2017年2月14日 (火)

Re:が好き ワンピース⇒エプロンへリメイク

こんにちは。

この10か月程、洋服のリフォーム工房で、バイトしていました。
店長さんは洋裁学校の先生だったこともあり、短い期間でしたが、いろいろ教えてくれました。パンツの裾丈から始まって、裾幅直し、ウエスト直し、袖丈、コートの裾直し等々、私は会社勤めの時に、かなりリフォームにお金をかけていたので、今後は節約にもなるし、一時期はリメイク教室などに通おうかなと思っていたので、バイト代をいただきながら、教えていただけるというのは、大変ありがたかったです。同僚も、文化出身の人もいて、私は大学入学早々に服飾への道はあきらめた人間ですが、すごく刺激を受けました。

とはいえ、私の本業はトラベルコンシェルジュなので、これから、本格的な旅行シーズンが始まるのに、いつまでも、バイトが本業のようにはしていられないので、特に不満があるわけではないのですが、バイトは中止することにしました。これからは、在宅の自分一人の仕事がはじまります。これはこれで、セルフコントロールが必要で、タフでなくてはなりません。


リメイクへの創作意欲は、メラメラしていて、いろいろアイディアが浮かんできます。
今回は、以前ZARAで買ったけれど、Mサイズがなくて、Lサイズを買ったので、何となく体に合わず、あまり着られずにいたワンピースを夏用のエプロンにしました。
以前作ったエプロンは、キャンバス地なので、夏は暑くて向かないのです。

基本的には、上半身は前身頃と後ろ身頃を分解し、肩ひも部分を生かしつつ、前あてにするので、スリットを入れて、幅を体に合わせて狭めます。スカート部分はそのまま輪を生かして、後ろ部分をカットして、端にリボンを付けます。ポケットもワンピースの時のポケットを生かして、使うことができます。
Shot_1486968843303







割とゆとりのあるワンピース風エプロンが出来ました。
Shot_1487037906140

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2016年4月 9日 (土)

Re:が好き あまり布と、カフェエプロンを合体

 こんばんは。

 NHKの朝の連ドラ「トト姉ちゃん」が先週から始まりました。


 最近の私は、朝は子どもを送りだしたら、慌てて、朝ドラが始まる前に、掃除と洗濯、8時半からスカイプで英会話という感じでやってます。そのあと、仕事のメールをチェックしたりして、なかなか成約につながらないなーとため息とつきつつ、バイトを探したりもします。(笑)
 

 この朝ドラで、私も大好きな”暮らしの手帖”の伝説の編集長、大橋鎮子さんの話をやっています。「何気ない暮らしの中に」に「幸せ」というものがあることを、改めて感じさせてくれる内容で、まさに”暮らしの手帖”を思い起こさせるコンセプトだと思います。

  いまでこそ、丁寧な暮らしを大切にするというコンセプトの本は多く、北欧の寒く、長い冬を家で楽しく過ごそうと工夫を凝らす国の人たちを見習ったり、切り口は違えど、やはり基本コンセプトは、いかに日々の生活を大切に、丁寧に暮らすかということで、幸せが見えてくるということが、テーマになっているように思います。

  しかし、このドラマのように昭和の高度成長期に、そういうことをいち早く感じたと言うことが、ほんとうに素晴らしいと思います。正直、私はやっぱり右肩上がりの時代に、幼少期を過ごしているせいか、そういう感覚が、大人になってやっと、さらにここ数年でやっと感じるようになった気がしてるのです。

  朝ドラのことばかり、書きましたが、そんなことを思いつつ、私の楽しみの一つは、やはりリメイクです。エコで、ハンドメイド。そして、私だけのものというのが、好きです。好きなことをしているだけですが、これも丁寧な暮らしの一つかもしれないと、やっと最近、感じ始めたところです。
 

  昨年、古くなった水道の蛇口を新しいものに交換したら、シンクからの水の撥ねが多くなった気がして、エプロンが手放せなくなりました。
 
 そんなわけで、今までエプロンなんて、考えたことなかったんですが、以前、オイルマッサージの講習にいったときに、エプロン持参と書いてあって、とりあえず購入した無印のカフェエプロン的なエプロンがありました。水滴が撥ねるので、カフェエプロンだとカバーしきれず、使えずにいましたが、そんなおり、3月に放送されたETVの「すてきにハンドメイド」で、”使うと便利で手放せないワンピースエプロン”というのがやっていて、それを参考に、胸当て部分を作り、ドッキングしてみました。
160406142907487_photo
  
 胸当て部分は以前、気に入って買っておいた布の余りで、あとは布の綾テープのみ購入して、番組で紹介された型紙を作って、同じような感じで作ってみました。番組で、出ていた通り、帆布の布は縮むので、事前に水通ししました。
 

 前で結ぶタイプで、なかなかお気に入りのエプロンが出来ました。
ポケットではなく、布巾をひっかける部分をつけました。
160409114428252_photo
 














たしかに、エプロン一つ作っただけで、うきうきと食器洗いができますね。(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年11月20日 (金)

