2014年10月 4日 (土)

続・週末、掘り出し物を見つける。しかし…

続週末、掘り出し物を見つける。しかし…
台風が近づいていますね。

先週、コスガのカントリーシリーズのダイニング5点セットをリサイクルショップで見つけたことを報告しました。

見る人によっては、いまどきでないし、なんでーという感じかも知れませんが、実家では同じダイニングセットを使ってきたし、なんとも愛着深いのでした。そのダイニングセットがなんと約3万円 ! 椅子だけでかなりするはずなのに、びっくりでした。

そして、うちに今日届きました。この機会に以前リフォームしなかったカリモクの椅子1脚があり、それは買い取ってくれなくても、引き取ってくれるかと思ったら、古いのでダメということで、こないだ座面を張り替えて残りの4脚を使っているうちとしては、うちみたいなのはマイノリティなんだと実感。

という私もさらにリフォームしてまではスペース的にもコスト的にもするつもりはないわけですが、やはり日本のリサイクルというか、ヨーロッパのように先祖代々の家具を使うエコ精神というのは、家具においては日本ではまだまだで、コストから言ってもそれを阻むような仕組みになっているんだと思ったわけです。

掘り出し物を見つけた喜びと、古い椅子はリサイクルされない一抹のさみしさを今週になって感じたのでした。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2014年9月29日 (月)

週末、掘り出し物を見つける。

週末、掘り出し物を見つける。
週末に断捨離と思い立ち、リサイクルショップに何点か持ち込みました。10点くらい持ち込み、子供にせがまれ、また1つオモチャを買うという繰り返し。それでも多少物が減ればいいという感じでしょうか。

しかし、昨日は掘り出し物を見つけました。両親が長年使っている、たぶん30年くらい、コスガのカントリーシリーズのダイニングセット(ちなみに椅子の張り替えの時に業者さんから聞きましたが、コスガは倒産したそうです。そして、少し前から再建をしたらしいです。)と全く同じもので、椅子も張り直しされたのか、使用感のないものを見つけました。我が家のは30年も使うと網目はボロボロになってました。でも捨てられずいましたが、これを機に2脚はリサイクルショップに引き取ってもらい再生してもらうことに。悩みながらも、速やかにこのコスガの破格になっていたカントリーシリーズを買うことに決めました。


カリモクの椅子(画像)を1脚約17,000円で4脚の座面を3年前に張り替えたばかりの我が家のダイニングですが、もともとこの椅子はリビング用でダイニング用でなかったので、食事や勉強には向かない椅子でした。使ってみて、わかる事実!

このカリモク椅子も張り直して愛着があり、4脚は両親に譲ることに。愛着がありますが、まあ近くにあるので、良しとしましょう。

週末にコスガのダイニングセットが届くのが楽しみです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年9月21日 (金)

日本の焼き物に興味を持ち始める

日本の焼き物に興味を持ち始める
こないだ買えなかった小鹿田焼の刷毛目のお皿を窯元から取り寄せました。うっとりします。

やっと秋風邪が吹いてきたような気もしますが、なんとなく蒸し蒸ししますね。

あー、来年は40だと思うとなんだかあくせくした日々の生活にこれでいいのか、とか思ったりします。

先日のバーナード・リーチ展から、彼の作品の温かみやそのライフスタイルにすごく感化されて、彼が参加した民芸運動や彼が影響を受けた(与えた)窯の作品が最近気になってしかたありません。いままで西洋の陶器のほうが興味が強かったのに不思議です。


今週の日曜美術館ではバーナード・リーチの特集で、民芸運動とは民衆工芸の端の言葉をあわせて民芸としたと知りましたが、その民衆の手作りの温かさと素朴さ、さらに機能美を併せ持つ工芸品に異様な程、惹き付けられる私がいます。


その後も気になり、布志名焼や沖縄のやちむんをチェックしたりしています。もっと早くバーナード展を見に行っていたら、やちむんをもっとちゃんと見て来ただろうと悔やまれます。


スローライフでない私の生活では電子レンジを使うことも多く、気に入った陶器はレンジにかけたくないので、そうすると電子レンジ用の皿はまた別に必要になったりします。やや矛盾も感じます。スペースもないので今まで使っていた物をしまったりして、入れ替えたりしています。

手作りの温もりある陶器を日々使い、好きな本に囲まれ、スローライフを過ごせたらどんなにいいかなと思います。

あー、陶器に出会いに旅に出たい。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年11月26日 (土)

長いつきあいになりそう

 ご無沙汰していました。先日、かなり自分的には練りこんで作ったクリスマスツアーが人数が集まりきらず、ツアキャンせざる得なくなり、がっくりきていた私でした。まあ、そんなこともあるよねと開き直り始めたところです。(笑)

こないだブログで30年くらい前のカリモクの椅子を張り替えた話を書きましたが、やっとその椅子にあう高さのテーブルがカリモク60で見つかりました。高さ60センチのものを探していたのですが、その高さはなかなか見つからず、結果として62センチのもので決めました。

