2017年3月25日 (土)

イタリアへ~ 旅の準備編

おはようございます。

春らしくなってきました。まもなく、ローマの旅に出かけます。
久々の旅で、うきうきします。
出発の直前になると、なぜかなかなか決まらなかった仕事が決まったりして、ばたばたです。
Bags
スーツケースを出したのは、一昨日です。前のリモワは、西アフリカやイタリアに行く友人に貸したりして大活躍だったんですが、ついにイタリアで破壊し、さようならをして、そのあとこのプロテカを近所で破格で見つけて、買いました。

今回は、スーツケースとサムソナイトの機内持ち込みキャリーの2つでいきます。布バックには機内で使うものをあらかじめ入れておいて、キャリーにすっぽり入れておけば、すぐに取り出せます。

スーツケースとキャリーは機能性なので、客観的にみると、かなり地味な感じですね。

イタリア行ったら、もう少し色味のあるのリモワを買うことも考えてます。今、円高だし。
Note2
Note3

今回は、旅のノートにあらかじめ持ち物を書きだしていたので、詰めるのはらくらくでした。

この表紙に「PLACE TO REMEMBER」と書いてある”TRAVEL JOURNAL”は、昨年ツーリズムEXPOの、隣の会場で行われていた、ブックフェスティバル(本の見本市)で、偶然見つけて買ったのですが、なかなかいいです。中は、罫線だけでなく、パッキングリストやカレンダー、出費について書く欄、日程、日記が書けるようになっています。
Note

洋服も、いろいろ気温を考えながら、今回は荷物を少なくすることを念頭に考えて詰めました。

以前は、添乗で出かけることばかりだったので、必然的に、スーツや仕事の資料や、何かあった時の為の、非常食や、アメニティなどお客様用も持って行ってたので、かなり荷物が多かったのですが、今回は取引先の方と会いますが、ごあいさつ程度で、プライベートなので、詰めてみたら荷物がかなり少なくできて、自分でもびっくりです。
Suitecase


スーツケースの半面には、衣類をまとめて、突然開けた時に恥ずかしくないように、それぞれ、お気に入りの袋に入れるのは私流かな。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年1月23日 (木)

ちょっとあるといいかも…

ちょっとあるといいかも…
おはようございます。

来期に向けた準備が、仕事も保育園の役員もとりあえず一段落つき、やっと本を読む落ち着きを取り戻しつつあります。

先日、革細工をやってらっしゃるお客様から頂いて、なんとはなしに愛用していたミックスツィードで革のパイピングをしてあるお手製のポケットティッシュケースをどこかでなくしたようで、探しても見つからず、無くしてから分かる愛着度を実感しておりました。

といってもティッシュケースって意外に町中で売っているのを見かけることはないので、ヤフオクでマリメッコのハンドメイドものを見つけたので買いました。マリメッコのあの花柄は正直苦手だったんですが、色々とバリエーションがあって、私の大好きなアラビアの柄にありそうな北欧的なものもあり、いままで全く見てこなかったマリメッコでしたが、とても気に入ってしまいました。

私が買ったのは「最高の庭師」というデザインらしく、とても気に入ったのです。

最近、有楽町を歩いていてもティッシュを配っている人は少ないのですが、貰ったのをそのままというのも味気なく、やはり私は昭和な女のせいか、ティッシュケースは収まりがよく、使ってみると手放せません。少なくなったポケットティッシュをまとめられるのもいいです。

こういうのって、日本的で海外では見かけないし、ハンドメイドの有効性感じました。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年2月23日 (火)

そろそろ始めるか!

