのは嬉しい悲鳴でもあります。

ときには、旅のプランニングのやり取りをしながら、本好きなお客さんと最近読んでよかった本の情報交換をしたり、単なるビジネスの会話だけでなく、旅という商品というのが、プライベートなところと結びついているので、面白い話に展開し、思いがけず楽しみを得られたりします。

話は、本題からそれましたが、机に張り付いている私ですが、机の上には、ちょっと優れものという鉛筆削りがあります。ドイツ製のもので「Tepoinn」とロゴが入っていて、手のひらサイズで、電池とACアダプターと両方使用可能なのも便利です。もともと、電源が2WAYというのがポイントで買いました。
Shot_1500688749857












モーターは日本のものよりも勢いがあるので、削る瞬間にはちゃんと握っていないとだめなのでコツみたいなのがありますが、なんといっても、穴が2つあいていて、普通の太さと、太いものと2種類が削れます。でも、そうすると子供が指入れちゃったりして危なそうなんですが、ちゃんとボタンを押しながらでないと太いほうが削れないという仕組みになってます。

太いものを削るってあまりないのですが、たまにあるんですよね。目元のハイライトを入れるペンシルとか、コスメ系には太いタイプのがあって、そういうのを削ったり。

でも、使っているうちに、それにしても2つって??と思っていたら、先日わかったんです。ドイツのLIRA社の色鉛筆を削ろうとしたら、買ったときに見かけにはわからなかったんですが、普通のサイズのほうには入らないんです。そこで、太いほうを使う・・・。



あ、そうか、ドイツの色鉛筆は意外と太さがバラバラなのかも!?とたどり着いて。実際、重宝してます。

総合的に見て、本体の大きさ、削る太さ2サイズ、電源2WAYで、かなり気に入っています。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年4月14日 (金)

失物 高き所を探せ

こんにちは。今日、昔の感想文ノートを探していたら、使っていないゴッホの「夜のカフェテラス」の表紙のノートが2冊も出てきました。たしか1冊は、クレラーミュラー美術館で買ったようですが、もう1冊は€12のシールがあったけれど、さてどこで買ったかな・・・

私は厚い表紙の日記帳タイプのノートが大好きで、各地で買っては、感想文のノートにしてきました。 今日、新ブログの第1号を書くので、感想文ノートを探していたら、偶然発見!

ちょっとラッキーな朝になりました。

Cafe_3

先ほども少し書きましたが、今朝、新ブログの第1号を書きました。旅と本をつなぐブログです。毎週金曜更新にしています。お暇があったら、読んでみてくださいね。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2016年9月20日 (火)

次は「あずさ2号」?

ご無沙汰しておりました。
気が付けば、季節は夏から秋へ。

この夏は、あっという間に過ぎました。
年を取ると、時間が早く過ぎるように感じますが、本当ですね。
このぐらい、若い時にも時間が早く過ぎていれば、いろんなことに悩まずに、過ごせたかも・・・などと、感傷的になってしまうのが、秋という季節です。

とはいえ、今年の夏も、夏好きの私としては楽しかった。
この夏は2つの旅に行きました。どちらも、なじみというか、思い入れのある場所でした。

それは、子供時代と成人してからも10年前くらいまで毎年頻繁に行っていた「勝浦」と、何度となく訪れていましたが、やはりここ10年くらいご無沙汰の「京都」に行きました。
勝浦は、海好きなので、海水浴、朝市、おいしいものめぐりという感じで、久々に自分の田舎に遊びに行ったような気分で楽しみました。宿泊はいつものヒルトップ&レジデンスでしたので、のんびり、好きな時に好きなものを食べに出かけるという感じで、ゆっくりとした2泊でした。
天津小湊(現在:鴨川)鯛の浦では、初めて、赤くきらめく鯛を見ることができたのと、その時期大佛次郎の「日蓮」を読んで行ったので、日蓮上人の誕生の地が詳細にわかった気がして、小説がリアルに感じられました。

京都は、久々でしたが、夏に行ったことはなかったので、夏らしい楽しみをということで、
貴船や大原、夜は嵐山の鵜飼い見物に行きました。京都の涼を求めて、郊外に足をのばしました。貴船は混んでましたが、大原は空いていましたし、涼しかったです。大原の寂光院で、建礼門院、また大原女のモデルとされ、大原発祥の柴漬けともかかわりのあるとされる女官阿波内侍に思いを馳せながら、旅しました。
嵐山の鵜飼いは、何とも風流で、よかったです。夜は川面を渡る風は涼しく、漁火が幻想的でした。京都から帰ったあと、井上章一氏の「京都ぎらい」を読んだら、あの嵐山のあたりの嵯峨は、南北朝時代のきっかけを作ることになった後嵯峨天皇、持統院統と大覚寺統ゆかりの寺があることがわかり、もっとそこらへんも知ってから、旅に出たかったと少々後悔しました。

どちらの旅も、私の中では、本と無理やり結び付け、広がりのあるものになりました。

11月には、松本と白馬を旅する予定です。
松本に行くのは久々で、今回の目的は、松本の民藝運動を探りたいと、私なりにテーマを決めています。もちろん、グルメも楽しみたい。友人から「新そば」の季節と聞いたので、それも楽しみです。新そばを松本で食べて、美麻あたりでも、食べて、さらに白馬は胡桃ダレで、食べたいなと考えています。
いつも白馬に行くときは、新幹線&バスで行きますが、今回は松本に1泊するので、「あずさ」を使う予定です。2号で行くかは未定ですが(笑)、楽しみです。それにしても、「あずさ2号」の歌詞って、すごく昭和だけどいいです。やっぱり、名曲ですね。