長いつきあいになりそう
 なかなかクラシカルでいいんじゃなーいと思っているところです。なにより、おちつくテーブルがないとなんとなく気持ちも落ち着かず、ブログを書くにも、本を読むにも、食事をするにもままならないという感じがしました。
 
 もうひとつ、長い付き合いになりそうなものと出会いました。それはジェフリー・アーチャ―。売れっ子作家と言うイメージが強くなかなか手を出さなかったのですが、今回『ケインとアベル』を読んだところ、もうハマってしまって。
これは次々読みたくなりそうです。この『ケインとアベル』の続編はこの小説のアベルの娘フロレンティナを主役にした『ロスノフスキ家の娘』。もう楽しみで仕方ありません。

 ちょっと触れるとボストンの銀行家の家に生まれたケインとポーランドで私生児をして生まれたアベル。ケインは順風満帆にハーヴァードを卒業して銀行家の道を歩み、ケイン家の銀行を合併させ、さらに大銀行にし、頭取の道を歩むのでした。アベルは自分がロスノフスキ家の男爵の子供だったことがわかったにも関わらず第1次大戦のうねりの中、ポーランドでドイツ軍の監禁からロシア軍による強制収容所へ送られ、命からがらトルコまで逃げ、大使館に保護され、アメリカへ移民としてわたり、ニューヨークのプラザホテルの下働きからホテル王への道を歩むのでした。二人はホテルの貸付にからみ、借り手と貸し手の立場として対立する場面があり、それをきっかけにアベルはケインに対して敵対心を持ち続けるのでした。ケインもそのアベルの敵対的な攻撃にたいして次第に対立が濃くなり恨みあうのですが、アベルの娘とケインの息子が親の知らないところで偶然にも出会い、愛しあうようになり・・・。この辺にしておきましょう。


長いつきあいになりそう

 うーん、ジェフリー・アーチャ―、面白すぎる。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年6月12日 (日)

リユース・プロローグ

Retro Camera

先日のブログで書きましたが、30年ぐらい前のカリモク製の木製ソファーの椅子を張り替えしました。リビングの椅子として使うので、座面は固い材質に全面的に替えました。

クッションまで予算が回らなかったので、カバーはアレンジして自力で作製するか、また頼むか検討中。

いままで仮と考えながら、なかなか買い替えずに13年近く使ったフランフランのダイニングセットや子供用椅子など、リサイクル業者に来てもらい、多少の金額だけれど、買い取って貰えて、楽だったしラッキーでした。全然リビングの雰囲気が変わりました。

この椅子のリユースに関してはまだ始まったばかり、テーブルも実は合う高さのものが全く言っていいほどなくて、いまは昔使っていたテーブルを使うことに。

気長に探します。業者さんの話によると、エコ意識の高まりで、最近そういう需要が増えているようです。

先日、Qtv で『ソーシャルネットワーク』、catvで『ブーリン家の姉妹』見ました。あのエリザベスの誕生の謎がとけた感じで興味深かったです。お勧めです。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2011年3月 5日 (土)

こころは北欧・・・

こころは北欧・・・


こんばんは。先日、急に以前から気になっていた、北欧の食器を衝動買い。
 
ノルウェーのFIGGJO社のもので、デザイナーのTuriという人のヴィンテージの皿。あー、一目惚れ。この手書きの感じがたまらなくいいです。
 
旅先で、食器や料理道具をなにかしら買ってしまう私です。韓国ではやたら重い陶器のチゲ鍋とか、13,14年前にパリでル・クルーゼの鍋とか、その後苦労虚しく簡単に手にはいるようになりました。(涙)

 
話は飛びましたが、いまは北欧で食器を買いたい気分でウズウズです。
 

今日、お客さんと話していると、子供の小さいときに旦那さんは仕事に忙しく、暇がないのに、子どもたちは夏休みは暇なので、旦那さんが奥さんに奨めるかたちで、幼稚園とさらに小さいくらいの子ども二人を連れて、夏休みは海外のホテルに長逗留して過ごしていたというのを聞いて、なんだかそういうのも、いいなーなどと妄想してしまいました。息子と二人旅、仕事がなければいつでもいけるとか・・・。旅先で素敵なものを見つけたり?あー、妄想してしまいます。
 

でも、妄想しつつも、あくせくと働く道をとる私なのでした。おばあちゃんが言ってました。『人間、一生懸命仕事をして、たまに休みがあるから、幸せにかんじるんだよ。』と。
 
多分、今年も難しそうですが、こころはすでに北欧。でも多分次は懲りずにハワイなので、そのあとは是非、ヘルシンキ。妄想は膨らみます。
 
 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年8月24日 (日)

絵画のある生活

 実家から帰ってきました。実家に滞在中は、友人とフェルメール展に行ったり、ドームホテルやカナルカフェにランチに行ったり、近所のショッピングセンターやデパートに行ったりと、楽しいバケーションでした。ここ数日、秋風も吹き始め、私の夏休みも終わったと実感しています。あー、バケーションが終わってしまったー。