Reが好き 帯⇒トートバッグ

Dsc_0046_small 先日、自治体のハンドメイドをサポートする工房で、名古屋帯(袋帯より短めで、途中から折って縫い付けてあるものもある帯)で、バッグを作る教室に参加しました。

参加者は皆over60の方々ばかりでしたが、着物リメイク好きの方ばかりで、帯の入手方法やそれぞれ帯選びなど、話を聞いていて、楽しかったです。近所にこういうのがあるって、ラッキーです。

私は、取っ手を短くして、トートにしましたが、長いバージョンを他の方は作ってました。いろいろ、お話ししながら4時間で完成しました。

帯選びで、相当印象が変わりますが、私は今回抽象柄にしました。マチ部分も裏地も帯の黒無地部分を使用して、結果的に総正絹のトートバッグになりました。私のように黒やベージュ、グレーをベースに着る人には帯はちょっと華やかで差し色になり、いいかもしれません。それにマチが17㎝あり、結構入るので、重宝しそうです。

帯はそれ自身で、完璧なテキスタイルなので、使わずに見過ごされていくのはもったいないなーと、着物を着ない私ですが、思ってしまいます。

帯だけは最近ハマって買ってあるので、まだまだ色々作りたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月16日 (金)

Reが好き リバイバル まな板

 最近、よくソーイング、ブログも書いてますが、というのも、風邪、それもなかなか治らないので病院に行ったら、なんと溶連菌でした。そのため、外出もままならず、ずっと引きコウモリです。子どもしかかからないと思っていた溶連菌に!免疫力が低下していることを痛感しています。体調が良くなったら、ウォーキングとか始めないとだめだなと思い始めました。まあ、大学の試験もあったり、レポート提出があって、それから目をそむけたい気持ちも多少あって、別のことをやりたくなっちゃう、あまのじゃくなところもあるんですが…。

 ずっと前から、汚くなっていたまな板が気になっていましたが、やっと削りなおしてもらいました。ホームセンターに黒くなったまな板を持っていって削ってもらうのも気が引けて、新しいヒバのまな板を買ったものの、やっぱり古いまな板に愛着があって捨てられなくて…。ということで、ネットで調べていたら、都内でやっているところを偶然見つけ、お願いしました。
Shot_1444182495474
 
 このまな板は17年前に横浜中華街で、初めて自分で購入したまな板で、いまだったら何の木か、とか確認するんですが、行き当たりばったりで買ったんですが、結構使いやすかったんです。
 削りなおしてもらって、油が出てますが、これはヒノキとか、イチョウとか木によって、油を含んでるものがあるそうで、それが浮き出るようです。私のはイチョウか何かなのかもしれません。
 あと、2,3回は削り直しできるそうです。ちょっと高めでも良いまな板を買って、長年使うのもいいですね。
 ※今回削りなおしていただいたのは、練馬の杉本木工々房 さんで、1,364円でやっていただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月14日 (水)

Reが好き 帯をリメイク⇒クラッチバッグ&手提げ minneに初出品!

 先週から風邪をこじらせて、連休のゴルフもキャンセルし、快復をひたすら待ってましたが、咳が治らないので、今日病院に行ったら、溶連菌とのこと。ガックリ。大人がかかるとは珍しいと思うのですが、どれだけ免疫が落ちているのやら。

 そんな合間にですが、ずっと作りたかった帯のリメイクの2wayバッグ!
一応、手提げを折ると、クラッチになります。クラッチは好きだけど、容量が小さくて、普段持ちできないというのが私としてはずっとありまして、荷物が多くなったら手提げにもなっちゃうというのがお気に入りポイントです。帯(正絹)の柄もなんだか華やかで、ちょっとした会食にも良さそうです。
2015101414401900_4 2015101414401700_2 2015101414401500_2
 そして、これを始めてminneに出品してみました。流行りもの好きの私は一度、minneを利用してみたかったんです。売れるかどうかはわかりませんが、なんだかワクワクです。
 ほかにもリメイク用の帯はあって、いろいろ作って、出品したり、家族友人にプレゼントしたりしようかと思ってます。
 帯の柄をベースに内布の色や取っ手の帯締めの色や感じなどの相性の良さそうな組み合わせを構想するのはとても楽しいです。
 また、時間があるときに第2弾を作りたいと思います。要らなくなった帯がまた息を吹き返すような気がしてウキウキします。
 ※ちなみにご興味のあるかたはminneでumemedakaか「帯クラッチ」で検索すると出てきます。この帯はアンティークの為、良く見ると、ちょっと白地にシミが出ていて、そのため「訳あり」として販売してます。ご興味あれば、お気軽にブログからでもお問合せください。〈ちなみに画像はポップアップして、拡大して見られます。〉
という訳で、minneに出品しましたが、minneはやはりプロ並みのクオリティと撮影の雰囲気でないと、売れないらしく、ちょっと力の限界を感じ、さっさとヤフオクでの出品に切り替えてしまいました。(お陰さまで、早々に売れました。)私のイクジナシと言う感じですが、しかたありません。お騒がせしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月 2日 (金)