 実は姉(+姪、甥)と急きょグアムに行くことになりました。たまたま行きたいという意見が一致したし、安いグアムのツアーの予約が取れたので、この機会を逃したら当分行けないので。

201002232135000  先日、愛用だったリモワが壊れて、リサイクルショップで見つけてあわてて購入した新品で15000円という破格だった軽量ではないプロテカ!のスーツケース。やっと出番が来ました。こんどは4輪駆動です。子持ちにはありがたい。

201002171342001  何よりも息子を連れていくので、フライトが心配で。ポータブルDVDプレーヤーは早速購入しました。ブルーインパルスサポーターズDVDetcを持っていくつもりです。7インチですがDVDRWの録画物も見られてなかなかです。

 私は3回目のグアムです。今回はプールでのんびり、多少買い物に行く程度でゆっくりしたいと思います。それにしても、旅は準備も楽しいですね。

 いままでも旅行の前には準備の様子をブログにアップしてきましたが、今回は今までとはちょっと違うアイテムが多くなりそうな気がします。できる限りアップしたいと思います。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2007年2月 5日 (月)

スペインへの旅準備

いよいよ、あと4日。スペインの旅が迫ってきました。今週は忙しくなりそうなので、先週中にお客様にはご挨拶の電話して、ちゃっちゃと仕事を片付けるべく頑張ってました。

荷物は出発前日に宅配業者が取りに来るので、それまでに準備ということで今日大方の物を詰めました。1ヶ月くらい前まで、スペインは暖冬だと聞いていたのですが、2週間ほど前の寒波が来てから、ここのところ日本と同じくらいの気温のようで、日本で着ているものをそのまま持っていこうか、いやさらに暖かくなりそうな気もするしとなかなか持ち物が定まらない私です。

いざとなったら私の大好きなショップが列挙するスペイン。現地調達も考えて少なめに持っていくことにしました。そうスペイン発祥ブランドといえば、ロエベ、ホアキンベラオから馴染みの深いZARA,MANGO,シビラ、カンペールと私の好きなショップが街に溢れているのです。これを書きながらもっと洋服を少なくしようかなと思った私です。

200702041232000 13日間の旅なので、タダでさえ結構な荷物になるのですが、添乗員の場合さらに、万が一のためにアメニティグッツや薬、フリーズドライのおかゆなども持っていくので荷物はたくさん。そんな風に詰めていると特大リモワのスーツケースもすでに一杯に。

今回はセビリアに留学に行っているの友人がいるので、彼女に差し入れる日本食も持って行きます。さらに自分用のおせんべいなどお菓子も忘れずに。

仕事で旅にでるというのはすごく緊張することなんですが、友人に会えると思うと少し、嬉しくなります。

でもまだ勉強することはたくさん。あと数日ですが、頑張らないと。帰ってきたら、またスペインの旅の報告したいと思います。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年12月12日 (火)

大人な旅を

先日、ランチの途中に有楽町のコメ兵に会社の上司と立ち寄りました。

その上司曰く、“値ごろ感を探るため”に、定期的にコメ兵で行っているのですが、たまに私も参加するのです。そこで、これは掘り出し物というのをたまに見つけるのですが、わたしも今回見つけました。

200612101039000 それは、ヴィトンのモノグラムの旅行トランク(キャスターなし)。

なんと81,000円。目を疑いました。お店の人に聞いたところ、やや使用感があるのでランクBということで、値段も安いそうです。

どうせ、中が汚いんじゃと思っていたら、中もすごく綺麗。

即決で購入してしまいました。しつこく、お店の人に”これ、本物ですよね?”と聞いたことは言うまでもありません。

おそらく、機内持ち込み荷物の制限も厳しくなった昨今、この大きさは機内持ち込みが出来ない規定外で需要も少ないことから、というか使い勝手が悪いことから、値段が下がっているのではないかと、勝手に私は推測するのでした。

後日談として、直営店で同じ旅行トランクが26万ちょっと!! いい買い物をしました。

海外旅行に添乗以外で当分行けそうにないので、車で小旅行する私にはぴったりなのでした。ヒルトン小田原に行く前に欲しかった....。

というわけで、別にヴィトン好きでもない私ですが(多分お金が余るほどあったら、グローブトロッターを間違いなく買う私)、旅行鞄からスタートしたヴィトンはやはり旅人にとって、良質な鞄を提供するメーカーであることは今も変わらずなんですよね。