明日私は旅に出ます
あなたの知らないひとと二人で
いつかあなたと行くはずだった
春まだ浅い信濃路へ
行く先々で想い出すのは
あなたのことだとわかっています
そのさびしさがきっと私を
変えてくれると思いたいのです
さよならはいつまでたっても
とても言えそうにありません
私にとってあなたは今も
まぶしいひとつの青春なんです
8時ちょうどのあずさ2号で
私は私はあなたから旅立ちます



Shot_1474355235927

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2016年7月 8日 (金)

今年、ふたつめの帽子を作りました

先週末、急きょ、姉の住む白馬に、息子と2人で行ってきました。

白馬に行く前は、なんとなくウキウキ、そして、着くと、息を飲むような山並みの美しさに、癒されます。でも、住んでみると、ドラマ「北の国から」を思い起こさせるような、厳しさがあるようです。私の想像を超えるので、こんな言い方しかできませんが。
でも、今回は短い2泊の間に、2つ温泉に行ったりして、かなりリフレッシュできました。
Dsc_0103
先日作った帽子は、姉が欲しい!欲しい!とあまりにもいうし、一宿一飯の恩義として、あげてしまいました。それに、姉のほうが似合っていたので・・・。(前回の帽子)
My_hat
         



                      

そこで、余っていたSASAWASHI(笹和紙)に、追加で購入して、本当は同じ帽子を作るつもりが、編みを前回の反省から、きつめにしすぎたために、途中からサイズアップをしたいと思って試行錯誤している間に、やっぱりつば広がいいなーなど考えていたら、このようなものが出来上がりました。(今回の帽子)
My_hat2









    

こないだと全くフォルムの違うものになってしまいました。
でも、少しラフに出来上がって、私はこのほうがあっているかも・・・。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2016年2月18日 (木)

社会人になってからの学び

 気がつけば、節分も立春も過ぎ、まだ寒いものの、気持ちは春めいてきました。
 今、充電期間の、いえ、迷走中の私は、昨年4月から、通信課程で図書館司書の資格の勉強をしていますが、やっと最後のレポートが終わりました。レポートは8科目16本を書きました。結構、大変でしたが、とっても達成感がありました。あとは、スクーリングを残すのみとなりました。

 「社会人になってからの学び」について、20代の時には、あまりピンと来なかったし、どちらかというと否定的だったと思います。どうせ、学びなおすなら、もっと学生の時にちゃんとやっておけばよかったんじゃ、とか、了見の狭いことを考えていました。しかし、いま学びなおしてみると、学生の時とは、その意欲と勉強の質が、私なりに全く違うものに感じました。
 
 世間を知って、より物事を深く考えるようになったし、レポートを書くにしても、いろんな人の本を読んで、いろいろな考えを総合して考え、自分の意見を述べるということ。そんな、当たり前のことが学生の時には出来ていなかったし、第2次ベビーブーマー世代の私たちの学び方はそういうことが語られる時代でなかった気がします。

 昨日、たまたま息子の授業参観に行きましたが、今年から教科書が変わったこともあり、国語は作文を書くことが強化され、他の教科でも自分の意見をみんなの前で述べるという内容に変化しつつあるそうです。授業自体も、私の頃のようにボサーと一方的に言われることを聞いているだけでなくて、子どもたちが答えを言うときに、「私は~と思いますが、どうですか?」という答え方が定番のようで、そう聞かれると他の子たちが「同じです。」とか「~だと思います。」とか答えて、双方の意見を言い合いながら進めていくのが印象的でした。
 
 私も42歳になって、学びなおしたことで、最近の学びの傾向というのが、時代的な背景とともに変化していることを改めて実感したのでした。ともあれ、学びなおすということは、時間と費用のかかることだと思います。この数年働いて貯めた貯金があったからこそ、いまそんな時間を得られています。

 そろそろ、働かないといけないと思います。理想と現実、やりたいこととやれることというもののギャップがいつもあります。もともとは古本屋になりたい目的で、近からず、遠からずの図書館の勉強をし始めたので、図書館司書の資格を取っても、実際には司書にならない可能性が高いです。でも、まだこの年でも学びなおせるというのは、とても自信につながったと思います。そして、この時間が私にとっては、自分を見つめなおす、とてもよい時間になったということは言うまでもありません。

 来週から大学でのスクーリングが始まりますが、それまでの時間は自由時間。先日からプライベートレッスンをしてもらい、小学生ぶりにかぎ針編みを始めました。グラニースクエアのモチーフをせっせと編みました。これからつなげるつもりですが、出来上がる頃には春になってしまいそう。
Shot_1455591002000_3
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年11月24日 (月)

柚子の自家製マーマレード

また今年も、30年来の柚子の木(昨年突如実をつけたのですが)が実り、10個程収穫でき、そのうちの5個程使い、マーマレードジャムを作りました。喜界島のキビ砂糖を使ったので、去年の黒砂糖で作ったものほど黒くならずに綺麗な色にできあがりました。


昨日収穫して、苦みを取るために水にさらしたりする時間をほとんど取らなかったので、やや苦めになってしまいました。そこがやはり失敗でした。2瓶できました。

それにしても柚子の木の棘って、すごいんです。刺さりながら、収穫しました。もう今年の収穫はこれで終わりなのかしら。
20141123202927_deco

| | コメント (10) | トラックバック (0)