2017年1月24日 (火)

カシミアセーターを再生させる・・・Re:make、Re:dyeing

こんにちは。

今日は、やっと1日空いたので、メモにやることを書き、1つずつ進めました。たとえば、昨夜読み終わった森絵都さんの「みかづき」の感想文を書いたり、確定申告の準備をしたり、その中で、一番時間を割いたのが、お気に入りのカシミアセーター2枚のこと。

ずいぶん前に買って、かなりヘビロテだった、セオリーのベージュのクルーネックのセーターと、シェトワで買ったVネックのグレージュのセーターをさらに有効活用できないかということで、やってみたリメイク、リダイイング。

お気に入りなのに、どうしてもわきの下の擦れる部分と、ちょうど机のあたる腕の下のあたりが、擦れて生地が薄くなって、ついには穴があいてしまいました。これは仕方のないことでが・・・。

少しの穴であれば、以前『暮らしの手帖』で見たダーニングで直していたのですが、生地が薄くなっていると、そういう補修も、その場しのぎにしかならず、もうあきらめるしかないかなと思っていました。

そんなときに、某メーカーで買った格安カシミアのカーディガンのわきの下が、生地が薄くなるという段階も経ずに、早速破れたので、そのグレーのカシミアカーディガンをカットして、この2枚のセーターそれぞれのわきの下から腕にかけて当ててみました。

これは、これで、ツートーンで結構面白いんですが、これを機に私とサイズの変わらない息子に着せようと思ったので、さらに、色を染め直してみました。
Shot_1485223343100

大学時代、ゼミは染色学研究室だったので(古い記憶を引っ張り出して)、以前から染め直しをしたいと思っていて、Amazonで、ダイロンマルチのネイビーと色止め材を買っておいたので、それを使って染め直してみました。

Shot_1485225599095
ダイロンマルチの使い方は割愛しますが、ネイビーの染料液で漬け置きで染めた後、よくすすいで、色止め材を溶かした液で、同じように漬け置きして、同様によくすすいで、出来上がり。
Navy

元がベージュだったほうがやや鮮やかに染め上がりました。同じように染めても、色合いが違ってくるのが、染色の面白いところですね。

| | コメント (15) | トラックバック (0)

2014年11月23日 (日)

無駄にしないこと

先日、修理に出した30年来の椅子が戻ってきました。実は藤で編まれた背面がボロボロで廃棄しようとしていた古い方の4脚。結局うちにはコスガのカントリーシリーズの椅子が8脚もあります。微妙。でも、とても綺麗に直って、とても嬉しかったです。良心的な修理屋さんで近所なので、ただで配達してくれ背面と座面張り替えで1脚13,000円くらいでした。Shot_1415959158450_4

最近時間があれば、まずすることは断捨離です。要るものと要らないものを見つめ直す時間。こだわるものとこだわらないものを見極める作業かもしれません。大事なものは直してでも長く使う、買うときも多少高くても長く大事に使えそうなものを買いたいと思うようになりました。

余談ですが、仕事で、キューバのオーガニック農園やファミリードクターの視察を兼ねたツアーを作っていて、吉田太郎著「世界がキューバ医療を手本にするわけ」「200万都市が有機野菜で自給できるわけ」を読んだり、映画「ブエナビスタソシアルクラブ」を見たりしました。

キューバの情報は日本に入りづらく、この消費社会に背を向けたカリブの国の幸福論みたいな。少しだけ知ることができました。

いまだに走るクラッシックカーのような車、人々の言葉からも消費社会よりも心、感謝の気持ちと言う言葉が本からも映画からもシナリオでなく、偶然にも同じ言葉が出てきます。

いったい、この国は?と急に興味が湧いてきました。これは革命の歴史まで紐解かないとだめそうです。

自分の生活はまさに消費社会の申し子のようなものの溢れよう、なにを大事にするのか、ちゃんと選択できるようにならないと、と思いました。

まずは身近なものを無駄にしないこと、反省をこめて、実践しようと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月22日 (土)