あー、旅にでたい。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2006年5月20日 (土)

楽しい旅準備

楽しい旅準備

今日から1泊で千葉の勝浦に行きます。

ただいまFM76.1のハワイアンを聴きながら、向かっているところ。ワクワク。

台風一号が熱帯低気圧に変わって風が強いけど、暑くなってきました。

昨日の深夜(正確にいえば今日だけど)、旅の準備をガタガタ始めて、天気予報によると日曜は晴れそうなので、急遽念のため、海の準備もしました。この通り↑、荷物がいっぱい。

これ以外にクーラーボックス大小2つ。ポリタンク2つ。パラソルも。車に積みました。

アニヤ・ハインドマーチのサーファーガール柄のバックには貴重品、エポカで買った籠バックには洋服などをいれて、透明バックにはバスタオルや水着、緑のレスポには洗面道具一式、ストライプのバックにはビーチ用スピーカー、シュノーケル、文庫本、日焼け止めなどをいれましたよ。

明日、暑くなって泳げるといいなー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月18日 (日)

Travel Belongings Manual~便利だと思う物編

明日から南イタリア・シチリアのツアーなので旅の準備をしてました。なんとなく忘れ物がありそうな気もするけど、今日の午後、宅急便の集荷があるので急ぎで準備しました。最近はスーツケースは宅急便を利用。宅急便で送ると、空港の出発階でうけとることが出来るので、往復3000円ちょっとなのでいつも利用。手荷物だけを持って空港に向います。

今回は旅に持っていくと私が便利だと思うものについて書いてみようと思います。

1、使い捨てコンタクト for 1day(コンタクトを失くしたら、私の場合かなり落ち込まざる得ないのでこれが1番)

2、超軽量折り畳み傘(100gとかの物もあるらしい、そこまでいかなくても軽いと持っていても苦にならない。日本ならではの商品だと思う。)

3、引越し用テープ(スーツケースが壊れたときとか、なにかと便利。貼ってもベタベタにならないのでポイントは引越しテープというところ)

4、無色の携帯用靴磨きクリーム(ヨーロッパ人はまず靴を見るので、旅先でもきれいしておきたい。)

5、ストール(冷房よけ、寒さよけ、またはノースリーブで教会など入る時にも便利。夏ならシルク、冬ならパシュミナあたりがいいかも。)

6、小型洗濯物干し(ホテルの部屋は乾燥しているので、ちょっとしたものは1日で乾きます。下着などは洗ってクローゼットに干しておいても乾いてしまうほど。乾燥対策にもなる。)

7、日本のホテルでもらえる使い捨て歯ブラシ、シャンプー、リンスなど(アメニティグッツと行ってもかなりクオリティが高い。外資系の飛行機やホテルは歯ブラシとかついていないないので数本いつも入れておくと便利)

8、ヒラケッパ(足の指にはめて、足の指を広げるもの。外反母趾も予防する。ストレスを取り除く効果があるので、はめると良く眠れます。)

blognight_20059、←シルクパジャマ(冬場はちょっと寒いけど夏場はこれが1番。軽くて、保温性もあるので、寝冷えを防止します。)  

10、アーミンナイフ(十得ナイフと言うのかな?ナイフをはじめ、ワインオープナー、ビンの栓抜き、はさみがついているものがあると便利です。手荷物でなく、必ずスーツケースに入れましょう。)

11、洗濯ネット(よく100円ショップで売っているものです。デリケートな素材や使用した下着やストッキング等で予備洗いを現地で済ませたものはネットに入れて持って帰り、そのまま洗濯機へポンッ)