  実家滞在の後半、母と某デパートに行って、絵画展を見たところ、一目みて母と私は気200808241210001に入ってしまって、絵を購入しました。まさか、自分が絵画を購入するとは...。

 でもとっても気に入ってしまったんです。藤祥州(ふじよしくに)氏の『黄昏のパリ』という絵です。気に入ったとはいえ、購入には結構悩みましたが、変な投資をすることを考えれば、好きな絵を見て、毎日過ごすほうがいいのではないかと思い購入に踏み切りました。

 本当は、モディリアーニやスーチン、ゴッホが好きな私ではありますが、藤氏は”モネの再来”と言われているということもあり、昨年の秋に印象派についてかなり勉強して、パリ近郊を旅した私にとっては、なんとなく縁がある気がしてならなかったのです。

 大学時代は学芸員の講座の限定枠にも落ち、美術にはいまいち興味のなかった私が、まさか自分で絵を買うことになるとはビックリです。そう考えると、私は社会に出てからのほうが、自発的に興味を持ち、入り込んで行ったことが多く、大人になってからのほうが、何事においても深く考え、自由に生きられるようになったような気がします。

 ともかく、リビング(予想を裏切ってかなり狭いのですが...)に飾ってある、この”黄昏のパリ”をみると、癒され、幸せな気分に。そしてまたパリに行きたいと思う私なのでした。

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年2月25日 (月)

リサイクル SEWING

  2月20日に退職して、やらなければならないことはたくさんあるけれど、やりたいことしかやる気がせず、”暇だ”と思っている私。

 この機会に、要らなくなった服や頂き物の使っていないタオルを有効利用しようともくろんでいます。

 そういえば、私は遠い昔、被服学科だったわけで...。大学入学時に親から買ってもらったマイコン制御のミシンもすでに壊れてしまって、いまは使っていない部屋に置いてある直線縫いだけの足踏みミシンしかなく、暇つぶしに手縫いで作ってみました。タオルを利用すると部屋が結構汚れるので、これからも作るかは不明です。

 私のここ数年の関心事のなかに、エコというのがあって、エコバックしかり、リサイクルというのを今年は積極的にしてきたいと思っています。

200710_020 200710_019 ←SYU UEMURAでもらったハンドタオルを”よだれかけ”(スタイというらしい)に。 

 

↓バスタオルを”オムツ替えシート”に。200710_017 200710_016

200710_014 200710_015 ←片面がガーゼのガーゼタオルを”肌着”に。

*
*
*
*
*
*

こんな風にリサイクルできます。暇だからこそなせるワザ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年1月12日 (土)

またまた、エコバック

Nec_0023  年末に急に欲しくなって、ネットで購入した。ハレイワスーパーマーケットのエコバック。年始に届きました。今日、初めて使いました。

 以前から気になっていて、去年の夏にハワイに遊びに行ったときに、ノースのハレイワスーパーマーケットまで行ったんですがエコバックなんてもう全然売ってなくて、子供サイズのTシャツだけ買って帰ってきたんです。日本で買おう!と思いつつ、買わないままチェックしていたサイトも消えてしまって、困ったーと思っていたところ、最近検索したら出てきたので買いました。

 色は5色。ブルー・ベージュ・レッド・ブラウン・グリーン。私はブラウンにしました。これを買った理由というのも、かなり大容量というのと、スーパーのカゴサイズでバーコードをスキャンしたあとに、カゴにこれをかけておけば、この袋に直接入れてもらえるわけで、手間なしなんです。イトーヨーカ堂とか、イオンにもこういうタイプのが売ってるんですが、こちらのほうが断然オサレ!

 かなり自画自賛入ってますが、お買い物が楽しくアイテムです。という私はこれでエコバックは5つ目です。(参考までに以前のブログをご覧ください)一応用途別に使うつもりで買いましたが、買いすぎ?エコじゃない?エコバックって奥が深いです。(笑)

 

 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年5月15日 (火)

ささやかなるエコ活動

ささやかなるエコ活動
今日のランチは雷も鳴ってるし近くのスタバ。

先日モディリアーニ展の帰りに渋谷の東急東横のDEAN&DELUCAでサーモマグタンブラーを買った。前々からずーっと買おう買おうと思いつつ、春になり、いまさらながら買った。

いろいろすでに見て、悩んで、スタバオリジナルサーモマグなどを買い損なったりしながら、結局これにした。

利用するのは結局スタバばかりだけど、他店でも使うことも考えて、どこでも気がねなく使えるソニプラの無地のを買おうとしていたが、DEAN&DELUCAのこれに一目惚れ。

私が買ったのはスモールの方でラテはショートしか入らないからカフェインの摂りすぎも押さえられるし(多少だけど)、持運びも苦にならず、GOOD!なんといってもあたたかいラテが飲める。

オサレにエコ。これが大事。ほかにもできることはないかしら?

| | コメント (3) | トラックバック (0)