断捨離と台ふきん

断捨離と台ふきん

やっと三連休ですね。なかなか寒さが抜けない気がしますが、先日昔のコートをまたまたリフォームにだして、出来上がりが週明けですが、この分だとまだ着れるかもしれません。Max Maraのだぼっとしたコートを私の身長に合わせて78㎝丈(私なりの黄金比)にして、センターベンツを作ってもらうようにお願いしました。前回も同じ感じで黒いコートを切りましたが、今回はもとが前回よりちょっといいので、奮発して25,000円程費用をかけました。わおっ。ベビロテのコートになるといいなー。

そして、ここのところ、毎週断捨離アン。何といっても、まずは捨てることから、ということで、毎週大きいゴミ袋3~5袋くらいゴミがでます。どれだけ、要らないものが多いのか。ほんとに反省します。そういうことを実感するのも、捨てるという実践あってのこと。

以前買ったゴヤールもこの機に3つのうち、パリで買った2つ、オレンジとネイビーは売ってしまった。もう、最近はたまにしか使わないし、持っていてもバックがまる被りしてしまうことがあるので、なんとなくテンションが下がってました。かれこれ9年とか、7年とかの代物なので、期待せずに買取りに出したところ、なんと25,000円と32,000円で買い取って頂けた。ラッキーと勝手ながら思ったのでした。

身の回りの荷物が徐々にスッキリし、次はあそこ、あの戸棚だ!などと、次回のターゲットを見つけ、通勤の最中、作業手順を考えたりします。

今日は昼間にターゲットを攻略。夜はなにか作りたくなって、台ふきんをつくりました。要らなくなった浴衣の糸を抜いて、運針。1枚の浴衣で結構作れます。8枚くらい。先日、暮らしの手帖の別冊で花ふきんの本を買って、いつか余っているさらしで作ろうとか思いながらもなかなかそこまではできず、手軽なところで台ふきんを作ってます。

私の台ふきんの作り方はいつもの通り、手縫い。布おむつとほぼ同じですが、大きさがその半分くらいというのが違うくらい。布を輪にして、縫い代は折伏せ縫いという縫い代の長いほう、短いほうを巻き込む方法を使ってやってます。

この浴衣のふきんって乾きやすくて、厚すぎず、薄すぎず、ちょうどよくて、とても重宝してるんです。替えをたくさん作って、毎日洗って乾かして、便利です。

では、皆様よい週末を。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月15日 (月)

不恰好だけど、布ぞうり

こんにちは。あっという間に海の日です。

5,6月はオーガナイザーツアーと保育園の1年に1回のビックイベントがあり、今年は役員で毎週集まりがあり、何ともストレスを抱える日々でしたが、やっとそれを終えてほっとしたと思うとあっという間に7月に突入し、早々と梅雨も明けて、夏真っ盛り。

クリスマスのツアーを発表して、さらに来年のツアーを作る準備(歴史や小説などの読み込みなど)を始めるまでのしばしの間は、夏を愉しみに、バケーションに向けて密かに心を弾ませるのでした。

本も読もうと思いつつもなんとなく集中できない日々が続いているときには、裁縫等なにか物をつくったり、ちまちました作業をやりたくなる私なのでした。そうすると精神がそれに集中してなんとなくスッキリするのでした。

先日、今更ながら気になっていた”簡単!布ぞうり”(オリジナル編み台付)の本を買い、やっと休みができたのでやってみました。母が綿の布よりタオル地の方が柔らかくて履きやすいのよというので、色あせていたタオルを使って作ってみました。要るのはフェイスタオル2本と太めビニールテープと木工用ボンド、私の場合は裏に余っていたさらしを張りましたが、あとはこのオリジナル編み台で編んでいきます。6センチにタオルと切って、最初は折り目にアイロンかけて始めましたが、2つ目からめんどくさくなってそのまま折りつつやりましたが、タオル地なので何とかできました。