12、ジップロック(瓶詰めの食材、例えばアンチョビ、メープルシロップなど、「コレ、割れたらやばいでしょ。」というものをジップロックに入れてスーツケースで持ってきたりする。瓶が重ければ内容物だけ二重にジップロックに入れて瓶は捨ててくる手もある)

他にもあるような気もするけど、とりあえず浮かんだことだけ書いてみました。参考になればいいのですが、、。

人気blogランキングに参加しています←Plese!! Cleck here.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年8月26日 (金)

Travel Belongings Manual~楽しく旅支度編

旅の準備をするのは楽しいものでそれだけでウキウキしますが、そうは言っても結局時間がなくて前日にとりあえず思いつくものを詰めて当日忘れものはないかなと思い返しつつ出かけるというのが実際のところかもしれません。

私は仕事でしょっちゅう出かけるので一通りのものはスーツケースに入れっぱなしですが、普通はそうは行かないと思うので一から用意すると思いますが私が旅支度を楽しくするために使っているもの(そうでもしないと私の場合、旅の支度は後回しになりがちなので)と行ってから使いやすいと思える準備のしかたを少しだけ紹介します。

sac ←これは洋服を入れる袋です。海外で旅する間に集めたんですが、とっても気に入っています。下着はまた別の下着入れに入れています。最近は特に北米線ではよく人前でスーツケースを開けられるし、裏でも開けられて検査済みの紙が入っていることも多いので人に見られることを考えて収納するようになりました。

他にも3つくらいこのような袋があるのですが特に可愛くて気に入っているものを写しました。時計回りで右上は南仏グ゙ラースの香水で有名なフラゴナールのパリのマレ地区にあるショップで。下二つはベトナムハロン湾に行く途中の子どもたちが一生懸命仕事していた刺繍工場で。左上はベルギーのブルージュの雑貨屋で。種類ごとに袋に分けています。

刺繍の入れられるミシンが壊れていなかったら自分で作ったところなんですが、時間があれば自分で手縫いで"clothes""shoes"とかいれて作ってもいいかもしれません。

senmen ←洗面用具はこんな風に入れています。左は水まわりで使うもので濡れるものを入れています。シャンプー、トリートメント、歯ブラシ、クレンジング、バスオイルとか。

右はお風呂に出てから使う化粧水や乳液、コットン、眼鏡、使い捨てコンタクト、電動歯ブラシなど洗面所には持っていくけど濡らしたくないものはこちらに入れています。取っ手が付いているのでお風呂場にかけておくことも出来ます。

左はハワイのABCストアで小箱のチョコをまとめて買ったときに入っていた袋。右は去年ワイケレアウトレットのレスポで購入。この左の透明ケースは以外にも使いやすく、いくつかあるんですが他のものは携帯やデジカメの充電機器やプラグなど電気関係のものを入れたりして、目的別に分けて使っています。

わかり易く透明にして見えるようにするものと、下着などそのものは見えなくても袋ごとにわかるようにしておくものと分けて収納すると見た目も綺麗で使いやすい旅支度が出来ると思います。

そんな風にすると旅支度から楽しめるのではないでしょうか。

人気blogランキングに参加しています←PLESE!! CLECK HERE.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月 9日 (火)

Travel Belongings Manual~ビーチ編

summer2005今日は海外のビーチリゾートに行くときの持ち物を紹介します。13日からハワイ(オアフ)に行くのでそのときに持っていくものを写して見ました。(←)

ビーチリゾートに行ったときにうめめだかは主にプールで過ごしますが、今回はサーフィンと日焼け止めを塗ってはいけないハナウマ湾でシュノーケリングをするのでラッシュガートは必携です。

だいたいビーチリゾートに行くときには水着は最低2枚持っていきます。使用後は洗いますが翌日乾かないときもあるし、気分も変えたいですからね。今回はサーフィンをするのでアクティブに動けるようにタンキニとビーチパンツも。ホテル内は水着でうろうろ出来ないので乾きやすいポリエステル地のワンピースも持っていきます。もちろんビーチサンダルも忘れずに!ビーチの用具を一切合財入れられるビーチバックも先日ベルギーで3.9ユーロで購入。便利です。

プラスここに写っていませんがMP3と単行本数冊と日焼け止めは必ずもっていきます。

皆さんも楽しいバケーションをお過ごしください!!