Reが好き バスタオルをリメイク編 

 ここのところ、リメイクにはまっております。というのも、服を含む、いろいろ布物でもう使わないものがあるんですが、どうも捨てるというのは自分の消費生活の反省にならないような気がして、なんとか再生して、自分で手を加えることで、どうにか再度、愛着あるものに変えられないかと思うのです。

 そんなこんなで、下手ながら、自分用にですがリメイクしたものを、この度まとめてみました。
<バスタオルと子ども用掛布団カバー⇒リバーシブル椅子カバー>
要らなくなったバスタオルと裏面は保育園の昼寝用だった布団カバーを合わせて、左右のサイドに紐をつけて、出来上がり。2つ作りました。
20150712101503_photosmall20150712101617_small_2
20150711175721_photosmall 20150711175824_photosmall













































<バスタオル⇒大量の雑巾>
これは普通ですが、大判バスタオルを大量の雑巾に、不要の大判バスタオルも雑巾にすると活躍します。
Shot_1437340261608












<バスタオルとストライプシャツ⇒子どもプール用タオル>
1枚のバスタオルでゴム通し部分を作ると、ちょっと丈が短いのと厚みがでるので、ストライプの不要になったシャツをゴム通し部分に使いました。
20150528131752_small
まだまだありますので、また次回に。皆様のリメイクの着想に役立つといいのですが…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月12日 (土)

Reが好き~リメイク・ワンピース⇒ブラウス

 先日もリメイクについて書きましたが、最近は時間があれば、身の回りのものをリメイクするというのに、はまっております。大学のレポートも書かなければならないのに、どうしてもやってしまいます。それもできれば、しつけとか、チャコペンとか使わずに、フリーハンドでやりたいので、まあ、ちょっと雑ですが、自分で使うからいいか、とか思いながらやってます。この雑な感じで、ミシンをダダダダーとかけるのが、なんともストレス解消になるようです。

 その延長でともいうのか、着物のリメイクに今は興味津々でおります。着物自体は、ほぼ祭事がなければ着ない私で、着付けももちろんできません。母は着付け教室に通ったり、ちょいちょいへそくりで着物を買ったりと興味がありましたが、私は大正元年生まれの着物をいち早く脱ぎ捨てたことが自慢だった祖母の影響か、ファブリックとしてはとても好きですが、着物を着るというのがなかなか関心が持てないのでした。

 しかし!着物のリメイクには大変興味あり。今まではどちらかと言えば、リメイクしてもやっぱり、和を抜けきらない、ちょっとねーというのが一般的には多く、たまにカンヌ映画祭みたいな映画祭に女優さんとか、女性の監督さんが素敵なリメイクを着ていて、やっぱりデザイナーによるんだなと思っていましたが、最近は素人さんのリメイクもだいぶ違ってきてます。

 着物のリメイク品は、町場でまず見かけないので、私の場合は主にオークションサイトでチェックするんですが(多分minneとかにもあるんだと思います)、たまになかなか素敵な掘り出し物に遭遇します。

 今回は”絞り”で、私はチェックしていたところ、正絹の絞りの羽織をリメイクしたワンピースが出ていました。反物から作りたいなと多少思いますが、まだ今は時期尚早。リメイク品をチェックしてます。

Small0912

*

*

*
*

*
*

*

*

*

*

*

 

  このグリーンの総絞りは、柄が一目で気に入ったので、購入しました。しかし、着てみると、かなり大きめで、何だか着ていけそうにもなかったので、脇を詰めて、裾だけ切ってチュニックにしようと思いましたが、これまた、ちょっとイケてなかったので、付属していたストールの形を変えて、裾を狭めて横で結べるようにリメイクしました。

 総絞りで、わかる人にはわかるというファブリックの良さが出ていて、なかなか好みの感じにできました。 


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年8月27日 (木)

リメイクは楽し!スカート⇒クッションカバー

 先週は白馬に行っていました。なにをするわけでもありませんが、白馬に行くとなんだかリラックス&リフレッシュできる気がします。

本も読む気がしない日が続いていて、そんなときはリメイクがよい暇つぶし?になります。
被服学科だったのに、クオリティはイマイチな気がしますが、自宅で使うし、良しとしましょう。
 なんといっても、材料を新たに買わず、家にある要らないものでリメイクするのが、結構楽しいのです。
 
Small
 ←このちょっと渋い柄だけど、使い勝手が良くて、なかなか捨てられないけど、人前に出すのが恥ずかしくて、来客があると仕舞う低反発クッション。
 ↓バナリパのセールで買って2回しか履かなかった膝丈のタイトスカートをリメイク。(元の写真も撮れば良かったのですが…)出かけるたびに引っかけて、どこかしら金糸が飛び出す。明らかにスカート向きの生地でなくインテリアファブリック向きのような…。ベージュ地に模様が金糸で、写真ではわかりずらいのですが、ちょっとゴージャスな雰囲気。
 ちなみに出し入れ用にチャックも円に沿ってあり、それは要らなくなったジャケットのジッパーを利用。ちょっと渋かったクッションも人前に出せるクッションに変身。
Small2
 他にも、実はいろいろリメイクしたものがあるんですが、アップできていないので、追々アップします。

 では、よい夏を。

| | コメント (0) | トラックバック (0)