ちょっと不恰好ですが、履き心地は確かに実家にあった浴衣で作った物よりも履きやすいかも。なんか夏向きだし、エコでいいかも。なんて自画自賛するのでした。

もっと暇だったらジャンジャン作っちゃうんだけど・・・。それにしても被服学科だったのに、私ってエライ下手だわと思い、やる気はあるんだけど、ほんとに手作業は向いてなかったんだわと今更ながら実感するのでした。

こないだは大学のサイクリング部の同期がロシア転勤で、先輩と同期の数人でランチを会社の近くでしてもらい参加しましたが、なんかみんな変わらないよなーと思いつつ、楽しい時間を過ごしました。来年は、モスクワに遊びに行っちゃう?

不細工だけど、布ぞうり

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年4月 7日 (日)

休日は左脳と右脳をスイッチ

こんにちは。春の嵐もさり、春らしい日差しが心地よい朝です。

最近は、のちのち古書店を開きたいと真剣に考え始めていまして…、古書に関する本を読み漁っています。いまの仕事も長期休みが取れないことを除いては、内容は満足しているので、こういう気持ちで他に手を出すのは、と考えなくもありませんが、自由業の親のもとに育ったせいか、時間に振り回される生活がこの先もずっと続くのかと思うと考えてしまいます。


そんな将来を夢見て、空き時間は頭のなかで開業へのプランニングを考えていると仕事の時間は逆に余念がなく、すごく集中できるのでした。

Shot_1365232636137昨日は雨だったので、余り布を利用してミトン(鍋つかみ)
を作りました。栗原はるみさんや有元葉子さんがお手製でリネンなどを使ってつくるミトンが、素敵で作ってみたかったのです。

Shot_1365175724297 私のいままでの既成のものはやや薄く不満だったので、こないだクッションにリフォームしたのウールジャケットのはぎれとトレーナー、さらに内側はサラシの布を重ねて、4重にして手縫いで作りました。設計上、厚みの考慮がなく、やや小さくなってしまいましたが、厚みは十分。

こういうもの作りを自分で考えながらすると左脳から右脳へ切り替わる感じがして、私の場合はストレス解消になります。

そして、出来上がったミトンをぶら下げて、日々使う。なんだか、そういうのっていいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月 1日 (金)

コートをリフォーム

こんばんは。

最近、あぶく銭が少し入り、あぶく銭なので、いつもできないことにチャレンジしてます。

たとえば、着てなかったコートをリフォームしたり、収納の講座に出てみたり。いつも、ケチって踏み出せないことをやってみました。

先日はコートを二つ、リフォームしました。どちらもいまいちなのに、捨てるにはちょっと考えちゃう代物です。そこでまた着る気になるようにリフォームしました。

一つはムートンのロングコートの丈詰め。ただ丈を詰めるだけでしたが、特殊な加工だそうで、8,000円くらいでした。

もう一つは画像の、昔のマックスマーラの身幅タップリの定番のロングコート。お尻が隠れる丈にカットし、身幅があるのでセンターベンツをいれてもらいました。こちらは1万円ちょっとでした。

20130301173803_deco_2

私はパンツスーツを着ることが多いので袖と身幅は余裕があり、ちょうどいい長さで結構重宝してます。

リフォーム代は結構しちゃうので、こういうのが自分で出来たら、どんなに楽しいだろうと思います。

そういうリフォームの技を教えてくれるところがあったら知りたいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年2月10日 (日)