人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月26日 (火)

Travel Belongings Manual バック編

前回機内編で機内に持ち込むものを紹介しましたが、今回はちょっと話が前後しますがバック編としてうめめだかが使用しているスーツケースと持ち込み用のバックを紹介します。

「旅の恥はかき捨て」という言葉がありますがうめめだかはその言葉があまり好きではない。(これを語ると長くなるので割愛しますが、、、)やっぱり旅はスタイリッシュに行きたいもの。いくら仕事といえども気に入ったものを使いたいです。でも結構荷物も多いのでポイントとしては使いやすくて軽量なものを選んでいます。

まずスーツケースREMOWAリモワサルサシリーズ82リットル(↓)は昨年スイスで購入しました。

>スーツケースのイメージを覆すリモワ/サルサ Lサイズ73cmブラック(税・送料込)

以前は定番のサムソナイトを使っていましたがちょっと小さかったのとその割に重かったというのがあってこれにしました。なぜスイスかというと単なるストレスによる衝動買いです。場所はどこでもよかった、、、。インターラーケンのビクトリアユングフラウホテルのショップで購入して、その日のうちに荷物を入れ替え、ショップの人に古いのを捨ててもらったんです。スイスは税金の還付がヨーロッパにおいて特に低い国なのでちっとも恩恵を受けることなく、日本に帰ってみるとネットで同じくらいで売られていてがっかり(約4万2000円で買ったので今じゃ日本の方が安い、、、さらにガーン)と言う感じでしたが、とても気に入っています。もし海外で買うならやはり本国ドイツで買うことをお薦めします。縦が73センチで結構大きい(周りの人にはいつもそんなに何が入っている?と聞かれます)のに重量が3.5キロでポリカーボネートという新素材で出来ていて押すとぺこぺこしますがその反発力が特徴でとても丈夫です。

8~10日間の旅で荷物の多い私でもこのスーツケースなら多少の余裕ができ、お土産も安心して購入できます。リモワといえばジュラルミンのようなシリーズもあって人気があります。一時期私もほしいと思いましたが、タダでさえ荷物の多い私はお客さんの手前、荷物重量の超過を自分が率先してするわけにもいかず、ついに購入できませんでした。

bag2005次はここ数年愛用している持ち込み用のバックゲラルディーニ”ソフティ”(←)です。

縦28×横34×マチ14.5でパラシュートの生地で出来てるそうでこれまた軽くて丈夫。モデルが仕事で愛用しているので”モデルバック”と言う異名を持つと雑誌Precious(プレシャス)に載っていたので本場フィレンツェのチェルトーザレザーファクトリー(でもお店は閉めてしまったと最近聞きました)で格安で購入しました。荷物が見た目より良く入って機内持込にはぴったりのサイズです。良く見るとモノグラムのようなマークがはいっていて、色はいろいろあって(ギャグではなく)私はマークと下地の色が同じでマークが目立たないものが好みです。例えば薄いベージュに茶のマークとかだとマークが結構目立ちます。同じバックでも雰囲気が随分違う感じに見えます。

うめめだかの次なる狙いのスーツケースは英国生まれのグローブトロッター”センテナリー”です。ホントに素敵なんです。持ち込み用バックでは本店がパリのサントノレ通りにあるゴヤール”サンルイ”のトートバックでしょうか。これらは仕事では使わないかも。間違いなくプライベートの大人の旅を演出してくれると思います。頑張って働くぞーとひとりごつ私だった。

★8月31日まで全品送料無料!グローブトロッター 【15%OFF】 21インチ トローリーケース ネイビ...

人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

より以前の記事一覧