贅沢な時間づくし

今日は麗らかな1日。
朝から気持ちよく晴れて、掃除をし、朝食は時間があるので、鰹節をけずりみそ汁を作り、夜の分までたっぷりだしを取ったので、夜は和風ポトフにしようかと考えたりします。
朝からお味噌汁がおいしいなーと思いながら、ゆっくり食事をして、そのあと前から処分しようかリフォームしようかと考えていた、だいぶ昔(大学生の時に母から借りたままの)のやや大きめの単衣のカーキ色のジャケットでクッションを作りました。リフォームの問い合わせをしたら、身幅、丈、肩など全体を直すと2,5万円くらいと言われて、さらに虫食いが1か所あって、もう致命的。大幅に小さくすれば虫食いも消すことができるかもとは考えましたが、自分でリフォームはさすがにできそうもないので、クッションに。余っていた木のボタンに付け替えて、ミシンは出すのが面倒なので、手縫いです。なかなかいい感じにできたと自画自賛。被服学科にいながらも、すごく不器用で製作にはぜんぜん向かなかった私ですが、今は作りたいものが次々と浮かんでくるので不思議です。こういう物を作る作業をしていると、集中できて、それがストレスの解消になりますね。
Remake
 
クッションつくりは、前から気になっていた門倉タニアさんの本を読んでいて、なんとなく影響されたのかもしれません。「部屋はイタリア風にしたいのに、ドイツ式の部屋づくり(タニアさんの本の題名がドイツ式なので)?」と家族に言われましたが、それもご愛嬌。タニアさんのライフスタイルはやっぱり、まねしたいけれど、なかなかできずにいますが、本を読んでいるだけで、こちらまで気持ちがすっきりします。
さらに日曜日はコーヒーを淹れて、読売新聞の書評を読み、面白しろそうな本はないかなとチェックし、そんな自由な時間を過ごすのは私にとってはとても贅沢な時間です。
先日、お客様から庭になっている金柑とゆずで作ったという自家製マーマレードジャムをいただきました。男性の方ですが趣味で毎年作ってらっしゃって、お友達に配るそうです。そのマーマレードジャムがびっくりするほどおいしくて、ほんとに感動しました。それをいただくのが、毎朝の楽しみになっています。私も無農薬のもので作りたいなーと思い描きます。
Jam_2
イタリアの人が自分の庭のオリーブの木でオリーブオイルを絞るというのが究極の贅沢という話をしていて、素敵だなと思っていましたが、マーマレードジャムをいただきながら、その話を思い出しました。
お金をかけるだけが贅沢ではないし、贅沢の概念は人それぞれすごく様々なんだろうなあと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 4日 (木)

”Re”が好き

風邪ぎみです。

高校時代の友人の結婚披露宴があります。ひさびさの披露宴で(さほど友人も多くないので)、なにを着ていくか考えていましたが、もうだいぶ前に買って2回ほどしか着ていないシビラの定番ドレスが2着あって、どちらも私が着るとマキシ丈でなかなか着る機会がなかったので、今回2着を思い切ってひざ下丈に直しに出しました。1つは丈を26センチ切って、もう一つは実は先日短くしたのにそれが短すぎて、結局また丈出ししてもらいました。トホホ。

Sibi


Sibi2

この紫のワンピーの腰辺りにジェラード・ヨスカの真珠と石を取り混ぜたブローチをつけて、シンプルな真珠のピアスだけつけて出ようかなとか考えています。”リップスティック・ジャングル”のニコから、ヒントを得て。(やや古めか)

最近の私は”Re”が付くものが前にもまして、大好き。リフォーム、リメイク、リペア、リサイクルなどなど。

銀座近辺にそんな私の心強い味方を確保!靴のリペアなら、UNION WORKS銀座店。超イケメン店員さんがいて、見るだけでも価値あり。技術も確かです。安い靴は近所で、お気に入りな靴だけ持っていきます。もう一軒は洋服のリフォームの交通会館にあるアン・コトン。近所のリフォームで断られるちょっと難しい直しも快く引き受けてくれます。

洋服も靴も、近所の店では一般的な直しを頼み(それに安いので)、ちょっと失敗はしてほしくなかったり、難しめの直しはこちらのお店に持っていきます。

リフォーム、リペアしてまでも使うことを想定すると、必然的に多少高くてもいいものをはじめに買おうと思いますね。そうするとあまりたくさんは買えないので、物もさほど増えず、私向きです。

まだまだ私の”Re”熱はさめなそうです。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年1月14日 (水)

省エネを考えて...and IKEAは楽しいっ!

 家にいる時間が増えたせいか、省エネエアコンに変えたものの、かなり電気代が増えたようです。なので、曇りガラスの窓には断熱シートを張り、二間続きのリビングにはカーテンをつけました。

 リビングなど、広いスペースをレースのカーテンで仕切るだけで、暖まりが早く、省エネになるというのをテレビで見たんです。それで、早速IKEA新三郷に買いに行きました。

 IKEAはここが日本だということを忘れさせるくらいに、ショールームも欧風で素敵で、かわいいものが多く、ウキウキします。それに、お値段も全体的に手頃。駐車場代もタダなので、何時間もいてしまいます。

200901140924000  モノを減らすといいつつ、収納には興味もあるし、結局いろいろな物を買ってしまいました。リビングを仕切ったポップなストライプ柄のカーテンは実はシャワーカーテン。サイズがちょうどだったのと、布の感じを残しつつ、ビニールコーティングのようになっていて、埃がつかなそうなので、一石二鳥。

 ここに載せたのは一部ですが、宝箱型の物入れや犬のぬいぐるみ、ストライプの布地を4m程やベンチ型の収納箱2つなど、買いました。

 このカーテンの効果、かなりありました。ここのところの寒さで、エアコンではなかなか暖まらなかった部屋がすぐに暖まるし、部屋は明るくなって、楽しい気分になるし、少ない出費でなかなかいい効果が得られました。

 また、IKEAは楽しいっ!また遊びに行こうと思ってます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年11月 8日 (土)

めざせ産直の達人!

200811081121000  家から、車で10分ほどのところの”あびこ農産物直売所”に行ってきました。うちの近くには郊外なだけあって、ほかにも産直の販売所が結構あります。昨日、はなまるマーケットは産直の特集で、これまたうちから車で15分くらいの”かしわで”というという産直のお店が出ていました。

 郊外に住む利点を生かして(いいことばかりでは、けしてないけれど...)ここ1,2年、行っていなかった産直の販売所に改めて行くことにしました。

 食の安全について、考えさせられることが多いこの頃。子供の離乳食も始まり、以前よりもビオの食材や少々高くても信頼できるものを選ぶようになりました。最近では、スーパーでも生産者の名前入りのものも並ぶようになりましたが、せっかく近くに農作物等の産地があるのだから、”地産地消”(《「地域生産地域消費」「地元生産地元消費」などの略)という考え方に基づいて、フードマイレージの低いものを手にするように、心がけたいと思いました。それに、何といっても価格が安いんです。これだけ買って、1400円ほど。葉物は一袋100円程度、たとえばパプリカは小さく不ぞろいなので一袋120円なんてものも。卵も地元の養鶏農家のもの。泥つきの野菜は量も多く入っていて、安いです。

 旬の野菜は特に、複数の生産者の名前が並びます。もっと通うようになったら、まさに指名買いするつもり。泥つきの野菜も多く、おもに丸のままでカットされていないので、保存の仕方もよく考えないといけないとは思います。どれも冷蔵庫に入れるのではなく、涼しいところに置いたりして、うまく使いたいと思いました。

 今日は朝10時のオープン間もなくに着いたので、たくさんの野菜が並んでいて、なんだか朝からワクワクしました。フランスなら休日はマルシェ(ドイツならマルクトかな)に行くのでしょうが、私は産直へ。日本では朝市のような市場をいまだにやっているのは、ひと握り。昔はそうやって対面で販売していたんですよね。いつの間に無くなってしまったんですよね。

 でも、この産直の販売所という合理的なシステムも日本人には合っているのかもしれません。マルシェでも結局はお気に入りの生産者のところで、だんだんと買うようになるなんて話を聞きますが、私もきっと野菜ごとに、お気に入りの生産者のものを買うようになるでしょう。そういう風になるまでには、もう少し足を運ばないと。めざせ、産直の達人!

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)